使われなくなった「鍵」が、命を吹き返した瞬間

捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMichelさんが、まさにその人。見向きもされなくなった古いメタルを再利用して、アンティーク感漂う金属彫刻に変えてしまうアーティストだ。

使われなくなった鍵が
命を吹き返す

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-1

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-2

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-4

「いつだったか、物置を片付けていたら、リフォームする前の古い銅管がたくさん出てきたんだ。それをリング状に何本もカットして、球体をつくってみた。最初はデコボコでいびつだったのが、コツを掴んだらどんどん、面白くなってきて」

いらなくなった鍵や銅線をかたっぱしから集めてきては、作品づくりに没頭していったと語るMichelさん。
じつは彼、30年前にはんだ制作のクラスに一度だけ参加したくらいで、あとはほぼ独学だとか。YouTubeではんだ付けの動画を何度も繰り返し観て技術を身につけていった。と、デザイン系サイト「DeMilked」は彼を紹介している。

捨てられるモノを
少しでも活かしたい

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-3

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-13

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-11

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-5

「人が不要と感じるものをゴミにしたくない」と語るMichelさん。捨てるモノを少しでも減らしたいと願う彼の気持ちは、本業である木材加工業を通して森の中に分け入り、自然とつねに向き合っている彼の本音だろう。

Etsyで購入もできる!

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-7

サイズ100センチを超える、女体オブジェ。鍵を曲げて組み合わせただけとは思えないくらい、細部までディテールがよく出た作品。他にも重さ2キロもある大皿や、フットボール、王冠のオブジェなど、メタルアートは多種多様。

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-10

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-9

現在、Michelさんの作品は、ハンドメイドクラフト専門ECサイト「Etsy」にて購入が可能。彼の作品に惚れ込み、オーストラリアだけでなく、アメリカ、スイス、カナダ、香港、イギリスと世界各国から注文が入り、本業の木材加工業が休みになる週末をフル回転して、制作にあたっているんだそう。これにはMichelさんも「嬉しい悲鳴」。氏のFacebookでは、制作の工程を見ることも。

 Reference:DeMilked
Licensed material used with permission by Moerkey

鍵は夢のなかで、精神世界の扉を開ける道具として現れます!では、細かくはどんな意味が含まれているのでしょう?<鍵の扱いに要注目>秘密や心の扉を開けるものを暗...
北ロンドンのストーク・ニューイントンにある小さな工房「Belleby & Co.Globemakers」。ここは、完全ハンドメイドで地球儀を製作す...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
料理に、アウトドアに、DIYに、ガーデニングにと、仕事と趣味を両立させながら人生を楽しむ男たちは増えている。ところが、彼らのこだわりの場面において、不思議...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。でも、その根底にある...