85歳にして現役。ウォーレン・バフェットが語る、可能な限り働き続けるべき3つの理由

リタイヤするまでの日数を数えてませんか?ウォーレン・バフェットは、そんなことはするべきではないと考えています。85歳にして現役。「オマハの賢人」に退職する予定などありません。

ここでは彼が考える「退職を考え直す理由」のトップ3を、「Inc.com」に掲載されたMINDA ZETLIN氏の記事から紹介します。

01.
働き続ければ
それだけお金が増える

shutterstock_263148536_2もし、あなたが億万長者で、必要なお金に困らないのだとしたら当てはまりません。が、定年を迎えたあとも働き続ければ資金が増えます。

楽しむためにはもちろん、社会経済の激変にも対処できます。一方、定年退職したら使えるお金は限られています。その後に得られるのは、貯金か投資で得た収入のみ。長生きすれば、医療費も高くつきます。

02.
とにかく、仕事好きになるべし

仕事を本当に辞める必要があるのか、年齢に達しただけというだけで決断していいのか問いかけてみてください。バフェットは仕事が大好きで、「仕事には毎日タップダンス」しながら向かっています。それだけ楽しいなら、やめる必要はありません。

仕事が好きでなければ、確かに何かを変える必要があります。しかし、その選択肢は退職だけではありません。

03.
何年もの努力の積み重ねで
今ある能力は構築されている

shutterstock_335650709_2リタイアするということは、自分が積み重ねてきた経験や専門知識を本棚にしまいこんでしまうのと同じです。

全米人材マネジメント協会による調査によれば、経営者たちは、今まで年配社員に必ずいた、ものすごい知識を持つ社員が減っていると認識。ベビーブーム世代のリタイアと同時に膨大な知が失われてしまうのではないか、と懸念しています。

もし、間近に定年退職が迫っているのであれば、それを機に仕事のスケジュール、条件などを自分に合うように交渉してみるとよいでしょう。

たくさんの選択肢がある時代です。定年後に短時間正社員になる人もいます。働きたい時間、休日などを自分に合うように交渉し、コンサルタントになり、自分の好きなときだけ働く。もしくはボランティアとして関わってもよいでしょう。どれを選んだとしても、充実した時間になるでしょう。自分の家にこもって生活するより、暇を持て余すことなく過ごせるはずです。

Licensed material used with permission by Inc.com

今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
仕事が楽しくない、張り合いがない…という人は、会社の言いなりになっていませんか?それを防ぐには、自分の思考回路を繰り返しチェックする習慣が必要です。ここで...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
現役大学生のJonas Lui氏が「mindbodygreen」に投稿したデビュー作となるこの記事。彼は自身の分析結果として、幸せを手にする人とそうでない...
ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
「自分の思うがままに生活したい」…そう思っても、会社勤めをしている限りどうしても、この願いを叶えることはできません。会社員を辞めて、海外を巡りながら仕事を...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
あなたは今、どんな庖丁(ほうちょう)を使っていますか?きっと、百貨店やスーパーで販売されている量産品のものを使っている、という方が大半だと思います。今回の...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...