3年間早起きし続ける、100歳のおばあちゃん。その理由に胸が熱くなった・・・

2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着のワンピースを製作する」。昨夏時点での数字は840着、Weberさんのチャレンジのその後は?そして、彼女がワンピースを縫い続ける目的とは?

出会ったことのない
アフリカの“孫たち”へ
積み上げたその数1,051着!

dresses-for-needy-children-lillian-weber-4

米アイオワ州に住むWeberさんは、3年前から、毎朝早起きして制作に取りかかり、ランチ前には1着をつくりあげるペースで、毎日ミシンに向かい洋服を製作。こうして2015年5月6日、彼女は満100歳の誕生日を迎えた。つくりあげたワンピースは、目標数を超える1,051着。

個性的に見えるのは
ひとつとして
同じデザインがないから

img_1759

Weberさんがせっせと縫ってきたワンピースは、遠く離れて暮らす“孫たち”のため。でも、彼女とその孫たちには一度も面識がない。Weberさんのワンピースは、アフリカの貧困地域で暮らす子供たちに衣類を届けるチャリティ団体「Little Dresses for Africa」の手によって、彼女の代わりにアフリカ各国の児童養護施設や協会、学校の子供たちの元へと届けられていたのだ。

「Lillianのデザインは独特。ちょっとずつパターンが凝ってたり、丁寧にフリルが付いていたり。ひとつも同じものがないんですよ」

これまでに、81ヵ国およそ400万人の子供たちに洋服を届けてきた、Little Dresses for Africaの創設者Rachel O'Neill氏によると、画一的で既製品のような美しいワンピースも中には多くあるという。だが、Weberさんのワンピースは、生地のパターンから、考えられた色彩、さらには細部まできめ細やかな縫製が特徴的で、そのデザインもバリエーション豊富なんだとか。「ワンピースを手にした子供たちの、ワクワクする笑顔を想像して縫ってくれていることが伝わってくる」と O'Neill氏。

必要とされることほど
嬉しいことはないわ

lillian_weber_and_dresses_8-14

「こんな100歳になった私が、まだ誰かのための役に立っているのなら、こんなに幸せなことはないわ」「WQAD.com」のインタビューにこう応えたWeberさん。目標の1,000着に達しはしたものの、ここがゴールだなんて思っていない。彼女のコメントからもその意欲が十分に伝わってくる。

 Reference:WQAD.com
Licensed material used with permission by Little Dresses for Africa

撮影されたのはカナダ・ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー北部の山中です。2015年11月19日のこと。例年よりも雪が積もるのが早く、近くにある北米最...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
リリースされるやいなや大ヒットとなった、Bruno Marsのファンキーな新曲「24K Magic」。そのノリノリのリズムに合わせて踊るのは、なんと平均年...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
“ジェネレーションY”という言葉をご存知ですか?これは1975年から1989年までに生まれた人のことで、10歳〜20歳までにインターネットの普及を経験して...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
ハイチでは800人以上の死者を出したと報じられた大型ハリケーンの「マシュー」。アメリカ南西部にまで上陸したとき、中西部ネブラスカ州のオマハに住んでいるエリ...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
この動画の撮影者Laura Dellさんは、母シャノンさんに初孫を見せるため、サプライズを仕掛けました。おばあちゃんになることを知った時の、シャノンさんの...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
「もし私が、若い女性だったら。正直、どうしたらいいか分からないわ。あなたたちには、テクノロジーがあるわね。それによって随分便利になったでしょう。でも、それ...