【衝撃映像】スマホが鳴ったとたん、アリたちがまさかの行動に・・・

いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回り始めた!

催眠にかかったアリ
音に合わせて回遊する

YouTubeの紹介文によると、動画の制作者は約300匹のアリの真ん中にスマホを置いて見たところ、電話が鳴った瞬間、一斉に回り出したんだそう。
しかし、ナゼに左回り??さらに、他のアリたちが一斉に同じ方向に回るなか、ただ1匹だけ、勇敢にも鳴り続けるスマホの上によじ登り、「我関せず」とばかりに行動するアリがいる。これまた不思議。まさか、“黒電話の着信音”だけに反応するとか?

不思議なアリの生態系
意見もまっぷたつ

このアリたちの謎の行動を「Tech Insider」は、専門家の意見とともに分析する

「アリは自分の位置情報を把握するために、磁気を感じ取って動いているんです。長い距離を移動するときの手がかりとしているのも、この磁気のおかげ」

どうやら、スマホの作動でこの「アンテナ作用が撹乱されたのではないか」。こう仮定するのは、オーストラリア・ニューイングランド大学の生物学者Nigel Andrew氏。
しかし、一方ではこんな声も。同じく豪州ジェームズクック大学のSimon Robson博士は、「磁気の乱れ」というAndrew氏の意見に否定的。

「スマホのバイブ機能がアリたちに何らかの影響を与えたことは事実かもしれません。しかし…」

アリの生態をよく知る研究者の目線で動画を見れば、これが「CG加工されたもののような気がしてならない」と「Daily Mail Online」には、映像に疑念をよせるも。当のYouTube動画へのコメント欄にも「デジタルレンダリング(色や陰影をつけて補正すること)の跡がみえる」と、これが意図的に作られたものだと唱える意見も飛び出す始末。

その真贋はいまだ不明だが、これもまさしくミステリー・サークルと呼べるのでは?

Reference:Tech Insider , Daily Mail Online
Licensed material used with permission by ViralVideoLab

アリといえば働き者の代名詞。ですが、どうやら事実とはちょっと違っているようです。アメリカ科学振興協会(AAAS)に紹介されたある調査結果によれば、ほとんど...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
多くのボクシングファンから“史上最強のボクサー”として賞賛されたモハメド・アリが6月3日、享年74歳で逝去。アスリートとしてだけではなく、人種差別や戦争と...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
米・アクイナス大学のマクロ経済学教授は、“もし講義中にスマホが鳴ったらスピーカーにして皆に聴こえるようにして通話しなければいけない”という決まりを作ってい...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
体が休んでいる間も、脳と潜在意識は「夢」を介して私たちに働きかけています。シカゴの心理療法士Jeffrey Sumber氏の言葉を借りれば、潜在意識の側か...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...