【悲報】働きアリの約97%が怠け者だった

アリといえば働き者の代名詞。ですが、どうやら事実とはちょっと違っているようです。アメリカ科学振興協会(AAAS)に紹介されたある調査結果によれば、ほとんどのアリが"何もしていなかった"のだとか。さらに、その他にも知られざる習性がいくつもあるようです。

01.
働き者のアリは
全体のわずか"2.6%"

Medium 66349fdaf4a252d970246a2f36896786e10345d6

行動生態学と社会生物学の研究者が、ペイントを施したアリをカメラで追跡。2週間にわたって彼らの行動を追いました。すると、71.9%ものアリが全体の半分くらいしか働いておらず、25.1%についてはまったく働いてなかったのだとか。

これまでにも働かないアリの存在は確認されており、シフト制で働いている可能性が考えられ、一時的なものであるとの見解がありました。もちろんさらなる調査が必要ではありますが、一説では71.9%のアリが働くには幼すぎるか、もしくは老いすぎているとの仮説もあるようです。それにしても、働き者がたったの"2.6%"しかいないだなんてびっくり!

02.
アリや蜂には
上司がいない

Medium a791f32e2edbc6ff7c368effb6fa8d1fcf7db1d3

アリや蜂は社会性のある昆虫として知られています。その生態が人間に例えられることもよくありますが、彼らには労働者に命令や指示を下す上司がいないのだそう。女王がいるからといって、働かされているわけではないんですね。

生物学者Deborah M. Gordon氏は、こうコメントしています。

「アリや蜂にはボスがいません。『おい!巣の修理が緊急で必要だから、食料を集めるのをやめてこっちを手伝え!』なんてマネージャーはいないんです」

彼女のコメントが掲載されているスタンフォード大学の論文によれば、働くアリにはそれぞれに役割があります。が、必要に応じて人員が足りていないタスクを自発的に手伝う習性があり、臨機応変なのだとか。そのため、一部では働かないアリも"不測の事態"には動き出すと考えられており「余力」として重要な役割を担っているとの見解もあります。

03.
個人行動の連鎖で
コロニー全体が運営される

Medium e9f1b36a9e6e7f386444b889da838fc10dd63f60

2014年、彼女はTEDのスピーチでアリ社会の仕組みを説明しています。指示されていないのにどうやって全体のタスクを判断しているのか気になります。実はとてもシンプルで、他の個体と挨拶した時に何をすればいいのかを判断しているようです。

アリは嗅覚や触覚で相手の行動を知ることができます。挨拶だけで何がわかるの?とも思いますが、複雑なコミュニケーションは一切なし。仲間の"仕事内容"と"出会う頻度"で物事を判断し、その相互作用がコロニー全体の行動として現れるそう。しかも、それだけで運営コストや収穫物のバランスが調整されている(暑い時は働かないなど)というから驚きます。

彼女は「生態学はまだ若い分野なので、まだまだわかっていないこともたくさんある」とコメントしており、もちろん種類や生息地によっても行動は千差万別。ですが、とても興味深い生態だとは思いませんか?


「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
多くのボクシングファンから“史上最強のボクサー”として賞賛されたモハメド・アリが6月3日、享年74歳で逝去。アスリートとしてだけではなく、人種差別や戦争と...
体が休んでいる間も、脳と潜在意識は「夢」を介して私たちに働きかけています。シカゴの心理療法士Jeffrey Sumber氏の言葉を借りれば、潜在意識の側か...
スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもあります...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由に...
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小...
何とも不思議な話に聞こえるかもしれない。全ての建造物には「肖像権」がある。しかし、ほとんどの場合、50年以上経過したお城などの古い建物の権利というのは消滅...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
現代では、女性の方が恋愛にも積極的で、愛情表現もストレートです。かたや男性はというと、どこか自分の気持ちを真っすぐに伝えることが奥手の人も多いよう。下手を...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
2014年2月14日。記録的な大雪に見舞われた関東地方では、いたるところで交通機関がマヒ。ここ群馬県のある国道も、ご覧のように最悪の道路状況となっていまし...
米・アクイナス大学のマクロ経済学教授は、“もし講義中にスマホが鳴ったらスピーカーにして皆に聴こえるようにして通話しなければいけない”という決まりを作ってい...
天然成分だけを用いた虫よけグッズが、セレクトショップの結構“いい位置”を占有する。「カラダにも環境にもやさしい」が、もはや単なるトレンドではなく着実に生活...