【衝撃映像】スマホが鳴ったとたん、アリたちがまさかの行動に・・・

いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回り始めた!

催眠にかかったアリ
音に合わせて回遊する

YouTubeの紹介文によると、動画の制作者は約300匹のアリの真ん中にスマホを置いて見たところ、電話が鳴った瞬間、一斉に回り出したんだそう。
しかし、ナゼに左回り??さらに、他のアリたちが一斉に同じ方向に回るなか、ただ1匹だけ、勇敢にも鳴り続けるスマホの上によじ登り、「我関せず」とばかりに行動するアリがいる。これまた不思議。まさか、“黒電話の着信音”だけに反応するとか?

不思議なアリの生態系
意見もまっぷたつ

このアリたちの謎の行動を「Tech Insider」は、専門家の意見とともに分析する

「アリは自分の位置情報を把握するために、磁気を感じ取って動いているんです。長い距離を移動するときの手がかりとしているのも、この磁気のおかげ」

どうやら、スマホの作動でこの「アンテナ作用が撹乱されたのではないか」。こう仮定するのは、オーストラリア・ニューイングランド大学の生物学者Nigel Andrew氏。
しかし、一方ではこんな声も。同じく豪州ジェームズクック大学のSimon Robson博士は、「磁気の乱れ」というAndrew氏の意見に否定的。

「スマホのバイブ機能がアリたちに何らかの影響を与えたことは事実かもしれません。しかし…」

アリの生態をよく知る研究者の目線で動画を見れば、これが「CG加工されたもののような気がしてならない」と「Daily Mail Online」には、映像に疑念をよせるも。当のYouTube動画へのコメント欄にも「デジタルレンダリング(色や陰影をつけて補正すること)の跡がみえる」と、これが意図的に作られたものだと唱える意見も飛び出す始末。

その真贋はいまだ不明だが、これもまさしくミステリー・サークルと呼べるのでは?

Reference:Tech Insider , Daily Mail Online
Licensed material used with permission by ViralVideoLab

アリといえば働き者の代名詞。ですが、どうやら事実とはちょっと違っているようです。アメリカ科学振興協会(AAAS)に紹介されたある調査結果によれば、ほとんど...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
ニュージーランドのテ・ウレウェラ国立公園内でハイキングをしていた4人のフランス人観光客。彼らが公園内のつり橋を渡る時に撮影した動画が、大きな反響を呼んでい...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
今回は、かなり心が震える映像をご紹介。なんと、世界で初めて富士山の頂をドローンで捉えた4K動画があるというのです。空撮されたのは、これまでにほとんどの人が...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
処方箋として受け取っているカプセルや錠剤って、飲み込んだあとどうなるの?そんな疑問を浮かべる人が多いのかどうかはわかりませんが、状況を再現して高解像度でマ...
氷河が割れゆく瞬間を捉えたこの貴重な映像は、過去撮影された氷河の分離のなかで、最も巨大なものとして2016年ギネス記録にも認定されました。わずか75分間の...
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
多くのボクシングファンから“史上最強のボクサー”として賞賛されたモハメド・アリが6月3日、享年74歳で逝去。アスリートとしてだけではなく、人種差別や戦争と...