世界中があなたのオフィス!旅をしながら、仕事をすべき12の理由

場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。
ここで紹介するのは、ノマドワーキングスタイル先進国であるアメリカで人気の記事。日本とは状況が違うとはいえ、思わず頷いてしまう話も。旅好き必見!

01.
貯金が0円でも
旅することができる

th_shutterstock_99208238

お金がないから旅行できないという言い訳をよく聞きます。しかし、もしオンラインで仕事をしながら旅をすれば、旅行の資金を貯めようと何か月もオフィスで擦り切れるように働く必要はありません。まずいコーヒーを飲みながら、蛍光灯の下でデスクワークをする日々には別れを告げましょう。

02.
WiFiさえあれば、
世界のどこでも仕事できる

ビーチに寝そべりながらでも、夜空にきらめくオーロラを見ながらでも、ノートパソコンさえあれば「オフィス」は無限に存在します。常夏の東南アジアにいても、フローレンスの快適なカフェにいても、しなければいけないのはWiFiのような通信環境を確保することだけです。

03.
仕事か旅行かの
2択に悩む必要がない
th_shutterstock_128300366 (2)

キャリアを取るか、全てを捨てて海外に旅立つか、どちらを取る・・・?なんてことで悩む必要はありません。あなたには、その両方を手にする能力があるのです。旅行に対する終わりなき情熱と内に秘めた起業家精神、その両方を爆発させる時です!

04.
世界はつながった
コミュニケーションはどこでもできる

今や、世界のどこにいてもSkypeやViber、WhatsAppといった手段を通じてコミュニケーションを行うことができます。オンライン上のビデオチャットを利用すれば、友達と連絡を取りあうのはもちろん、離れたところにいるクライアントと新たなプロジェクトについて意見を交わすことが可能なのです。

05.
ロンドンからドバイまで…
クライアントは世界中にいる

th_shutterstock_193779767

クライアントは世界中に存在します。クリック一つでどの国のクライアントとでもやりとりすることが可能です。例えばロンドンでビジネスを始めて、ドバイのアパレルメーカーとやり取りをし、オーストラリアのハイテク企業と仕事をすることもできます。可能性は無限大。

06.
美しいビーチを眺めがなら
コワーキングスペースで仕事できる

th_shutterstock_134019917

場所に縛られずに働けるので、世界中のクリエイティブなコワーキングスペースを利用することができます。例えばカリフォルニアの” The Surf Office ”で美しいビーチを眺めながら仕事をしたり、バンコクの” The Hive ”でマッサージを受けて、ストレス解消しながら働くこともできるのです。

07.
行きたい時に
行きたい場所へ旅行できる

起業家は働く場所を選ばないので、クライアントが満足しさえすれば、どこでも行きたい時に旅行することができます。

例えば音楽フェスに参加したり、バルセロナにお気に入りのバンドに会いにいったり。タイのチェンマイで有名なラテンダンスのイベントに参加することだって可能。慎重にタイミングを見計らいながら、遠慮がちに休暇願を提出する・・・なんてことはしなくてもいいのです。

08.
理想を前倒しできる
自分でデザインしよう

自分自身が楽しめる毎日を過ごせるように、人生をデザインし仕事をしましょう。ビーチでヨガのクラスに参加したり、午後の陽ざしの中で、プールでの日光浴を楽しんだり。あなたの理想は何ですか?人生においてやりたいことを掲げ、一つずつ実現していきましょう。

09.
必要なのはスマホにパソコン
コストは最小限

オンラインで仕事をすると、コストを最小限に抑えられるので、余ったお金を旅行の費用にまわすことができます。従来型のお金のかかるビジネスに比べると、デジタル企業にかかるコストなど知れたものです。必要なのはノートパソコン、それと、それぞれの分野において必要と思われる少しのツールだけです。

10.
窓を開けたらビック・ベンが!
世界中で暮らすことができる

th_shutterstock_225089575

窓を開けたらビッグ・ベンが目の前に・・・ロンドンでそんな素敵なホテルに泊まってみたくありませんか?Airbnbのような素晴らしいサービスのおかげで、旅先で見つけたユニークなアパートに簡単に泊まれるようになりました。居心地の良い山小屋でもおしゃれなロフトでも、地元に住んでいる人のように、そこでの暮らしを楽しむことができるのです。

11.
環境を変えられば
生産性がアップ

「思うようなパフォーマンスができない・・・」誰にでも、そんな時があるでしょう。

そのような場合に、生産性を上げられるよう周りの環境を整えたり、試行錯誤をしながら調整を行っていけるのです。創造性を高めるため環境を変えると、新たな見通しを得られたり、ワークフローの再構築が可能になることがあります。オンラインで仕事をすると、日常的に働く環境を選ぶという贅沢さを得られます。

12.
"時間"があなたのものになる
やりたいことができる

th_shutterstock_183313544

あなたの上司はあなた自身です。「今日は午前中仕事をして午後から観光に出かけよう」といった具合に、スケジュールを自由に決めることができます。

例えばベトナムの市場を散策してランチ休憩を取ったり、バリのお寺をぶらぶらと歩いて独特の雰囲気を楽しんだり。やりたいことはそのときどきによって変わります。時間を自由に使えるからこそ、本当にやりたいことに集中できるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

今すぐ旅に出たい。じゃあ、日々の仕事や生活を放り出してでも、それを叶えることができるか?と問われれば、なかなか叶えられるものじゃありません。それでも、旅の...
「色々な国を旅したいけどお金がない…」とお悩みの方。それならば、世界を舞台に活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?HIGHER PERSPECT...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。「1年間...
「イメージしてください。船の上で、何にも邪魔されず自分のやりたいことを考えられるとしたら?叶えたいビジネスプランをより現実的なものにできるとしたら?世界中...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
一人旅が最高の旅のスタイルであることの理由!「ひとり」であることには、しばしばマイナスイメージが付きまとっている。例えば、1人で食事をしたり、映画を観に行...
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...