究極の食感!山梨県だけで買える「水信玄餅」の正体とは?

信玄餅といえば、山梨県の代表銘菓。求肥加工した餅に、きな粉と黒蜜をかけて楊枝で食べるスタイルは、多くの日本人に愛されています。
しかし、「水信玄餅」となると話は別。きっと、ほとんどの人はまだ口にしたことがないのではないでしょうか。それもそのはず、実はコレ、かなりのレア商品なのです。

unnamed (1)_R

製造元は山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。白州町は、ミネラルウォーター「南アルプス天然水」の採水地としても知られており、この名水を寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。
販売を開始した2013年から、限られた日のみ購入が可能で、2015年は6月6日から9月末までの祝日を除く土日限定で販売されています。

unnamed_R111111

寒天で固めるとはいえ、使用される量はごくわずか。そうして固体と液体の中間のような食感を実現しているのです。ただ柔らかいだけではなく、寒天独特のハリも維持。その状態は、「ぎりぎり形を留めている」と言っていいでしょう。
さらに、驚きなのは、運搬や日保ちといった一般的に考慮されるべき販売条件を一切考慮せずに作られていることです。限界を遥かに超えた水分を含ませているため、常温にさらすと30分程でしぼんでしまうことに。持ち帰りや予約はできず、お店に行かないと決して食べることはできません。

unnamed (2)_R

販売店は金精軒本店と韮崎店の二店舗のみ。つまり、山梨県でしか食べられない“幻の信玄餅”というわけ。
その繊細さゆえ、効率的に大量生産を行う方法はなく、午前中に完売してしまう場合がほとんど。特に長期連休などでは、11時に来店したとしても食べられないこともあるそうです。

ちなみに、今夏は本店の一部を改装し、ゆっくりと涼める場所を設置済。昨年までは、混雑のために立ったまま食べることも少なくなかったそうですが、こうした心遣いは嬉しいかぎりですよね。
販売終了予定の9月末までは残り約1ヵ月。今のうちに、その究極の食感を味わってみては!?

Licensed material used with permission by 金精軒製菓株式会社

おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
あんみつに添えたり、あんこやみたらしで食べたりと、和スイーツに欠かせないのが「白玉」。もちもちの食感とほどよい甘みが好き、という人も多いはず。そんな白玉を...
台湾のヘルシーな朝食、おかゆや豆漿(ドウジャン)はもう定番中の定番。ですがここへきて最近、健康意識の高い人たちや若い女性を中心に、朝のチョイスに変化がある...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、...
きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!くる...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
ぜんざいとおしるこ。普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。しかし、そこには微妙な差異があるのです!辞書による定義ぜんざい「善哉餅のこと。関...
水は人間にとって無くてはならないもの。「生命の源」と言われるなど、もっとも身近な存在のひとつと言えるでしょう。そんな水が、もし夢の中に出てきたら…一体どん...
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...