【世界初!】腕時計でDJプレイに挑戦する動画がクールすぎる

SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立したアストロン」は、同ブランドの「時代の一歩先を行くものづくりの精神」が具現化された存在と言っていい。

そんな「アストロン」の新モデル発売にともない、ブランドの革新的かつ上質でスタイリッシュな世界観を映像化したWEBムービー『Watch DJ』が公開された模様。

実施されたのは、本物の腕時計でDJプレイに挑戦するという「世界初」の試みだ。秒針がGPS衛星捕捉数を指し示し、タイムゾーン修正を行うと針が動き出­して音楽がスタート。プレイの最後には、太陽光が差し込むことでスマートセンサーが作動し、自動的に正常な時刻に戻る仕組みになっている。

パフォーマンスを披露したのは、日本が世界に誇るトップDJであるDJ MITSU THE BEATS氏。まるで、ターンテーブルのように「アストロン」を駆使するとその繊細かつダイナミックなDJプレイに、音楽と映像がリアルタイムで連動。時間­軸を思いのままに操っていく…

ちなみに、この『Watch DJ』は、GPSによる時刻補正機能によって時間軸を自在に操る「アストロン」と、音楽という一つの時間軸を思いのままに操るDJの親和性に端を発しているそう。常に先端技術を模索し、時計の常識を革新させてきた「SEIKO」ならではの創造性が遺憾なく発揮されたムービーに仕上がっている。

「アストロン」の新モデルは、9月19日(土)世界同時発売予定。そのオリジナルな発想からは、今後も目が離せなさそうだ。

Licensed material used with permission by セイコーウオッチ株式会社

「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
これがあれば、溺れても安心!デバイスのフックを引っ張るだけで、小型の「浮き輪」が出現する優れものです。実際の使い方はこんな感じ。 「Kingii」はクラウ...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
何じゃそりゃ!とツッコミを入れたそこのあなた。マンガ大賞2016にもノミネートされ、音楽好きの間で超絶話題になっていた作品『とんかつDJアゲ太郎』を知って...
やりたいことを始めるのに年齢は関係ない。それを証明してくれる、77歳の女性がいる。Wirginia Samytさん(77歳)は、世界最高齢DJ。ポーランド...
この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品にオメガの腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、間抜けな話でなくし...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
ちょうど1年前、長渕剛が観客10万人を前に、9時間半で44曲を熱唱するという前代未聞のライブを開催。「剛、スゲーッ」なんて思っていたら、先月、それを超える...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
2016年6月29日より日本科学未来館で開催される展示「Bjork Digital ―音楽のVR・18日間の実験」は、ビョークが最新テクノロジーを駆使して...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
3日間で9万人の動員を記録し話題になったEDMフェス「ULTRA JAPAN」にも出演していた超大物DJ「アーミン・ヴァン・ブーレン」のインタビューが「N...