終わってから後悔しないために。 シルバーウィークの前に、絶対知っておくべき6つのコト

9月19日(土)から23日(水)までの5連休「シルバーウィーク」。
じつは6年ぶりって知ってました?
ゴールデンウィークと比べて話題になることの少ない連休だけに、とくに予定を立てていない人も多いのでは?
では、どこに出掛けるか? 円安の今、海外旅行はチョイ贅沢。とはいえ、近場のレジャースポットや温泉地じゃ、5連休をいかせない…と、悩むところですが、ここで候補地のひとつとして推したいのが「福岡」です。

shutterstock_235252276

「どうして福岡?」という疑問の答えは、「ちょっぴり特別な旅ができるから」。その全貌は、以下を読んでもらえばわかるとして、まず挙げておきたいのがアクセスのよさ。
福岡空港は都市部に近いことで有名で、関東・関西から飛行機でサクッと遊びに行くことができますし、黒い機体で知られる航空会社の路線があることも有名です(詳しくは記事の下で!)。

というわけで、シルバーウィークだからこそ行けちゃう、ちょっぴり特別なイチ押しスポット5選+グルメを紹介しましょう!

01.
カフェ、雑貨店、器工房…
若い感性に磨かれた糸島半島

6884e3b470dcaefc878a3c57d3c15e21_m copy

福岡市西部の糸島半島は、古くから続く歴史や文化がある一方、最近では若い移住者に人気の場所。海や山に恵まれたスロウな雰囲気が地域全体に流れている、隠れた人気スポットです。
そんな若い感性に磨かれた糸島には、素敵なお店やギャラリーがいっぱい。例えば、パンやお菓子の店、器工房、アクセサリーショップなど、立ち寄ってほしいところがたくさん。
自然に囲まれながら、ゆったりとした特別な時間を過ごすのぴったりです。
福岡の中心地から車でたったの30分というのも、旅行者にとってうれしいですね。

02.
福岡市街地からも
アクセス良好な「島」
本当にこんな近くなの?

pl-2014307833913 copy

福岡市街地からそう遠くはない場所に「島」があります。それが博多湾の中央に浮かぶ「能古島(のこのしま)」。
ここは、海水浴を楽しむもよし、キャンプ場でBBQを楽しむのもよし、スポーツで汗を流したり、ミニ動物園で動物とたわむれることまでできる、レジャースポット。
とくに、9月はダリアが一面に咲き誇る特別な時期。宿泊施設(コテージ)もあるので、帰る時間を気にせず思う存分遊べちゃいます。
島へは、福岡市街にほど近い姪浜渡船場から、フェリーでわずか10分!

03.
このタイミングでしか見られない
盛大な秋祭り「神幸式大祭」

9cf3a8648575cbdf1f4dccd4dde1b9d0_m copy

パワースポットになんか興味がないという方も、太宰府天満宮は別格。しかも、シルバーウィークに重なる9月21日〜25日まで、神幸式大祭(じんこうしきたいさい)という盛大な秋祭りが開催されています。
これは、菅原道真公の御神徳を仰ぎ、五穀豊穣を感謝するもので、同社の3大祭りのひとつとして数えられる特別なお祭り。平安時代の装束を身に付けた神職や氏子らの行列は、まるできらびやかな絵巻を見ているよう。日本の伝統文化を目撃できるチャンスです!

04.
日常からちょっとエスケープ!
風情ある街並みの中で
川下りを体験

pl-2014308164179 copy copy

船頭さんのトークや歌がとってもいい!
福岡南部にあるイチ押しスポットが、城下町の面影を残す水郷柳川。どんこ舟に乗った川下りが有名ですが、シルバーウィーク中は、「柳川灯り舟」という夜の川下りも楽しめちゃいます。日常では味わえない風情ある景観に、幻想的な灯り…特別な体験ができること間違いナシ!。その前の腹ごしらえとして、柳川名物「鰻のせいろ蒸し」を味わうのもオツです。
ちなみに、こちらは福岡(天神)から電車で1時間以内の距離。ホント、福岡周辺って見所が盛り沢山です。

 05.
明治〜大正期の
レトロな街並みで
旅情気分にどっぷりひたる

moji1

九州旅行なら、北九州空港を利用するっていうのもひとつの手です。
お目当てにしたいのは「門司港レトロ」。明治〜大正期の面影を残すレトロな建造物が建ち並ぶノスタルジックな雰囲気が漂うこの街、じつは年間200万人が訪れる、人気のスポットでもあります。
グルメ、ショッピング、ミュージアム、そして、宿泊まで一通り揃っているのに加えて、関門海峡の景観が楽しめるクルーズや巌流島に遊びに行くのもここが拠点に。横浜や神戸など、港町が持つ特別な雰囲気が好きな人は是非!

06.
北九州エリア発祥の
B級グルメを
ぜひ食べるべし!

pl-201475594430 copy

福岡の中心地に、トンコツラーメン、もつ鍋、魚料理と、たくさんのグルメがひしめいているのは周知の事実です。が、ここで話題にしたいのが知られざる北九州グルメについて。実は、ここ発祥のグルメがいくつか存在するんです。
例えば、門司港なら「焼きカレー」。半熟卵をからめて食べるのがミソ。「焼きカレーMAP」なるものが、駅の観光案内所などで入手できるのでぜひ参考に。続いて、小倉生まれの「焼うどん」は、街をあげてPRするほどの熱の入れよう。そして、丸い鉄鍋にのった熱々の餃子。そう、「鉄なべ餃子」も北九州八幡が発祥だとか。
B級グルメを味わうゆる〜くも特別な体験をするのも、この際アリかも!?

ゴージャスな革張りシートで空へ!
スターフライヤーならそれを叶えます

ここまで奇跡の5連休、シルバーウィークだからこその福岡(&その周辺)の楽しみ方を紹介してきましたが、旅先がちょっぴり特別感のある場所なら、行き帰りだって、同じくちょっぴり特別な飛行機を選びたいところ。
スタイリッシュな真っ黒い機体が大空を飛ぶスターフライヤーなら、シートはゴージャスな革張り、機内サービスが充実といいことづくし。この5連休こそ、憧れのスターフライヤーで旅に出る、絶好の機会です!

Sponsored by STARFLYER

旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
気づけば8月も終盤。夏ももう終わりと思いがちですが、いいえまだまだ。ライターKayla Cavanagh氏が「YourTango」に、絶対にやっておくべき...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「ジャッジメントミス」という言葉をご存知でしょうか?判断を要する場面で、情報や経験の不足、思い込みなどによって判断ミスを犯してしまうことです。ジャッジメン...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ライターSarah Fader氏が「YourTango」にまとめたのは、なんともピンポイントな記事。これから「おうし座女性」と付き合いたいと思っている、も...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
ジャケットやパンツなどを見ても、パッカブルな服が増えていますよね。確かに旅行のときには便利なのですが、そのためだけにわざわざ買うというのも、なんだかもった...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...