離婚率が劇的にダウン?結婚前に聞いておくべき「14のリスト」

結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。

そこで今回は、NY在住の男性ライターPaul Hudsonさんが綴った「結婚する相手なら、答えられるべき質問」を紹介。結婚を考えている相手がいる人にはもちろん参考になるでしょうし、これから…という人は頭の片隅に置いておいても損をすることはきっとないはず。

01.
どうして、私が好きなの?

Medium 87436d471412e89651bc955b39f854e1a02ab5e9

「パートナーの全部が大好きだから、どういうところが?って聞かれても困る!」とは一見素敵に見えるけれど、実はちょっぴり危なっかしい。盛り上がっている時期が過ぎ去っても、末長く相手のことを好きでいるには、好きなポイントをきちんと分かっておくことが必要だ。

02.
なんで結婚したいの?

「あなたのことが好きだから!」だけでは不十分。人生を一緒に歩めるパートナーがいるのはとても素敵なことだけど、2人が描く目標やゴールが一緒だとは限らない。というか、ほとんどのカップルで異なるはずだ。あなたとパートナーが理想とする人生は、本当に2人で一緒に実現できそうなものだろうか。

03.
いつまでも
ロマンチックでいてくれる?

Medium 4ca36562d6bc69e8bd37a0d5519b4f3227397194

相手を喜ばせたり、感動させたり、うっとりさせたり…。脅かすわけではないけれど、これは年々難しくなっていく。あまい関係は、それだけで長続きするものではない。お互いのがんばりがあってこそ保たれるのだ。あなたのパートナーは、ずっとラブラブでいるための努力を惜しまない人だろうか?

04.
一緒に成長してくれる?

多くのカップルは、時が経つにつれて別々に成長していってしまう。それは彼らが、「結婚」を2人の関係性のゴールだと考えているからかもしれない。結婚はゴールではなく、長い共同生活のスタート。一緒に人生を作り上げていけるパートナーを見つけたいものだ。

05.
うまくいかない時も
乗り越えられる?

Medium c17f0ed2bf39329555049d1fa9693129fac36405

何事もうまくいっているときに2人で一緒にいることは簡単だ。では、困難が降りかかってきたときは?これは最も大切な質問かもしれない。パートナーはちゃんとあなたを支え、必ず一緒に居てくれるだろうか。そしてあなた自身は…?

06.
ケンカで折れてくれる?

結婚生活に夫婦ゲンカはつきもの。ときには良い関係性を保つために、自分が間違っていないと思っても折れなくてはいけないこともある。

07.
夫婦関係を優先できる?

Medium 6ec2dc77ceae79d908c7ef81242618fab8173075

人生、生きていれば色々なチャンスが転がっている。ときには、どちらか相手にとっては大きなチャンスだけれど、自分にとっては結婚生活を犠牲にしなくてはいけないってことあるかもしれない。そんなとき、まず2人の関係を一番に考えられるかどうかはものすごく大切だ。

08.
良い親になってくれる?

どうしたらそんなことがわかるのか?答えは簡単。「そうなろう」と決意して、行動するのみ。あなたのパートナーは心から「そうなろう」と決意して、子どもに接してくれる人だろうか?

09.
いつも「好き」って
伝えてくれる?

Medium 0670c656b4e8487b78f817a3016c4be8574554ae

パートナーからの愛情を感じるのはお互いにとって必要なこと。心から愛しているという事実はそれだけで素敵だけれど、言葉や行動に表さなければ、伝わらない。

10.
弱っているときは
助けてくれる?

ひとりで歩けない時、助けてくれる?風邪で寝込んだときは、子ども達の世話や家事まで、2人分頑張ってくれる?一生かかっても治らない病気や怪我を負ったとしても、変わらずそばにいてくれる?結婚って、そういう覚悟が必要なんだ。

11.
自分の夢を
諦めないでいてくれる?

Medium bc032694d55c2237f83bb7182b1d70a95bc258c4

もちろん2人で人生を歩んでいくためには、変えなくてはいけないこともたくさんある。けれど、あなたやあなたのパートナーは、「夫婦」としての2人の前に、一人の「人間」でもある。2人の目標と共に、自分の夢も持ち続けなくてはいけない。難しいけれど、とても大切なこと。

12.
健康に気をつけてくれる?

運動や食事、健康診断…些細なことに聞こえるかもしれないけれど、あなたが病気になったり早死にすれば、悲しむのはあなたの大切な人。パートナーを大事に思うなら、自分の健康にも気をつけなくてはならない。自分だけの身体じゃないということを心に留めておいて。

13.
最後まで一緒にいてくれる?

Medium 2c84dd248d9e31cc45f469b2753150a5e56c2d71

どんなに弱っていても、手をしっかり握っていてくれる?おでこにキスして「大好きだよ」と言ってくれる?結婚というおめでたい時期に、縁起が悪いことのように感じるかもしれないけれど、人間誰にでも最後の時は訪れる。その瞬間まで、ずっと一緒にいてくれるなら、幸せに旅立てるに違いない。

14.
私がいなくなっても
生きてくれる?

あなたにもしものことがあっても、その後の人生を力強く全うしてくれるだろうか。もし子どもがいたら、あなたの分も頑張って、立派に育ててくれるだろうか。大切な人がこの世からいなくなってしまうことは、本当に辛い。ショックでその後の人生が抜け殻のようになってしまう人もいる。あなたのパートナーは、あなたが旅立った後も、幸せでいると約束してくれるだろうか?

Paulさんの綴った文章はこんな言葉で締めくくられています。

「僕が愛する人に望むことは、僕の旅立ちが彼女の世界の終わりにならないことだ。僕が彼女の人生に寄り添って生きたとしても、そこから去ってしまうことで彼女の人生をめちゃくちゃにしてしまうのなら、僕はとんでもない間違いをおかしたことになる」

なんだかハッとさせられるのは、私だけでしょうか。

Licensed material used with permission by Elite Daily
人生最後の日まで「一生の愛」を誓えたら、これ以上に素晴らしいことはないですよね。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパートPaul Hud...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
理想のパートナー像は、誰もが少なからず持っているもの。でも、なかなかそんな人に巡り会えないのなら、それはあなたの理想が高すぎるからかもしれません。以下は「...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
Your TangoのライターJillian Kramer氏は、女性の幸せについて書かれた書籍『Choosing Me Before We』の著者、Chr...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
結婚とは、一生を共に過ごす人を選ぶこと。だけど相手をひとりに絞ることが必ずしも「正しい」ことなのでしょうか?22歳にして当時のパートナーとの結婚に踏み切っ...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...
もともと他人だった2人が出会い、新しい関係を築いて、幸せに共にするというのは並大抵の努力ではできないことです。「Elite Daily」に寄稿している弁護...
付き合いはじめてもう◯年、年齢的にもそろそろ結婚を意識する時期だけど…。「本当にこの人でいいの?」と、なかなか決断に踏み切れないのも事実です。そんなときに...