なぜ、365日アボカドを食べるべきなのか?米医学博士が語る「4つの理由」

アボカドの高い栄養価は、もはや誰も疑いようのないところ。だけど、「体にいいから食べる」なんて漠然とした効果を期待しているだけではありませんか?

医学博士のFrank Lipman氏が、栄養学の観点からアボカドの驚異的なパワーを「mindbodygreen」で丁寧に解説しています。メリットが明確になれば、ありがたみも倍増するはず。

01.
食べても太りにくい!
満腹感を持続させる

shutterstock_93423109eateverydayabocado150914091

はじめに、カリフォルニア州ロマリンダ大学の公衆衛生学部で実施された研究データを紹介します。彼らの調査では、アボカドを含んだ食事をすると、アボカド抜きの食事よりも満腹感が持続することが判明。腹持ちがよく、間食を控えるのにも、日々の食卓にアボカドを取り入れることが効果的と言える結果だそうです。

そもそも、アボカドに含まれる不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにする善玉コレステロール(HDL)を増やしてくれる、いわゆる“体にいい脂肪”。さらには、豊富な食物繊維もアボカドの代名詞。適度に食欲を抑えてくれるのも女性に人気の秘訣でしょうね。

02.
アミノ酸18+ミネラル 分14+α
栄養素の宝庫

shutterstock_198829880eateverydayabocado15091401-04

アボカドには、健康を維持するための栄養素がたくさん含まれています。

不飽和脂肪酸だけでなく、カルシウムや亜鉛をはじめとする18種類の必須アミノ酸。さらには、14種類以上のミネラルも。これほどの栄養素がつまった果物は他にありません。ざっと書き出してみてもポリフェノール、カロテノイド、オメガ3脂肪酸、ビタミンB、C、E、K…これ以外にもまだまだ!

03.
カラダと脳が同時に
疲労回復できる

shutterstock_151856369eateverydayabocado150914-000456

では、実際に栄養素がどのように体に機能するのか?

脳を活性化させるうえで必要となる栄養素が豊富なアボカド。食べ続けることで、持続的にその成分を脳へと供給していきます。

また、心臓病やがん、肥満のリスクからあなたの体を守るのに適した栄養素もたっぷり。アボカドに含まれる栄養やHDL、食物繊維などが、自然に悪玉コレステロールを低下させ、血糖を整えたり、体と脳の疲労を回復する働きを期待したくなるのも分かります。これこそが、スーパーフードと呼ばれるゆえんなのかも。

04.
“命をも救う食材”
と医者に言わせるほどの
アボカドパワー

shutterstock_146681096eateverydayabocado150914-006

アボカドは、健康に欠かせない“命をも救う食材”である、という意見も。

これ、決して大げさなことではありませんよ。現に研究では、アボカドを摂取することが、がん予防につながる可能性を示唆しているのですから。

これを実証させる効果は、オレンジやいちご、人参など、赤い色素の果物や野菜に含まれる成分、カロチンがアボカドにも含まれていて、抗酸化作用で体への吸収を促進してくれるから、というのがアボカドの効果を信じる医学者たちの考え方。


 

アボカドはアレンジ自在!
代用メニューで健康UP

shutterstock_276056504eateverydayabocado150914--07

こんなかんじに、医者も太鼓判を押すアボカドパワー。乳成分を一切含まないのに、クリーミーな食感がなんといっても特徴ですよね。他の食材との相性もバッチリだから、毎日の食卓に取り入れて、アレンジ料理も楽しめます。

例えば、こちらアボカド好きのコミュニティーサイト「Hass Avocado」では、バターやマーガリン、サワークリームに代えて、「ペーストにしたアボカド」をパンに塗ったり、サンドイッチに代用することで、カロリー半減、脂肪は1/3以下、コレステロール値が0になるヘルシーレシピをデータ(米国農務省国立栄養データベース)とともに紹介しています。

サラダだけでなく、ディップ、ペースト、スムージー。アレンジ次第で毎日の食卓にちょっとずつ、アボカドを取り入れていきたいですね。

Reference:Hass Avocado
Licensed material used with permission by mindbodygreen

オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
栄養価の高い人気者として、完全に市民権を得た“森のバター”ことアボカド。「FOODMATTERS」には、すでに広く知られているものから「そうだったの!?」...
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
「父の日」「プレゼント」と検索を入れると、関連ワードには「人気」や「定番」、これと並んで上位に来るのが「健康グッズ」です。世のお父さんたちのカラダを心配し...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
「めちゃくちゃ簡単すぎて嘘だと思った。でも、試してみたら1分もかからずノックアウト。いつの間にか寝落ちしてた…」ホントなの?と思ってしまっても仕方がないほ...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
Curtis Wiklundさんのスケッチは、妻Jordinさんと過ごす普段の何気ない生活を描いたもの。しかし、ここで取り上げるには“ある理由”があります...