ロンドンの街角でみんなをハッピーにする実験「8時12分」にこだわる理由とは?

イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男性がこんなチャレンジに挑みました。ロンドナーたちの1日にどれだけ貢献できたのでしょう。

ロンドンの朝、
みんなに幸せをとどけたい

Medium a0cc892e78c35b24d3d5c53e1cce2ed06bc96da9Medium e8423d0698b828a458fed13e9a53b78ffde129cb

通勤通学で賑わうロンドンの朝、小雨。足早にそれぞれの1日が始まった8時11分、チャレンジがスタートしました。

ミッションはいたって単純。街の人々の朝の気分をより良くする、これだけ。そこで、彼はタクシーを呼び止めた女性の代わってドアを開けたり、自分の傘をゆずってあげるなどの小さな親切を繰り返していきました。

けれど、ただでさえ忙しい時間帯。誰もがみんな立ち止まって彼の話を聞いてくれる訳もありません。ハイタッチさえ拒む人だって。

「なかなか難しいよね。話しかけてもみんなクラゲみたいに、ふわふわっと横を過ぎていくんだ」。

Medium 72a05c0161e0784fbdb5efd36d47e69e76d5ca3d

そこで、方針転換した彼はサインボードを使って人々にメッセージを発信することに作戦を変更。これがドンピシャ、功を奏しました。

Medium 7df346e8b3845fa64b31030a5c4990db17fa49d9Medium 8c7dc579312a94e9318898fe3a47e32e6a3cb231Medium e6406c051a982a0f51dc3ad5e1d2b31e4c2ddc83Medium fcb5ff97f02ab05e4a0f362dc88ff972c0077b20

「FREE HUGS♡(フリーハグ)」、「HONK!IF YOU'RE HAPPY(ホーンを鳴らしてハッピーになろう!)」。掲げたサインボードを目にした人々が、ひとりまたひとりハグをし高らかにクラクションを鳴らします。

親切の“押し売り”で人々に喜んでもらうことより、もっと手軽に参加しやすくて、一緒にハッピーになれるアクションへ。また、早くもタフな1日が始まっている人たちには、応援メッセージが書かれた手紙を渡したり。

いい朝がステキな1日をつくる

Medium e4d8d36806e4e6f9b1760014bbd8624fa0e005aaMedium b6f03f1fdf82ef33b35d2379246ed9e8641ae22c

さて、この日合計322人と接触した男性の正体は、イギリスの飲料会社「The Berry Company」のCMO(マーケティング責任者)。新商品のコンセプトである、「いい朝がステキな1日をつくる」を身をもって体感してもらうための、PR活動というわけ。

商品企画に際して同社が実施した調査によれば、回答したおよそ3人にひとりが朝から憂うつな気分になる原因をパートナーとのコミュニケーションだと答えたそうです。気分解消の方法は人ぞれぞれ、音楽でテンションをあげる人、新鮮なフルーツで心をリフレッシュする人も。

1日ずっといい気持ちでいるための「朝8時12分」の過ごし方。明日から意識してみてはいかがでしょう。そうそう彼と出会った約61%の人が、その日1日を満足に過ごせたと回答したそうですよ。

Licensed material used with permission by The Berry Company
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
「とってもキレイだね」もしも、突然誰かにこう言われたら、あなたはどんな気持ち?ここに紹介する動画の中に、その答えが隠されています。シカゴの女子高生の社会実...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
カラスの賢さは、すでに誰もが知るところ。では、学者レベルでの研究では、どのようにカラスの知能を調査しているのか?これは、ニュージーランドのオークランド大学...
いきなりですが結論から。当たり前ながら、めっちゃ溶けます。以下がその様子。あえて何かを説明するまでもないでしょう。シンプルすぎる動画とはいえ、思わず見入っ...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
初対面の人が、直ぐに仲良くなるにはどうしたらいい?人生の疑問をユーモアある技法で解決していくメディア「SoulPancake」が、こんな実験動画を紹介して...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...