まるで『天空の城 ラピュタ』!ニュージーランドにある「洞窟の星空」が、神秘的すぎる

撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。そして、この青白く輝く光の正体は、なんと「土ボタル」と呼ばれる昆虫。ヒカリキノコバエやグローワームとも呼ばれています。

その神秘的な輝きは、一般的に知られている「ホタル」とはまたひと味違った魅力があるもの。ここで紹介するのは、そんな貴重な光を長時間露光で撮影した美しい写真の数々です。

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-2__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-4__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-5__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-6__880

土ボタルから垂れている光の糸は、獲物をとらえるためのもの。最大40cmほどまで伸び、お腹が空いているほどその輝きも強くなるのだとか。

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-8__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-10__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-11__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-12__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-13__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-14__880

85singo_waitomo-glowworm-cave-new-zealand-joseph-michael-16__880

撮影したのはニュージーランドを拠点に活動するメディアアーティスト「Joseph Michael」氏。彼いわく、土ボタルは1年中見ることが出来るもので、夏場は数が多く、冬はその輝きが増すといいます。

オーストラリアやニュージーランドでは、観光資源としても有名なもの。洞窟ツアーで実際に見に行くことも出来るようです。洞窟の中にいながら星空を見上げているかのような神秘的な光景はまるで『天空の城 ラピュタ』に出てくる飛行石のよう。一度は生で見てみたいものですね!

Licensed material used with permission by Joseph Michael

この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
この映像は、2016年2月13日にミネソタ州スペリオル湖で撮影されたもの。凍っているのは湖の表面だけ。とても薄い層だったために、波に揺られながら岸へと打ち...
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
熊本県宇土市にある御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れな...
“幻想的すぎる滝”が、主にInstagramユーザーの間で話題になっています。なんでも、あまりに美しいその景色を一目見ようと、訪れる人が後を絶たないのだと...
美しく咲いては散っていく桜のように、ひとときしか鑑賞することができないからこそ儚い、ホタルーー。今年は例年よりも1〜2週間ほど「ホタル前線」の北上が早く、...
ニュージーランドの農村部に暮らしているフォトグラファーのNiki Boon氏は、テレビなどの近代的な電子機器を使わずに家族みんなで生活中。写真に写っている...
この約5分間の映像は、特に都会暮らしの人に見てほしいもの。ハッキリ言って、現実逃避したくなること必至です。次々と映し出されるニュージーランドの自然を生かし...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
右目と左目の色が異なる、いわゆる「オッドアイ」のネコはときどき話題になりますが、ロシアに住む「アイリス」と「アビス」は、なんと双子の姉妹で同じ特徴を持って...
「緑豊かな大地」は、その国旗からも伝わってくるバングラデシュ(日の丸の白い部分を緑にした国旗をイメージして欲しい)。そんな南アジアの美しい国で、上空からの...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...