一緒に旅をしたことのない相手とは結婚するべきでない「5つの理由」。まだ、相手の半分しか知らない!?

たとえ女性同士であっても、一緒に旅をすれば普段とは違う相手の一面に気づくもの。その相手が結婚を意識した彼であれば、旅の持つ意味はより重要なものになります。
Elite Daily」でも、結婚前の旅行が二人の良い将来にとって不可欠だと述べられています。書いたのは、大人気ライターPaul Hudson氏。世界で23万人以上にシェアされている話題の記事を紹介します。

shutterstock_217989316_R


もちろん、あなたは彼女を愛しているはずだ。でも、とても狭くまったく知らない場所で、一緒に過ごすことができるだろうか?最悪の状況の時でも、お互いに我慢できるだろうか?
多くの結婚の問題は早すぎること。知り合ってからの「時間」を問題にしているわけではなく、知り合う「深さ」が浅いままのことが多い。
一緒に旅行に行ったことがなければ、その人の半分しか知らないようなもの。一緒に旅するまでは、その人のもう反面は見えてこない。もっとわがままで、あなたにとって不愉快な部分は。結婚前に、1、2ヶ月の旅行に行ってみるとよくわかるはず。

shutterstock_135414488_R

01.
いいところはもちろん、
嫌な部分も未確認だから

ガードが外れてしまい、エゴが出てくるからか。ただ単に新しい体験にワクワクするからか。旅が与えてくれる多くの刺激は、良くも悪くも働き得る。

普段は問題ではないことや解決したと思っていたことも、突然起こる。しかし、同時に、どれだけその人を愛しているかに気づかせてくれることも。

もし、既に問題を抱えていたら、旅を通してそれに直面せざるを得ない。結婚を考えていたら、問題はきれいに解決しておいたほうがいいのだ。

02.
ストレス耐性が
分かっていないから

もちろん、彼女は少し心配になるだろう。あなただってそう思うはず。たとえ豪華な旅行でも、快適な環境を離れるのに変わりはない。知り合いもいなければ、食べ物や文化もよく知らない。いつもの自分とは違う考え方や行動が必要になる。

それが人生を豊かにするもの。快適な環境を広げるチャンスだ。それが誰かと一緒に時を過ごすことの意味。今、一緒にできないのなら、これからだって無理だろう。

03.
まだ見ぬ相手の一面に
気づいていないから

shutterstock_220774591_R

彼女のことなら何でも知っていると思っているかもしれない。ただし、本当にそう思っているのなら、「結婚は長続きしないだろう」と忠告する。彼女に今以上のものがないからではなく、既にあなたが彼女に退屈して、それ以上探ろうとしていないから。

旅は日々のルーチンから解放され、お互いを見つめ合う機会。1、2ヶ月の旅をして、より幸せな気分で帰ってこれたら、少なくとも楽しい時を共に過ごせることはわかる。そんなこともできないカップルも、実際には多い。

04.
困難にどう対応するか
わかっていないから

shutterstock_145171495_R

靴下を必要分持ってくるのを忘れたことに気づいた時、化粧品をなくした時、フライトが遅れてエアコンもない飛行機に何時間も閉じ込められた時。そうした状況で、彼女がどう対応するかを見てみよう。中には落ち着いて冷静に対応できる女性もいる。

一方、耳が痛くなるくらい文句を言う女性もいる。文句を言って騒げばなんとかなるとでも思っているかのように。結婚後どうなるかは、想像すればわかるだろう。

05.
「自立度」を正確に
計れていないから

shutterstock_170953634_R

旅は彼女がどれだけ自立しているかを知る最善の方法だ。愛情を求め、依存したがる女性が好きな男性もいれば、そうした生き方を望む女性もいる。多くの男性はそんな女性は望まず、自立して、強く、時にはあなたのことを守ってくれるような女性を好むのではないかと思う。

いずれにせよ、知らない街や森、ジャングルで自分を引っ張ってくれる女性ほどセクシーなことはない。アクティブなライフスタイルを望むなら、そうしたパートナーが必要だ。

もちろん、これらの5つのことは女性が彼氏をチェックする場合でも当てはまる。彼と旅するまで、結婚するのは待つべき。

Licensed material used with permission by Elite Daily

恋人とは、積極的に旅行に出かけましょう。そういう時こそ、普段の生活では見られない一面が良くも悪くも発見できるものだから。「相手のことはなんでも知ってる」な...
「『この人こそ』と思える人がいたら、その人と世界中を一緒に旅しなさい。世界一周への2人分の航空券を買って、たどり着くのも戻ってくるのも難しいような場所に行...
大人の男を代表して、男性が心の底から求める女性の特性をまとめ上げたのは、ライターAnthony D'Ambrosio氏。30歳独身。日本でも、そろそろ本気...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
言わずもがな、結婚は大きな決断。でも、彼のどこに判断基準を設ければいいんでしょう?ここで紹介するのは「Lifehack」ライターHenock Tesfaw...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
西オーストラリア・パースに暮らすライターCamha Pham氏は、ヨーロッパを単独で旅した経験の持ち主。当時、彼女には付き合っていた彼氏がいました。でも、...
理想のパートナー像は、誰もが少なからず持っているもの。でも、なかなかそんな人に巡り会えないのなら、それはあなたの理想が高すぎるからかもしれません。以下は「...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
結婚相手を見極めることほど難しいものはないかもしれません。一生を共にする伴侶を見つけるためには、なにかヒントが欲しいですよね。そこで、「Elite Dai...
「30歳まで結婚は待ったほうがいい」起業家でライターのPaul Hudson氏は、20代での結婚は失敗のもとだと主張しています。まさにこの世代が「Elit...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...