【働く女性のホンネ】83%が「会社にはイケメンが必要」と考えている!

会社にイケメンは必要なのか否か。「そんなのいたほうがいいに決まってるでしょ!」という声も聞こえてきそうなものだが、改めてそんな疑問を詳しく調査した統計結果が発表されている。

イケメンと言えば、「イケてる+面」や「イケてる+メンズ」など、顔だけでなく行動や振る舞いを総合的に判断している概念でもある。いろいろな解釈があるものだが、ここでは株式会社ESSPRIDEが発表している「ビジネスにおけるイケメンの効果とは?」というコンセプトのもとに行われた調査の結果と内容を一部紹介したい。

ikemen150817-02

「イケメン」の定義とは

全国の20代・30代・40代の女性で、勤務先に自慢のイケメンがいるという会社員600名(年代ごとに200名ずつ)を対象に行った、株式会社FULAによる調査によれば、イケメンの定義とその効果が明らかになっている。
まずは以下のグラフを見てみよう。

ダントツ1位
「顔がかっこいい」

イケメンの定義として最も多かった回答結果は「顔がかっこいい」である。年代別の回答でもわかるとおり、全世代ぶっちぎりでイケメンの定義は「顔」であることがわかる。
その次には「笑顔が素敵である」が多く選ばれているが、やはりこれも「顔」に関する回答である。
とはいえ、清潔感やスタイルも重要な要素として挙げられているためあくまで総合的な判断が必要だ。

一方「仕事ができる」という項目に関しては20代から30代にかけて4位から5位に後退。40代の回答ではTOP5のランクから外れてしまっており、その代わり「礼儀正しい」がランクイン。つまり「イケメン」であるかどうかにはできる男かどうかよりもあくまで人間性が重要と言えるのかもしれない。

イケメンは
モチベーションUPに繋がる

上のグラフではイケメンがいることでどんな影響があるのかがわかる。これには49%の女性が「仕事へのモチベーションが上がる」と回答。半数とは大きな影響ではないだろうか。

さらに「社内のコミュニケーションが活発になる」や「他の社員も外見に気を使うようになる」など周囲にいい影響を及ぼしているとの印象もあるようだ。やはりイケメンは会社に必要と言えるのだろうか。

女性社員の離職率が低下する?

上の表では女性社員の離職率にも大きく関わっていると思われる結果が。特に20代に多いようだが、実に多くの女性がイケメンがいることで「会社に行くのが楽しい」「イケメンとの仕事には力が入る」「辛くても会社を辞めない」と回答している。

社外には影響ない、との回答も?

社外への影響を問う質問に対して最も多かった回答は「特に影響はない」だった。意外ではないだろうか。たしかにオフィス内に比べればその影響範囲は小さいのかもしれない。が、2位には「リピート顧客が増える」との回答も。

オフィス内でもモチベーションに繋がるのであれば、顧客とのやりとりも同じような影響があるはず。それに、販売職の場合には直接的に購買に繋がる可能性もあるだろう。

ちなみにその他の統計では、最もイケメンのいる部署として営業職が選ばれている。第2位は専門職だったが、第3位に関しては販売職とやはり社外との接触は充分に影響範囲にあるようだ。

PRや宣伝に起用したいか?
85.7%が【そう思う】と回答

数字はダントツながらも、もちろん反対の意見もある。そしてどちらの意見もうなずけるものだ。以下に紹介しよう。

【そう思う】の理由■会社のイメージがよくなる。(26歳)
■見栄えがいいから。(22歳)
■イケメンが宣伝したほうが目に付きやすい。(29歳)
■HPなど知人に見せたくなる。(43歳)
■お客様から問い合わせが増えそう。(35歳)
■メディアが取り上げてくれるかもしれない。(45歳)

【そう思わない】の理由
■チャラい会社に見えそうだから。(29歳)
■普通のレベルの人の方が親近感が湧きやすいなどの利点が
ありそう。(28歳)
■イケメンしか印象に残らなくなるのではないかという懸念。
(36歳)

「チャラい」男がそもそもイケメン枠なのかどうかについてはわからない。が、登場人物の印象が強すぎるがゆえにPR対象の印象が薄まってしまうことは確かにリスクとしてあり得るのかもしれない。

ズバリ、会社にイケメンは必要?
83.7%が【そう思う】と回答

ikemen150817-005

単刀直入な質問のせいもあってか、はっきりとした回答が多かったようだ。結果は【そう思う】が大多数を占め、多くの女性社員にとっては会社にとってイケメンは必要な存在であるということがわかった。理由は以下のとおりだ。

【そう思う】の理由■モチベーションが上がり、簡単には休まなくなる。(31歳)■上司がイケメンだとキツイ仕事も頑張れる。(28歳)■日々の潤いは必要。(26歳)■働く女子の活力。(24歳■目の保養。(35歳)■清涼剤。(45歳)■必要!!!!癒し!!!!(29歳)■最終的に会社の利益に繋がりそう。(27歳)【そう思わない】の理由■いてもいなくても構わない。(25歳)■しっかり仕事をしてくれる人が必要である。(34歳)■ルックスだけで仕事ができない人間は不要。(43歳)

理想のイケメンランキング1位
「向井理」

では実際、どんな人がいいのだろうか。統計によれば、芸能人で例えた理想のイケメンランキングは以下のとおりだ。

男性が後学のためにこのグラフを見た時に、ある程度方向性を学び取ることはできるかもしれないが、もちろん彼らのようになることは難しい。あくまで参考程度にとどめておき、次に紹介する「具体的にどんな時に男性をイケメンと感じているのか」という質問の回答を参考にしてみよう。

【仕事ぶりがイケメン!】■てきぱきと仕事をこなすところ。(24歳)■仕事の話を熱く語るのを見た時。(33歳)■製造現場で汚れてもカッコイイ。(47歳)■仕事の指示が的確で、ミスっても怒らずフォローしてくれる。(26歳)■私が期限が迫っている仕事が多くて大変だった時に、何も言わずに手伝ってくれた。(34歳)【人付き合いがイケメン!】■挨拶をする際とても元気がよく笑顔でさわやか。どんな人に対しても分け隔てなく応ずる。(25歳)■あまり会う機会がなく覚えてくれているはずないと思っていたら、休日に偶然会った時に素敵な笑顔で挨拶してくれた。(41歳)■お手伝いをしたことに対してお礼をきちんと言ってくれる。(32歳)■かっこいいのに気取らない。誰に対しても優しい。(32歳)

気配りや、誠実さ、情熱、笑顔などが要素としてあげられる。身だしなみは芸能人を主軸に考え、日々の身のこなしについては以上の回答などを元に鍛錬を積むのがイケメンへの近道と言えるのかもしれない。

ちなみにその他のグラフや統計結果はコチラから。…参考にしよう。

Licensed material used with permission by 株式会社ESSPRIDE

ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABOいつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だったことが、今では形骸化している...
顔立ちは特に目立つほどでもないのに、その仕草や雰囲気だけでモテる男性っていませんか?そんな「雰囲気イケメン」は、少しの心がけで誰でもなることができるのだと...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
私の経験から言えば、社内でエースと呼べる人材の割合は、50人に1人ほど。全体の約2%だ。そんな、彼らの人生の基準とはなにか?自著『2%のエース思考ーあなた...
いや、偏見に満ちていることは重々承知しているんですよ。イケメンで性格イイ人、たくさんいます。でも、不思議と「ビジュアルがイイ=内面がワルイ」みたいな方程式...
100年前のイケメンと、今のイケメンってどれくらい違うの?そんな疑問に答えてくれる動画をご紹介。アメリカ人男性のイケメンの定義が、時代とともにどのように変...
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
会社に縛られながら、苦しんで仕事をする。そんな時代はもう過去のことです。時代の変化とともに、先進的な取り組みをする企業も増えてきました。自分らしくハッピー...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
   窪咲子  Sakiko Kubo元雑誌編集者。初心者バックパッカーながら、女ひとり、世界一周の旅へ出発。ライターの仕事をしながら、1年8か月、50カ...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
夏もいよいよ本格化。全国的に猛暑日が続くなど、体調管理には細心の注意を払いたいところです。さて、そんな暑い夏なのに、あなたの職場には異様な光景が広がってい...
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
自分で考えてくれない部下、年上の部下、怖い鬼軍曹上司など、プレイングマネジャーが相手にしなければならない相手は様々です。自著『プレイングマネジャーの教科書...