東京マラソンの次はコレ!全長250km「世界一過酷」なサハラマラソンが熱い

サハラマラソン(Marathon des Sables)とは?

それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月上旬の期間に、南モロッコの砂漠で開催され、その距離なんと約250km。6ステージ7日間で行われ、その間、選手たちは砂漠のなかを走り続ける……。

スタート地点の選手たち。なにゆえ、こんな過酷なマラソンに!?

さらに詳しく…

Fb070f253e1c86bf19e94febcc8f94ff66f77559

6ステージ中、第1〜3ステージは、30km〜40km。第4ステージは、オーバーナイトステージと呼ばれ、およそ70km〜85km。第5ステージが42.2kmで、第6ステージが10km〜20kmと分けられている。

通常のステージは12時間以内、最長ステージは34時間以内に走りきらないと失格。もし途中で行方不明者が出た場合、ヘリコプターで捜索してもらえる……というかヘリでしか探せない。

ホントにヤバい!

1994年のレースでは、イタリア人の警察官 マウロ・プロースペリさんが砂嵐で迷ってしまい、砂漠を5日間さまよう羽目に。灼熱の大地でコウモリを捕まえ、生き血を飲んで渇きをしのぎ、果てには絶望し、手首を切り自殺をはかったマウロさん。幸いにも、脱水症状により血液濃度が濃かったために、血が流れずに一命を取り留めたが、遊牧民の一団に発見された時には、13kgも体重が落ち、ゲッソリしていたそう。

参加するには!?

そんな危険なレースに参加するためのエントリー費用は、3150ユーロ(約45万円)。それに安全保障費が別途200ユーロ(約3万円)必要となる。割高? でも、毎年多くのランナーがこのレースに参戦を希望している。

申込みは、国境なきランナーズより。

用意すべきモノ

A46290fce5d0d8257fbd986e20b640e375e53e41

競技中の食事はすべてランナー自身が、用意しなければならない。つまり、ランナーは7日分の食料、寝袋、炊事道具、懐中電灯、コンパス、衣服、薬、毒素抽出用のスネークポンプ、塩タブレットなど、必要な荷物(6kg〜13kg)を背負いながらマラソンするわけだ。

水と地図は運営側から提供されるが、バックパックを背負い、砂の上をランニングする辛さは想像に難くない。最終日に近づくにつれ、荷物は軽くなってくるのがせめてもの救いだ。

 実は他にも、まだまだある!

サハラマラソンのほかにも、Racing the planet社が主催する、SAHARA RACE(エジプト)、ATACAMA CROSSING(チリ)、GOBI MARCH(中国)など、過酷なウルトラマラソンは世界中で開催されている。これらはすべて7日間で250kmの行程となり、この内の2レースを完走することができれば、THE LAST DESERT(南極)を走る切符が手に入る。

市民マラソンでは、満足できないアナタへ。ぜひ、これらのレースに挑戦してみて欲しい。

砂漠の真ん中でシャワー。なんか気持ち良さそう。
サハラマラソンの日本人最高順位は9位。体力に自信のある人はチャレンジだ!

サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
ゴビ砂漠で開催されている「Gobi March」は、灼熱の砂漠を250キロメートル走りきる苛酷なレース。ですが、ある選手のあとをおよそ150キロもついてき...
地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
「がんばろう!九州」、熊本県や大分県に甚大な被害をもたらした2016年4月の熊本地震以降、食で、旅行で、プロダクトで、スポーツで、さまざまな復興支援プロジ...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
世界には大小様々な国が存在する。ロシアのような広大な国土を持つ国家がある一方で、極めて小さな国土しか持たない「ミニ国家」も存在する。モナコ公国も、そんなミ...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...