【衝撃映像】子犬を使って、子どもをあっという間に誘拐する瞬間

過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲しい内容です。

子供を誘い出すことが
どれだけ簡単か

スクリーンショット 2015-09-14 11.27.39

仕掛け人の男性Joyは、愛犬ドーナッツ(実は、結果的にこの名前に決定)を連れて、公園で遊んでいる子どもたちに近づいていきます。会話はこんなやり取り。

Joy:「やあ、見てごらん。可愛い子犬だろ?何て名前だと思う?」少女:「かわい〜!うーん…ダンキンかなぁ?」Joy:「惜しいな〜、ドーナッツって言うんだ。子犬好きかい?他にもいっぱい子犬がいるよ、見せてあげよっか?」少女:「ほんと!?見せて見せて」

少女の手をとり公園の外へと向かうJoy。ごらんの通り、簡単に子どもを連れ去ることができてしまいました。

「うちの子に限って…」
は、通用しない

スクリーンショット 2015-09-14 11.27.02

実は、それぞれの子どもの元へと向かう前、仕掛け人は母親たちに、この社会実験の説明をしています。
「もしも、自分が子どもに話しかけたら、話に乗ってくれるか?それともあなたの元へと逃げてくるか?」
母親たちは、Joyが話しかけてきても誘いには乗らず、自分の元へと戻って来ると考えていました。「知らない人についていっちゃダメ」日頃から、そう言い聞かせていると、どの親も自信があったから。ところが、結果はご覧のとおり。

「この結果に僕も驚いたけど、本当にショックだったのは、親だよね。もともとは、誘拐を題材にちょっとしたいたずらコンテンツのつもりだったんだけどね。この結果を受けて、すべての親に見てもらいたいと思っているんだ」

子犬を口実にすれば、簡単に誘拐が成立してしまう事実を証明して見せたJoy。「この動画を活かして子どもたちへの再教育を」と、米3大ネットワークがすぐさま呼びかける様子を、NYローカルニュースメディア「SILive.com」が伝えています。

「一日に約700人の子どもたちが誘拐され、その数は年間、およそ25万人にも及ぶ」と動画は最後に説明しています。
「うちの子に限って…」きっと、この実験に登場したパパママも、そう思っていたに違いありません。

Reference:SILive.com
Licensed material used with permission by Joeysalads

SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
人間は、自分自身を過小評価する傾向にあるとか。けれども、それは周りからの評価とは多分に異なります。それが最愛の人からの場合は尚更。「A Plus」が実施し...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
アメリカである過激な社会実験が行われました。「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画です。冗談にしても少々、度が...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
僕自身も痛感していることなのだけれど、いくら座学したところで、“生きた英語”の習得には結びつきづらい。日常で使い続けてはじめて、本物の英語力が手に入るとい...
TV番組のオーディションに集まった、数組の親子たち。じつは、この企画には、ある秘密が隠されていました。オーディションで親たちに投げかけられた4つの質問子ど...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...