【ほっこり】赤ちゃんヤギを「抱きしめて温める」ボランティア

人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミルクをあげる。善意をする側もされる側も、双方がうれしくなれるこのお手伝いに応募が殺到。ですよね〜!

人手不足の牧場の奇策
ボランティアをネットで公募

F36df79025f5b3f1d81bf14242ea6f7f62773184

かわいいヤギの赤ちゃんを抱く女の子。これ、動物園での一幕ではありません。米バージニア州「Caromont Farm」では、ヤギの赤ちゃんを代わりばんこで抱いてくれるボランティアをネットで募集。これに応募が殺到し、わずか数日で3月中頃までの予定は、めでたく定員オーバーとなったそうです。

良質なヤギのミルクから作るシェーブルチーズが牧場の自慢。そのため、120頭を超えるヤギを飼育しているそうです。雌ヤギたちが出産を迎えるのが、毎年2月ごろ。今年も90頭近くの赤ちゃんヤギが産まれる予定だとか。

牧場スタッフだけでは人手不足。赤ちゃんヤギの世話をするため、猫の手も借りたい。それがボランティア募集の意図でした。

赤ちゃんヤギを
みんなで世話しよう!

1099723bdbee896d9614a3ea008d78fb00aad68d

ヤギの赤ちゃんたちは、4時間おきに抱っこしながらミルクを与え、清潔さを保つ必要があるそうです。なかでも大敵なのが、氷点下にまで達するこの時季の寒さ。カラダを冷やさないよう、セーターを着せることもあるようです。かわいい♡

こうした赤ちゃんヤギの身の回りのお世話をするのが、ボランティアの役目。4〜5人のユニットが午前午後と二交代制で世話する予定です。

Bae87248aaf72609708f4647b926cf5e53a09133

あまりの人気ぶりにCaromont Farmは、Facebook上で感謝のコメントを寄せるとともに、追加でボランティア枠を拡大。それでも、「かわいい赤ちゃんヤギのため」とこちらもあっという間に満員御礼となったようです。

市民が牧場に通って、赤ちゃんヤギのためにひと肌脱ぐ。お手伝いする側もされる側もハッピーになれる、素敵なボランティアですね。

Licensed material used with permission by corlaffra
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
この心温まる光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラちゃん。毎日一緒にお昼寝をしている姿をインスタ...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
子守唄は赤ちゃんだけのためではないかも?タイの動物保護施設「Save Elephant Foundation」にいるFaamaiは、飼育スタッフのLekさ...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
「Belly Bowl」は、ドイツのアーティストNadine Schwarkによって作られた石膏製の赤ちゃん用ベッド。なんと、出産前にママのお腹で型をとっ...
インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。I:砂漠が何か関...
米・オハイオ州に住むオリヴィア・ケスラーさんは、出産を間近に控えてきました。ただ、このお話の主人公はオリヴィアさんの弟であり、赤ちゃんにとっては叔父にあた...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
確率5,500万分の1。この数字、一体なにを示したものかわかりますか?実は「五つ子の妊娠確率」なのですが、このたびそんな“生命の奇跡”を経験したのは、オー...
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
今や「コーヒー」のある日常は当たり前。起床後に、はたまた通勤や休憩の時に…などなど、多くのシーンで欠かせない存在となりました。でも、そうやって多くの人の暮...