「とりあえずビール」はもう古い!フランス流「乾杯」でオシャレにお酒を楽しもう

焼き立てのパンや甘いスイーツのかおりが漂う、パリの昼下がり――フランス人は、どんなに忙しくても、週末になればゆったりと過ごす人がほとんどです。昼間からみんなでお酒を楽しみ、交流を深める食文化のある彼の国では、私たち日本人も思わずマネしたくなるような「素敵なカンパイの習慣」があるって知っていました?

いつもの乾杯だって
スパークリングワインなら
華やかに!

chandon_03

フランスでは、「アペリティフ」という食前酒をゆっくりと楽しむ習慣があります。ただただお酒を楽しむだけでなく、「アミューズ・ブッシュ」と呼ばれる軽いおつまみもセットで楽しむのが流儀です。日本で言うと食事前の「とりあえずビール」みたいなものでしょうか。
うだるような暑さが続くこの時期、アルコールでカンパイするなら、ちょっと洒落っ気を出してスパークリングワインをチョイスしてみては? お酒を変えるだけで、デイリーなシーンはもちろん、仲間でワイワイ楽しむホームパーティーやBBQの場が一気に華やかになりますよ!

夏にぴったりの
カクテルにも使えちゃう♪

chandon_02

フランスでは、スパークリングワインやカクテルがアペリティフの定番。とくに夏場は、すっきり炭酸で、酸味があって、苦味があって、ちょっぴり辛口のものが好まれるみたい。まとめると、清涼感のある爽やかな味わいといったところでしょうか。
たとえば、カシスのリキュールをスパークリングワインで割った「キールロワイヤル」や、オレンジジュースを同じくスパークリングワインで割った「ミモザ」などのカクテルは、ほんのりとした甘さがあるので男女ともに喜ばれそう。

あくまでカジュアルに!
肩肘張らずに楽しもう

chandon_01

アペリティフを日本風にたとえるなら、居酒屋でお通しをつつきながら、最初の一杯のビールを片手にワイワイと楽しんでいるイメージ。あくまで肩肘張らずカジュアルが基本。大切なのは、みんなで一緒にお酒と会話を楽しむこと。家族や友人はもちろん、たとえ相手が初対面でも、上司でも、はたまた気になるカノジョ(あるいはカレ!?)でも、アペリティフで緊張をほぐせば、自然とおしゃべりが弾みます♪
蛇足ですが、食前酒には食欲増進の役割も。まさに食と人生を楽しむことを大切にするフランス人らしい習慣ですね。

今夏限定!
アペリティフにぴったりな
スパークリングって?

chandon_04

じゃあ、思わずおしゃべりが弾むスパークリングワインとは?「味よし」「値段よし」「見た目よし」の三拍子がそろえば、アペリティフのひとときが盛り上がること間違いなし!
まるで夏のビーチにいる気分を味わえるボトルデザインの『シャンドン ブリュット サマーボトル』があれば、テーブルの雰囲気が一気に華やぐはず! フレッシュで爽快な味わいで、会話も食事もどんどん進むでしょう。
みんなで飲める750mlで2,800円(税別)だから、はじめて“アペる”人にもおすすめです。ぜひお手軽にトライしてみてください。

あなたもフランス気分を堪能できるアペリティフで、休日を昼間から最高にハッピーに過ごしてみませんか?

もっと詳しい情報はこちらのFacebookページへ!

moebtn_03全国の主要小売店にて販売中 。
取り扱いについては、各店舗へ。
MHD モエ ヘネシー ディアジオ お問合せ先/03-5217-9733

Sponsored by MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
人間関係を築く上で、お酒が大きな助けになることは多々あります。でも、楽しい気分に身を任せていたら、ついつい飲み過ぎてしまうことも…。「Elite Dail...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
ときに、アルコールは人間関係をギクシャクさせます。が、恋人とは積極的にお酒を楽しむべき。その理由を女性ライターAshley Fernさんが「Elite D...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
いくつかの研究結果ではアルコールの摂取によって勉強やタスクの処理能力が向上する効果が見られています。飲み会に参加する口実程度に考えて読んでみると、意外に役...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...