別居もなんのその、夫婦円満の秘訣

「夫婦は、生活を共にするもの?」

Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れているからといって心まで離れ離れになるわけではないと言います。友人が「新婚早々、単身赴任させられた」なんて話を聞くと気の毒にもなりますが、もしかしたら当人たちはあまり悲しんでいないかもしれません。

夫婦円満の形とは、一体どういうものなのでしょうか。

「遠距離恋愛なんて長続きしないわよ」って
みんなに言われた。

Medium cd33d9b922f8ab61e33e9d1d3a1c38ada6156985

13年前、当時私はフロリダに住み、サンフランシスコにいた彼と付き合い始めた。3,000マイル以上離れていたから、会うためには仕事を調整しなければいけないし、交通費がかかるし…とにかく問題は山積み。家族や友だちはやめたほうがいいって言っていたけど、私たちの関係は続いた。

3年くらいの遠距離恋愛を経て、彼がフロリダに引っ越してくれて、私たちは結婚した。もちろんちょっとしたケンカや小さな不満はあったけれど、毎日一緒にいられることが奇跡みたいで、やっと一緒になれたことが本当に嬉しかった。

でも、同時に私たちが遠距離恋愛でもうまくいっていた理由にも気が付いた。振り返ってみれば、私たちはふたりとも1人でいることが好きだった。執筆活動をしたり、1人で考えごとをしたり、そんな時間が必要だった。

私たちは、お互いにそんなところが似ていたからこそ、この結婚はうまくくいったんだと思う。

結婚して10年が経ち、夫と私は何回も遠距離婚について話し合った。私は一人で自由に過ごせる時間を気に入っていたし、1年のうち数か月は夫婦で別々に暮していた。多くのカップルからすれば、私たちのような生活は奇妙だろうし、不安定な関係に見えると思う。

でも、私たちにとっては一人きりの時間も必要だし、離れているからこそ絆は強くなった。

私はロンドン、彼はブラジル。
それでもふたりの魂は繋がっていた。

Medium adb25ec1bc254c857eca2adc9a27225535d06dbb

歴代の元カレについて振り返ってみると、全然自分と合っていなかったなと思う。

私の都合に関係なく電話してきたり、家族と海外旅行に行きたいと言っただけで怒ったり。女友だちと遊ぶことさえイヤがる男性もいた。元婚約者は私が仕事ばかりで、一緒にパーティに出席しないことを責めてきた。

でもきっと、彼らが悪いんじゃない。実際、私たちはまったく違う人種だったのだ。

だけど夫は、私が私であるために必要なものも全部ひっくるめて受け入れてくれた。私はロンドン、彼はブラジルへ。別々に旅をしていても、ふたりの魂が繋がっていると感じている。大陸さえも違うインターネットカフェから、お互いに送り合ったラブレターを読むくらい。

もちろん葛藤もあるけど、充実していく実感があるの。

Medium d7c764c3d3382e796a5f1943071900e66d2e6193

結婚して何年かしたあと、私はアイオワの大学のサマースクールを受講する機会を得た。私はどうしても行きたかったけれど、さすがに長期間も別居してアイオワでひとり暮らしなんて間違っているんじゃないか、とすごく悩んだ。

夫も一緒に行くとは言わなかった。フロリダに仕事があったからだ。私たちの結婚自体が間違っているんじゃないだろうか。これじゃあ「普通」の結婚とは言えないのかもしれない。

それでも夫は「大丈夫だ」と言ってくれた。離れている間、彼は手作りクッキーを送ってくれたりもした。おかげで何の憂いもなく、夏の間ひとりで執筆活動に打ち込むことができた。

そして、2010年には娘が生まれた。

同じ年、夫にはニューヨークでの素晴らしい長期の仕事のオファーが来た。私はまた、この生活が「普通」なのかどうか悩んだ。でも実際のところ、すべてがうまくいったの。離れているからこそ、ふたりの関係をより良い物にしよう、と努力するようになったからだ。私たちは一緒に過ごす時間に、すごく感謝するようになった。

娘はもうすぐ6歳。毎年、夏になると私と娘はアイオワで過ごす。去年の夏は、夫とは2か月半も離れて過ごした。普通の家族のあり方とは違っていても、私たちはこの生活を気に入っているの。

もし、私たち夫婦がひとつの家に住んでいたら…

Medium 5d48980ced6429737a30a175adcd121df2452236

夫の仕事に融通が利くなら、もっといいかもしれない。でもその反面、私たち家族3人が常に一緒にいることが理想的だとも思わない。人間関係や結婚生活にストレスを抱えやすい独立心が強い人にとって、ひとりきりの時間を持つことも大切な「充電期間」だから。

結婚のカタチはひとつの枠に収まらないし、ムリヤリ収めるべきでもないと思う。私の祖父母の結婚生活がうまくいってる秘訣と、私の親友夫婦の秘訣は違うし、義理の父母の40年間の婚姻生活の秘訣も、またそれぞれちがうはず。

「普通」かどうかなんて気にせず、夫婦はお互いにとってベストな形を自分たちで決めていくべきだと思うの。

Licensed material used with permission by YourTango
MORE CONTENT FROM YOURTANGO:
「2分に1組」が離婚をしている?厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
あなたは運命を信じますか?この地球のどこかに、運命の相手がいると信じさせてくれるのは、9歳にして運命の相手を見つけてしまった究極のカップル、トーマスさんと...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
結婚して16年になるライターKimanzi Constable氏が、いまだに新婚気分でいられるのは、それ相応の“努力”があるからこそ。ここでは、彼が「mi...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマンは、夫婦が離婚するかどうかを8割以上の高い確率で予測できると主張している人物。彼が紹介した「悪い夫婦喧嘩の...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。後悔しないためにも、遠距離...
テクノロジーの発達は人々の生活を便利にし、またコミュ二ケーションの方法も変えてきました。その影響は恋愛にも及んで、昔と比べると恋人同士の連絡回数も連絡手段...