「刃がない」レーザー式カミソリに、4億円以上の出資が集まった!

男性の朝の日課。それはシェイビングクリームをつけて、髭を剃ること。剃り残しをなくすため、何度も剃ることでカミソリ負けした人も多いはず…。
そんな悩みとは無縁のカミソリが、Skarp Technologiesが開発している次世代のカミソリ「Skarp Razor」です。

レーザーで毛を剃る
刃のない未来型カミソリ

th_スクリーンショット 2015-10-08 15.59.10これはカミソリ刃で剃るのではなく、なんとレーザー光で毛を剃るという画期的なもの。th_スクリーンショット 2015-10-08 16.13.35創業者のMorgan Gustavsson氏は、30年以上も医療用の脱毛レーザーを研究してきた人物。彼が、普段は医療用として使われているレーザーをカミソリに応用したのです。

th_スクリーンショット 2015-10-08 15.58.52このSkarp Razorの使い方は、至ってシンプル。水や特別なクリームは必要なく、剃りたい部分にカミソリをあてるだけ。
するとレーザーが毛の色を判断し、その部分だけをカットする仕組み。ヘッドの赤くなっている箇所からレーザーがでます。

髭だけではなく、脇や足の毛を剃ることも可能。老若男女どんな人にも使えます。

th_スクリーンショット 2015-10-08 16.11.52使用後の肌荒れに悩んでいた人や、刃を買い換えるのが面倒だと思っていた人は必見のアイテムではないでしょうか?

5,000年変わらなかったものに
変革を起こす

さらにこの未来型カミソリは、環境にやさしいというメリットも。アメリカで年間約20億個も廃棄されている使い捨てカミソリを減らす可能性が。さらに水を使わないため、節水にもなります。

th_スクリーンショット 2015-10-08 16.08.52Skarp Razorは現在、Kickstarterで出資を募っているところ。募集してわずか48時間で、目標金額をクリア。今ではなんと3万7千ドル(約4億4千万円)もの資金を集めるほどに。
創業メンバーの一人は、次のように語ります。

5,000年も同じカミソリを使ってきたんだ。そろそろ新しいテクノロジーが必要なはず。安くて早く剃れる上に、環境にまで優しいカミソリを買わない手はないだろう?

th_スクリーンショット 2015-10-08 16.39.21価格は1個あたり189米ドル〜(約22,000円)。出資は10月19日まで受け付けているそうです。興味のある方は、Kickstarterから事前予約してみては?

Licensed material used with permission by Skarp Technologies

身近なもののサビ落としに使われるものといえば、酸性の洗剤や歯磨きをはじめライフハック的な方法が、ウェブでは数多紹介されている。だが、ガンコななんてレベルで...
地球上で最も人間を多く殺す、世界一危険な生物として認識されているのが何を隠そう「蚊」なのだ。人間の開発する対策技術も飛躍的に向上するのは必然と言える。ここ...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
Kickstarterに登場する商品は、とにかく幅が広い。なかには「これ誰が欲しがるの?」と思えるハテナグッズまで登場するのもクラウドファウンディングなら...
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
赤外線レーザーで距離を実測するアイテムはいくつかあれど、製造業や、土木・建築業で活躍する、いわゆる職人のツール止まり。というのも、そのほとんどが一直線に伸...
DIYが人気の昨今では、天井高など部屋の寸法を測る機会も増えたことでしょう。他にも、引越し時や模様替えで窓やドアの測定をすることもありますよね。そうしたシ...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...
ポートランドの街を歩けばしょっちゅう目にするのが、豊かなヒゲを蓄えた男たち。あのヒゲ、手入れはしているのか?それとも伸ばしっ放しなのか? 今回は、全米で2...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
「Kickstarter」でクラウドファンディングを開始してから、たかだか1日半で目標金額の10倍の調達に成功。これまでに多くのアイテムを記事化してきまし...
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
サウサンプトン大学にある電子工学調査センター(ORC)が、新しくクリスタル製のデータストレージを開発しました。そのスペックが高すぎると話題になっています。...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...