警察官も感動!ロンドンで突然、洋服を脱いだ女性の「勇気」とは?

undressedgirl15082002スクリーンショット 2015-08-25 19.51.29 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」

1枚のサインボードに書かれたメッセージ。これは、ある奇跡の瞬間を映した社会実験動画です。ロンドンの繁華街で、多くの人々が行き交うなか、街角に立つ一人の女性。意を決したように、彼女は洋服を脱ぎはじめました。

スクリーンショット 2015-08-25 20.02.18

脱いだ服が地面に落ちた。目隠しをつけると、一瞬、大気をかき混ぜたような混乱を感じた私。最悪のシナリオが頭の中をよぎる。このチャレンジが失敗に終わり、ただ嘲笑にさらされる下着姿の私。

スクリーンショット 2015-08-25 19.51.23

日曜日のランチタイム、ピカデリーサーカス。無数の人々のおしゃべりが聞こえてくる。それがすべて自分に向いているような、恐怖感が襲ってくる。下着姿になった私は、どうしようもない脆さから、自分自身を救い出す術がなかった。自由への船出のためとは言え、まったく個人的な理由から、観光客や休日を楽しむ家族に、私の下着姿が不快に思われないか…そればかりを心配していたのかもしれない。

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.23

まるで数分が永遠のように感じた。普通、こういった社会実験の場合、数人がさくらとなって、見物人の中に紛れ込むもの。でも、それはテレビの中だけの世界だということを私は知っている。「与えられた身体に感謝し、自分自身を愛し好きになること」それがどんなに大切なことなのかを、小さい頃、父からよく言い聞かされていた。もし、私の身体がハートで満たされたなら、そのとき、きっとこの世界で多くの人が抱えている同じ悩みをもっと深く理解できるはず。私たちは子供の頃からみんな、とっても個性的でキレイだってことを。そしたら、もっと世界は違って見えるはずだ。

スクリーンショット 2015-08-25 19.52.01

スクリーンショット 2015-08-25 20.17.24

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.34

突然、左手のペンが私の指先からすっと抜けていくのを感じた。肌をなぞるフェルトペンの感触を、一生忘れることはないだろう。これまでに感じたこともないような、深い愛情が全身に満ちていくのを感じた。ただ、涙が止めどなく溢れて。

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.52

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.42

誰が最初に描いてくれたのか知る由もない。だけど、本当に感謝してもしきれない気持ち。だって、その人の行動がまるで人々を解き放ったみたいに、次から次に両手のペンが離れては戻り、私の全身は愛で包み込まれていったのだから。

スクリーンショット 2015-08-25 19.55.37

スクリーンショット 2015-08-25 19.55.57

この実験の主人公、彼女の名前はJae Westさん。彼女はこの経験を通して、真に心の闇を抱えている人々の気持ちを、少しでも共有することができたと、自身の体験を記事にしました。
ここにご紹介した内容は、彼女が実際に下着姿で公衆の場に立ち、感じた不安、恐怖、感動、そして喜びを文面から抽出したものです。

肌の色、顔、考え方、宗教、あらゆる違いを超えて、愛と人間性でつながり合う世の中、それが真の解放と唱えるソーシャルコミュニティ「The Liberators」によって制作されたこの動画。公開からわずか10日ほどで、すでに300万回再生を記録しています。

スクリーンショット 2015-08-25 19.46.21

ところで、この実験が終わるまでロンドンの警察官は、ただ黙って、ずっと一部始終を側で見守っていました。そして、彼女が洋服を着たあとで、そっとハグを交わし、Westさんの勇気ある行動を讃えたそうです。

Licensed material used with permission by The Liberators

イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
満員電車に乗る度に誰もが一度は考えたことがあるはずだ。「もっとこうすればいいのに」「なんでこうしないんだ」。しかし、そんな数々のアイデア達は誰に参考にされ...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
もし、目の前で激しいケンカが始まったら、あなたならどうするでしょうか?人を呼んだり、間に割って入ることもあるかもしれません。が、きっとこんな斬新なアイデア...
着回しが効く分、コーディネートにも幅が出る黒い服。高級感も増します。一方でこんな意見も。「自分に自信がない人ほど黒い服を選ぶ」。じつはコレ、単なるあるある...
まるで別世界のような星空を包み込む球体アルミニウムフィルムや防寒シートのように、何か柔らかくてふわふわしたシートで出来た球体の内部へ踏み入ると、そこはまる...