ICUの「抱っこ専門医」。82歳のおじいちゃんは、愛を育むプロ

生まれて間もない子どもにとって、抱っこされること・人肌に触れることは、ものすごく重要な愛情表現。どれだけ抱っこされていたかで、学習能力や、記憶力に影響が出るという話もあります。

乳幼児期は、母親や父親など特定の大人との間に、愛着関係を形成する時期である。愛情に基づく情緒的な絆による安心感や信頼のなかで、興味・関心の対象を広げ、認知や情緒を発達させていく。(文部科学省

けれど、呼吸のサポートや何らかの治療・ケアが必要な赤ちゃんは、生まれてすぐにお母さんのもとへ行けるわけではありません。

そんな時に82歳のDavid Deutchmanさんは、誰よりも必要とされる人になるのです。

愛情が、こぼれ落ちてしまわないように。

B8b2fcca86da367b1fbb031d0e1d3bd4df25d680

「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。彼は仕事を定年退職したあとに、自分になにか出来ることはないか、とボランティアを希望して、小児専門病院『Children’s Healthcare of Atlanta』を訪れたといいます。

それから、PICU(小児集中治療センター)やNICU(新生児集中治療室)で、いつでも家族と一緒にいられない赤ちゃんのケアをするようになったのです。「赤ちゃんを抱くことと同じくらい、お母さんの気持ちに寄り添うことが大切だ」という彼は、ICUを出たあとも、治療やケアで気を張り続けているお母さんの腕から赤ちゃんを預かり、「ゆっくりご飯を食べておいで」と声をかけてあげるそうです。

55b90cdabbf6b37d5007ff178eb3d4498d9a4ad6

これまで愛情を注いで抱っこしてきた子どもたちは、実に1,000人以上。ときに子守唄を歌いながら、一緒にウトウトしながら、穏やかな時間を過ごしてきました。もちろんお漏らしをしたり、よだれで服が汚れてしまうこともあるけれど、「素晴らしい贈り物だ」と笑うのだそう。

「健康な状態で生まれてこれなかったとしても、人の愛情を浴び続けることで、回復力が高まり、早く退院できるようにもなる」と、ナースのエリザベスさんは言います。

赤ちゃんを抱き、声をかけて微笑むことの専門医であるDavidさんは、この病院に欠かせない、唯一無二の存在なのです。

Licensed material used with permission by Children’s Healthcare of Atlanta, (Facebook)
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...
ロマンチックな恋人の再会場面。まるで恋愛映画のワンシーンのようなこの動画。主役はお年寄りのカップル。そうです、恋愛に年齢なんて関係ありません。余計な解説は...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
92歳のHowardさんと93歳のLauraさん。二人は73年間連れ添った、ベテランカップルです。病気になってしまい先の短い妻Lauraさんを励ますため、...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこ...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
「釣りみたいなものは他にない。釣れなくてもいいんだ。外に出るのはいいことだよ。私はもうすぐガンで死ぬと知っているけれど、行ける限り釣りに出かけたい」。人生...
とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。しか...
この心温まる光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラちゃん。毎日一緒にお昼寝をしている姿をインスタ...
ものすごく大変だと聞く出産ですが、同時に3人だったら母子ともにかなりの負担がかかるはず。だけど、尊い3つの命が無事に誕生した時は、とても誇らしく、何よりも...