国籍がない「海の遊牧民」バジャウ族を撮影した写真

フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸に上がると“陸酔い”を起こしてしまうのだとか。

潜水用具などを一切身につけずに水深20mまで潜り、5分も息継ぎなしで狩りをする能力があるそうですが、その様子を実際に撮影した「BBC」の動画には驚きます。

まるで半魚人!?
海の中を歩いてます。

凄いのは大人だけではありません。生まれてからずっと海で育つこともあり、子どもたちの知恵にも驚かされます。

以下の動画では、転覆して水でいっぱいになってしまった船から見事な方法で"排水"する少女の姿が捉えられています。たったひとり、しかもほんの数秒しかかかりません。

そんな彼らの生活の様子をフィルムメーカーであり、フォトジャーナリストでもあるジェームス・モーガン氏が紹介しています。彼のホームページに掲載されている写真や情報を一部紹介します。

海の遊牧民
「バジャウ族」の暮らし

Medium 784f005cc2f8562c721aeb520bb1e15c2712327aMedium c8e955e1710f0f37dd4ec457fc28d84310ba8f26

浅瀬に立ち並ぶ高床式の住居。

Medium 3f16a5a1f5412178e418067a832b65303f929d8b

建物の中にはモスクがあります。彼らの信仰には、ムスリム教に加えてアニミズム(生物や物、自然などに霊が宿っているというような考え)が混じっているそう。

Medium e6f955470f004d4ecc8623e9530f979842372455

小舟で移動しながら、魚やナマコ、貝類などを取って生活しています。採れた魚を売っては、米や水を買いに行くようです。

Medium 7f63a18988f4cd8c72f943cd480f37716ec36a42

子どもたちの遊び場はもちろん海。写真にはサメと楽しそうに泳ぐ少年の姿が。

Medium bb3c196f74f916c2267495a3bfc17896a24593b2

こちらは漁をする男性。使用しているのはゴーグルとスピアガンだけ。通常は、肺に空気をためてから潜るところを、彼らは空気を吐いて肺を空にして長時間潜水します。

Medium 72df1cd3aa172316927e40ef0ae744ffe2210a75Medium caccaa7739c86acadd62e96ebb73932762195266Medium 5732f4746d790f60c59112380a96b75d3368a366Medium 1f766de5db9f9017a9a4916c5aab78f15790ec62Medium f6d89b48f2d5aa8000a084fcf72d9fee4e7f13cf

撮影を行ったモーガン氏は、海洋保護のための知識をバジャウ族から学ぼうとしていました。しかし、彼らが漁業の効率化のためにマッチの火薬でつくった自家製ダイナマイトを使用していたことを知ります。多くの魚を捕獲して売るためですが、爆弾の使用はサンゴ礁を壊し生態系を崩す原因にもなっていました。なかには爆弾によって傷つく人々も。

そのほかにも化学薬品による漁が行われており、その影響でけいれんを起こして話ができなくなってしまった男性もいます。

Medium cf0129a7cae27ea1b1ecf789fa828b9dd57f96e1

採れる魚が年々減少していることに関しては、彼らも肌でその影響を感じとっていました。「かつては100㎡ほどの地引き網漁でいっぱいの魚が採れたが、1k㎡に拡大しても採れる魚はほんの一握りになってしまった」と話すバジャウ族の人々。

The Guardian」は、いくつかの慈善団体が、魚の取れない地域での持続可能な生活や海の環境管理システムを整えようとサポートを行っていると伝えています。

2010年に撮影されたモーガン氏の動画には、その他にも海の上で暮らす人々の生の声が。「お金があったら地上で住みたいと思う?」との質問に「私は海の上が幸せ」と語った女性の表情は印象的です。なかには、年齢という概念があまりはっきりないともとれる返答も。課題もありますが、まさにそこにしかない文化が記録されています。

その他の写真などはコチラから。

フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
イタリアで九死に一生を得た、強運のラブラドール・レトリバーがいます。この子犬の運の良さ、宝くじで1等当選するくらいの確率かもしれません。なぜって、大海にぽ...
海の中でクジラの瞳をのぞき込んだ瞬間、それまでの人生がガラっと変わっていく気がしたんです。なんていうのかな、あの目を見てしまうと、人間はきっと誰でも謙虚に...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!海のゴミを集めてくれる地球に優しいビキニこのセクシーなビキニ「スポンジ...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
「YourTango」のブロガー、Bailey Gaddis氏のパートナーは海が大好き。そして、彼女曰く「海好きの人を結婚相手に選ぶと最高に幸せ」なのだと...
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...