美しく危険な海の生物!「境界線」を撮影したら、神秘的な世界が待っていた・・・

海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2つにくっきり分かれた神秘的な写真の美しさには驚きです。

85singo_11091008_10153166797530767_2863213781767098338_o

85singo_11079040_10153152753330767_426091813471291110_o

85singo_302_1453-copy__880

85singo_303_0007-copy__880

85singo_303_0434-copy__880

85singo_304_2954-copy__880

85singo_A-Parallel-Universe-My-Half-Underwater-Images-Show-What-Hides-Beneath-The-Waves1__880

85singo_A-Parallel-Universe-My-Half-Underwater-Images-Show-What-Hides-Beneath-The-Waves2__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-1__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-2__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-3__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-4__880

85singo_301_0267-2-copy__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-5__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-6__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-7__880

85singo_DSC2129-copy__880

85singo_DSC2545-copy__880

クラゲや珊瑚に、魚の泳ぐ姿。そこに加えて境界線があることで水上と水中の2つの世界を同時に見ることが出来ます。撮影した本人は作品についてこう説明しています。

「僕にとって、海に入る時に最も不思議な感覚を覚えるのは、顔を水につけて水面下の世界へと通り抜ける瞬間なんだ。何か得体のしれない世界へ入っていくような、エイリアンに出くわすんじゃないかとドキドキする。その感覚こそがこの写真に写っているものなんだ」

ちなみに撮影されているのは、カツオノエボシ(電気クラゲ)やクロコダイル、サメなど非常に危険な生物も多数。

彼は「National Geographic」やオーストラリアの写真雜誌「Capture Magazine」など様々な媒体に選出されており、野生動物の撮影では有名な人物。命がけで撮影された写真の数々は美しさだけでなく、どこか圧倒されるような迫力が感じられます。

Licensed material used with permission by Matty Smith

地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
海の中でクジラの瞳をのぞき込んだ瞬間、それまでの人生がガラっと変わっていく気がしたんです。なんていうのかな、あの目を見てしまうと、人間はきっと誰でも謙虚に...
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
簡単に説明すると、一眼レフの最上位機種並みの写真がスマホサイズのデバイスで撮影できます。が、この「Light L16」を説明するには、それだけじゃ言葉が足...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...