無理せず付き合える「理想の恋人」の見つけ方とは?

恋人に不満があるけれど、今の関係を壊したくないがために、意見を飲み込むことは多いですよね。でも、無理をしてまで続ける関係って、一体どうなんでしょう?
そんな悩みに対するアドバイスが「mindbodygreen」のこの記事にまとめられています。 モヤモヤするような恋愛は、こうして未然に防ぎましょう。

3ways-to-find-the-right-person150828-02


01.
まずは、自分を愛すること!

Summer love and sunshine

自分が自分を大切にできないかぎりは、パートナーと穏やかでハッピーな時間を過ごすのは難しい。自分の気持ちは、相手どうこうではなく、自分がどう思うかで決まるもの。まずは、自身を愛すること。そうすれば、きっと本当に合う人が見つかるはず。

02.
曖昧にせず、
しっかり意見を伝える

3ways-to-find-the-right-person150830-05

毎日メールのやりとりをするのが好きな人もいれば、自分の時間を大切にする人もいる。恋人とのデートプランを立てることにワクワクする人も。
自分にとっては当たり前のことでも、きちんと言葉にしなければパートナーには伝わらない。もちろん、最初のデートですべてを伝える必要はないが、数回デートを重ねた頃に「何か、こうしてほしいと思うことはある?」と相手に聞くこと。同時に、自分の望んでいることも相手に伝えるべき。

03.
付き合う相手を
絶対に妥協しない

3ways-to-find-the-right-person150830-06

誰かと付き合う以上、疲れることもあれば、自信がなくなることもある。自分に好意を寄せてくれている他の人とデートしてみようかな、などと思うことも。そうした時は、落ち着いて、自分を幸せにしようと努力してくれている人の存在を思い出してみて。

世の中には、自分が本当は望んでいない人と、無理をして付き合い続けている人もいる。でも、今の関係に不満を感じるなら、もっといい人がいるはずだと信じて行動してみて。本当はあなたも分かっているはず。もちろん、付き合う中でお互いに妥協は必要なこと。でも、まずは自分を大切にすることを忘れないで。そんなあなたを大切にしてくれる人が、きっとどこかにいるはずだから。悩んだ時は、自分自身にこう問いかけてみて。

「もし、何も恐れる必要がなければ、自分はどうしたい?」

Licensed material used with permission by mindbodygreen

「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
年下の彼氏との恋愛は色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」など、年上彼女としての悩みは...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?突然言われても答えられないあなたは、今すぐ「Elite Daily」のGigi Engleさんが提...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
「結婚相手は、尊敬できる人を選びなさい」とはよく聞きますが、恋愛でもそのルールを考慮していると、なかなか「彼氏彼女」の関係に踏み出せません。では、何を重視...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...
西オーストラリア・パースに暮らすライターCamha Pham氏は、ヨーロッパを単独で旅した経験の持ち主。当時、彼女には付き合っていた彼氏がいました。でも、...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
「Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。記事によると、彼氏は単なる恋愛関係の間柄。ですが...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...