土砂降りの雨の中を「笑顔で走る」親子 その理由に、心が動かされる。

雲の流れが速く「一日に一度は雨が降る」といわれるロンドン。雨に慣れっこな人々は、いちいち傘を持ち歩かなくたって、しばらく待てばすぐに雨が止む。こう考えているようです。

さて、その前段を踏まえた上でこのショートフィルムを紹介します。激しく打ちつける雨、なのにタイトルは『Light Rain』。

Medium 28620dfb37a63c808f288799e106e01c8a558d58

場面は土砂降りの雨の中、人々がマンションのピロティで雨宿りをしています。

Medium 4fa8b20c9cfb5136c87c1f5955dd7333551d188d

辛抱強くじっと待つ人もいれば、止まない雨にしびれを切らす人たちも。すると、母親と雨宿りをしていた小さな女の子が突然、こんなことを言い出したのです。

Medium f12cc384f62d09913249b11f566b53cab73ecc53

少女:「ねえママ、雨に濡れて走ろうよ」

Medium f4dc5280c2a10cd1ebad21072b34a2b39ce54364

母:「もう少し小雨になるまで待ちましょう」

それでも聞かない女の子。「ねえ、走ろうよ」と執拗に駄々をこねます。これには、周りの大人たちも怪訝そうに親子のやり取りに耳を傾けている様子。

母:「ダメよ、みんなと一緒にここで待つの」

少女:「でもぉ〜」

母:「だってびしょ濡れになるじゃないの」

少女:「でも、それじゃ朝ママが言ってたことと違うわ」

母:「今朝、ママあなたに何て言ったかしら?雨に濡れて走ろうなんていった?」

ここで女の子は、この朝母親が口にした言葉を彼女に返しました。


Medium 2fa37ff54bfca47f67df88c46b1debd3ddcfd8d9

少女:「ママ忘れちゃったの?今朝パパに言ってたじゃん。ガンは乗り越えらるよ。私たちならなんだって乗り越えられるって!」

Medium abc3bddc92d6999c238a14d9cb4ae1a0b44df286

どんなことだってできる。そう言った母が、雨に濡れることをためらっているなんて。シンプルでまっすぐな少女の言葉は、母親だけでなく雨をしのいでいた周りの大人たちにの胸にも届きました。

Medium 079530cfa2b2215616ce85d19d5ee486c924b390

頬をつたう涙を子どもに見せまいとしたのでしょう。母親は軒先から一歩足を踏み出して、大粒の雨を笑顔で受け止めました。それから、にじんだマスカラでぐちゃぐちゃになった顔を向け、娘に語りかけます。

母:「さあ、走るわよ。ビショビショに濡れたって……シャワー浴びればいいもんね。いくわよ!」

Medium 7fd5e387cf80d0df6b2dd0f41e8285a6312416b5

その場にいた誰もが、ずぶ濡れになる親子の後ろ姿に表情を緩ませ、何か自分の中に納得したものを得たのでしょう。そうして……。

Medium 4bf4744cd816d497e8504a941c080caa3c97a20bMedium b23b2772f69f2703a71a96230588b3f95cebb726

意を決したように、ひとり、またひとりと降りしきる雨の中を駆け出していったのです。みな子どものような顔に戻って、無邪気に。

Medium aadb0149605a14e78603aa9cf09609f3899af32a

おばあちゃんだって。

落ち込んでしまうときほど
顔をあげていこう

これは、作家Bob Perksによる事実に基づいたストーリーなんだそうです。日々の中でほんの些細なことにも頭を悩ませ、心痛めるのが人間。誰にだってうまくいかないことはあります。ましてや、それがどうにもならないことなら尚のこと。

さて、動画はイギリス国内のガン支援センター「Macmillan Cancer Support」へと2009年に提供(寄贈)されたもの。リリースからすでにだいぶ月日は経ちましたが、これまで本当に多くの人の耳目に触れてきました。

親子のコミュニケーションそして周りの人々の行動から、動画のタイトルをなぜHeavy Rain(激しい雨)ではなく、Light Rain(やさしい雨)にしたのかが、分かったような気がしませんか?

「うまくいかないときほど、前を向いて歩こう」

※本記事では、一部翻訳に誤りがあったため訂正を加えております(2016/11/18 12:00)

Licensed material used with permission by imageynation
ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなっ...
家を出るときに雨が降っていたら、なんだか憂鬱になってしまうもの。傘をさす手間が増える、お気に入りの服が濡れる、何より心までどんより…。そうやって、いつしか...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
彼のガッツに、世界中が注目した。そして勇気をもらった。これはガンを患った少年Zach Zeilerがそれを乗り越えて、ボディビルダーになった物語だ。ぜひ、...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argent...
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
親子でビートボックスをしてる時点でファンキーですが、この動画のバトルの何が凄いってとにかくハイレベルすぎるんです!特に、動画後半(#01分56秒から)は鳥...
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
2013年3月、ベンくんは3歳で前駆B細胞急性リンパ性白血病と診断されました。母親はインターネットで闘病の経過報告をしながら支援を募っていましたが、ついに...