【世界記録】フルマラソンを4時間以内で走りきった85歳のおじいちゃん

毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。

その主人公はなんと、85歳のランナー。

73歳のときには
2時間54分の記録も

Medium d20d1aa6e58e096490dd3993a5e1cc0bac3f0fdd

Ed Whitlockさんが記録したタイムは3時間56分33.2秒。85歳以上クラスの世界新記録となりました。

Whitlockさんはこの大会の常連で、73歳のときにも2時間54分という驚異的な記録を出しています。ちなみに、この記録は未だに破られていないんだとか。

Medium ee726c7fd318c0a2c85fb840d695325fbbb40b93

もともと10代の頃から走りはじめたというWhitlockさん。その後21歳のときに引越を機にマラソンからは遠のいていましたが、40歳をきっかけに再開したそうです。

そこからは、ブランクなくずっと走り続けているというWhitlockさん。つまり、40歳から数えてもランナー歴は45年!人生の半分以上を走り続けてきた、ベテラン中のベテランです。

靴にも年季が入っている

ちなみに今回履いていた靴は、20年来の相棒。なぜそんなに古い靴を履いているのかと聞かれて、こう答えています。

「もう買い換えた方がいいことはわかっているんだけどね。最近の靴のデザインは好きじゃないんだ。この形の靴はもう作られていないし、手元に数足しか持っていないんだよ」

それでもまだまだ
満足できない

Medium c19a822e2b3508a5a2f3204577ff16deae0a9772

Photo:Todd Fraser/Canada Running Series

世界新記録となったこのタイムにも、まだまだ満足はしていない。

「本当は3時間50分あたりを目指していたんだけどね。後半が思っていたほどうまくいかなかったよ」

世界新記録を打ち立てるのは並大抵のことではなく、さすがに足を痛めてしまったそう。「次にマラソンに出られるのがいつになるかはわからない」と語っていますが、ぜひとも復帰のレースでは再び記録に挑戦してほしいものですね。

Photo by Canada Running Series
Licensed material used with permission by Canada Running Series
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。しか...
92歳のHowardさんと93歳のLauraさん。二人は73年間連れ添った、ベテランカップルです。病気になってしまい先の短い妻Lauraさんを励ますため、...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!「オオオオオ!」と会場中が一気に沸きます!動画はアメリカのメリーランド州ク...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
ロマンチックな恋人の再会場面。まるで恋愛映画のワンシーンのようなこの動画。主役はお年寄りのカップル。そうです、恋愛に年齢なんて関係ありません。余計な解説は...
リタイヤするまでの日数を数えてませんか?ウォーレン・バフェットは、そんなことはするべきではないと考えています。85歳にして現役。「オマハの賢人」に退職する...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
これまでの歴史の中で確証のある最高齢の人物として知られているのは、122年と164日間を生きたフランス人女性、ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんだ。しかし、...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
「釣りみたいなものは他にない。釣れなくてもいいんだ。外に出るのはいいことだよ。私はもうすぐガンで死ぬと知っているけれど、行ける限り釣りに出かけたい」。人生...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...