ゴビ砂漠マラソンで出会った「ランナーと野良犬」が感動のゴール!

ゴビ砂漠で開催されている「Gobi March」は、灼熱の砂漠を250キロメートル走りきる苛酷なレース。

ですが、ある選手のあとをおよそ150キロもついてきた一匹の野良犬がいたんですって!

ゴビ砂漠の苛酷な環境を、
走ってついてきた!?

7f948a80ff7ec8d6f83f5e230a3446797daeeac4
Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

レース初日、どこからか野良犬が現れ、スコットランド人のディオン・レオナルド選手のあとをついてき始めました。2日目の朝にはしっかりとスタートラインに立っていたそう。

「横にいて、見上げてくるんだ。一緒に走る?ってな具合にね。でも、そんなに長くついてくるとは思ってなかった。どこまでついてこれるのかなと考えていた」。

と、「The Washington Post」に語った彼。犬の名前は「ゴビ」に決まり。それから砂漠を並んで37キロメートルもの距離を走っては、テントで身を寄せて一緒に寝るようになりました。他の選手と比べても、彼女の走りは随分慣れたものだったとか。

次第に生まれてくる“情”

7048e8b8968cc7e352c602bbcabc94752f743fc9
Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

「一日中くっついてくるよ」。

と彼。特別なことをしたわけではなかったけれど、不思議なことに、ほかの選手には目もくれません。

3日目には彼女を抱えて、下半身が浸かるくらいの深さがある20メートル近くの川をいくつか渡りました。競技に参加している身としてはそんなことをしている時間はなし。だけれど、その頃には情がわいてしまい、彼女を置いてレースを続けることができなくなっていたと「BBC」に語っています。

もう独りにはさせられない!

85536b8570b8357b2e7ab7a58673b9af1160d560
Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

気温52度にも及ぶ苛酷な環境だったため、途中からは大会主催者の判断でゴビはステージ4と5を離脱、ゴールでレオナルド選手を待つことになりました。

「5日目は、80キロメートルある。熱くて疲労も限界だった。彼女のしっぽを振る姿を見た時は、素晴らしい気分だったね」。

ちなみに、結果は2位。すごい!

B31ed35a0f2c5455700caa591ce00074a6a0aaea
Photo by 4Deserts.com / Omni Cai

大会が終わっても離れ離れになりたくないという思いは変わらず。彼は自国に彼女を連れて帰ることにしました。検査や申請などには6,500ドル(約65万円)もの費用が必要でしたが、興奮の熱冷めやらぬ当日のうちに自身のウイスキーコレクションも売却、クラウドファンディングで資金を募りました。

幸運にも必要以上の金額が集まったため、およそ4ヶ月ほどで彼女は移住できる予定。いまは友人宅に預けられています。余ったお金は動物愛護団体などに寄付されるそう。

NZ Herald」によると、レオナルド選手の奥さんはちょっと心配してるみたい。自宅で飼っている猫たちと彼女が、いい姉妹関係を築けるかどうかが心配なんだとか。なんとも微笑ましい悩みです。

移住する頃にはちょうどクリスマス。また一緒に新生活のスタートを切るまで、もう少しだけの辛抱ですね。

22231de35a25c7d36d79d5d1a0fa845125596f77
Photo by 4Deserts.com / Omni Cai
Top Photo by 4Deserts.com / Omni Cai
Licensed material used with permission by Bring Gobi Home, (Facebook)
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
米アラバマ州で開催されたエルクモント・ハーフマラソン。そのスタート直後、どこからともなく一匹の犬がランナーの隊列に並走し始めました。団子状態の先行集団が坂...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
ロサンゼルスにこんなに可愛いワンちゃんがいるのをご存知でしょうか。今すぐ、インスタグラムで『Popeye The Foodie Dog』と検索してみてくだ...
旅先での出会いは、人生における貴重な体験であり、旅する醍醐味のひとつ。現地の人のやさしさにふれることができたのなら、それだけで旅は「最高の思い出」になる。...
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバー「スマイリー」の写真に世界中がメロメロ!現在は心の病...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
変わり種のハンモック『パナマバナナ』を制作したのは、リトアニア在住のアゴタ・リムサイトさん。ヴィリニュス芸術アカデミーで、インダストリアルデザインを学ぶ生...
ライターのRebecca Endicottが、インターネット上で話題となっているポエムを「Little Things」で紹介しています。それは、犬から学ん...