なぜ、女性は夏場のオフィスで「厚着」をするのか?

夏もいよいよ本格化。全国的に猛暑日が続くなど、体調管理には細心の注意を払いたいところです。
さて、そんな暑い夏なのに、あなたの職場には異様な光景が広がっていませんか?そう、多くの人が寒そうにカーディガンを羽織っているのです。しかも、なぜか「女性」ばかり。

そのからくりの一部が「TakePart」のこの記事に掲載されているので、ご紹介します。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee


職場のエアコンの設定温度は、男性に合うように設定されていたことが判明した。

うだるような暑さが連日続き、過去最高温度を記録しそうなこの夏も、ロサンゼルスはサンドレス、短パン、タンクトップ、サンダル姿の女性で溢れている。

そんな中、Nicole Smith氏は長ズボンにパーカー姿。ロサンゼルスを拠点とするオーディオ会社でインターン中の彼はこう話す。「オフィスがとにかく寒いんです。外がどんなに暑くても、社内ではパーカーを羽織ります。“モコモコの”靴下を履くことだってありますよ」。

多くの女性にとっては、夏でも冬用のジャケットやスカーフを職場に持っていくことは、ごく自然なこと。ある最新の研究で、オフィスを女性が寒く感じるのは、エアコンの設定温度に秘密があることが分かった。実は、エアコンの温度は、男性にとって調度いいと感じられる設定になっていたのだ。

40歳で約70kgの
スーツ着用男性がスタンダード!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

この研究結果はNature Climate Changeで発表された。米国の一般的なオフィスのエアコンの温度は、1960年代に、40歳で約70kgの男性がスーツを着たときに快適に感じられるように設定されたらしい。この基準は、女性の新陳代謝率を最大で35%も高く過大評価されている可能性がある。女性と男性とでは新陳代謝率やカラダの機能が異なるのに、この過大評価により、女性は寒く感じるというワケだ。

男性と女性の間で「暑い!」「いや、寒い!」とエアコンの温度調節に関して行われてきた長きに渡る戦いは、エアコンの設定温度を「自動」にすれば終わりにすることが出来そう。それだけではなく、オフィスのエアコンの温度を調整すると誰にでもメリットがある。アメリカでは、ビルのエアコンが排出する炭素が全体の40%にも上り毎年、100万トン近くの炭素が排出されている。しかし、エアコンの温度を自動運転で設定するだけで環境に優しくなるのである。

地球に優しくなることは、自分たちの未来が明るくなるということだ。そして、女性の要望に応えることは、多様な意見を平等に受け入れるということ。同じ仕事をして、同じ給与をもらっているのだから、当たり前のことだろう。

もちろん
筋肉量や体毛の差も!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

新陳代謝率だけではなく、他にも女性が男性よりも温度に敏感な理由がある。コーネル大学の人間工学を研究するAlan Hedge教授はこう話す。「男性は女性よりも筋肉量が多いため、暑さを調整する能力が高い。また、女性は男性よりも体毛が少なく、服装も男性と女性では大いに異なる。女性は男性よりも、涼しげな服装を夏に着ることが多い」。

温度によって仕事の効率が変わるかどうかを測定するソフトを開発したHedge教授によると、昔はオフィスにいるのは男性のほうが圧倒的に多かったが、現在では女性も活躍している会社が多い。職場の半数が女性だとして、その女性たちがみんな寒いと感じていたら仕事の効率は下がってしまう、ということだ。彼は言う。「室内の温度が20℃の場合、24℃の時よりも仕事の効率が下がる」

職場の効率を上げるにはどうしたらよいのだろう?その答えは、ただ、設定温度を上げればいいのだ。

Hedge 教授と同様の研究をしたBoris Kingma氏はこう述べた。「ビル全体をキンキンに冷やさないことで電気の節約にもなり、必要としている場所にスムーズに冷気を送ることができる」。

設定温度を上げることにより、今度は「暑い!」という意見が出てくることが考えられるが、それには日本政府が推進している「クールビズ」で対応すればよいとHedge教授は意見を述べた。エアコンの設定温度を上げ、ネクタイをしない涼しい服装をよしとする政策だ。「企業は地球の未来のため、そして電力を節約するために、エアコンの設定温度を24℃前後にする必要がある。もしそれで暑いと感じる場合には、涼しい服を着ればいい」。

take_part_logo_closed_100313 (1)

Licensed material used with permission by TakePart(Ali Swenson)

いよいよ汗ばむシーズン到来。ショップや飲食店では、早くもエアコンの出番が。では、あなたのオフィスはどうですか?女性ライターGigi Engle氏は、夏にな...
少し涼しくなってきたけど、なんだか体がだるい、まだ冷房に依存している、なんて人も多いはず。でも、エアコンの使いすぎは考えものです。アメリカの人気メディア「...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
バリバリ仕事ができる女性っていますよね。そういう人は一体まわりの人とどう違うのでしょうか。その特徴を知り、これを備えることを目指せば自分も仕事ができる女性...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
ダイエットや美容の情報などを発信することで、女性のキレイを応援している「モテ子BEAUTY」。今回は同サイトから、椅子を使った脚痩せエクササイズをご紹介し...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
オフィスで「仕事に集中したい!」と思っているときにかぎって、同僚に話しかけられたりしませんか?もしかしたらソレ、あなたの“話しかけないでオーラ”が足りない...
プレイングマネジャーのビジネス・コミュニケーションで大切なのは、たった5秒の日常会話。自著『プレイングマネジャーの教科書 結果を出すためのビジネス・コミュ...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。ここで紹介す...
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...
都会の土地不足問題をまさかのアイデアで解決しちゃったアーティストがいます。バレンシア在住のデザイナーFernando Abellanas。彼のオフィス兼極...
プライベートがうまくいかず、そのトラブルをいつまでも引きずっていると、仕事のやる気まで失うことになります…。すべてが崩れ落ちるその前に、仕事だけでも気合い...
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...