【衝撃映像】SNSを使えば、少女の「誘拐」はこんなにも簡単です

ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。

ここで紹介する実験動画は、SNSを使って少女を誘拐することがいかに簡単かを示したもの。どんな手口で少女を誘い出すのか? 10代のユーザーはもちろん、年頃の子を持つ親世代にも見てもらいたい。

簡単すぎる!
少女誘拐の手口

【実験1】
SNSで少女を公園に
呼び出すことができるか?

実験を主導するのはこの男性。まずは、Facebookで偽アカウントを作り、ランダムに検索した女性にフレンドリクエストとメッセージを送る。

Medium 1d96d8f9c09a2b818f162514e91abef600473bac

対象は10代前半の少女。偽アカウントの画像として選んでいるのも、同じ年頃に見える爽やかな少年だ。もちろん顔も名前も全て偽物。

だが、この見知らぬ少年からのリクエストに対する少女たちの危機感は薄い。

Medium 099ba8ea49f232e0bed0e92e244e617fe993598cMedium 4d6773e67b729c8aa9c340dee7bc9509b4664fef

偽アカウント「ハーイ、ミカエラ」

少女「あの、どこかで会ったことあったっけ?」

Medium 6ba74e6d2ab3a8214e66fe913e4d7e59ffb8ff27Medium 1b9c90fa83acf7fc519948f298ef6dc150022bb3

偽アカウント「最近、フロリダからこの街に引っ越してきたんだよね」

少女「へぇ、いいね」

偽アカウント「友達が欲しくてさ」

かなり適当なやり方に思えるかもしれないが、結局少女は、この見知らぬアカウントの人物とSNS上で友達になる。

さらにコミュニケーションを進めていくと、直接会おうという話に。少女は家族の目を盗み、少年に会うために待ち合わせ場所へと向かう。

Medium 6aefb16e1d8326585675f0ac1103eb3ad5e9d01c

少女「今、親が家を出たから10分後に行くね」

見知らぬ男性と合う約束を
少女はあっさりとOKする

Medium 2467d015b799c69ef00f7d1906223bad923c8861

連絡を受けてすぐ、待ち合わせの公園にカメラが設置された。10分後、現場に少女が現れる。そして、少年と挨拶を交わすと…。

Medium e2b281738bfc86b1ed5f903cf7019299ca529145Medium 81820382825d5262e0a4a540d61549fc92d6c977

「何やってんだ!」

Medium 025185856ddb19690f0cb51de199fdf1e750355f

そこに現れたのは少女のお父さん。実験の内容を聞いた上で、彼女を見守っていたわけだ。少女は動揺しながらも、自らの軽率な行動がどんな事態を招くのか説明を受ける。

アカウントの画像とは全く見た目の違う男性。インターネットの情報の不確かさ。最悪を想定すれば、そのまま誘拐されてしまうことだってあり得た。

しかし、彼女はまだ幼い。お父さんもその場で責めることはせず、「後で話そう」と肩に手をまわす。

Medium 5b605149ff7cc9c41a0d73ab8a57f2ed4d49870dMedium 4c69e02e5661fc9ca19a80d8dfc55de39684dd5dMedium 5883ad907d6f3a6472257f3749b74171d8b6384c

【実験2】
少女の自宅へ
入ることができるか?

次に別の少女との約束を得る。今度は彼女の自宅へと向かう。

少女「これが最後のメールね、父親が寝るまで待って」

彼女の父親は、メッセージを見ながらこうコメントしている。

父親「ドアを開けるわけがない…いや開けて欲しくないというのが正直なところだよ」

しかし、彼女はいとも簡単に見知らぬ男性へと自宅の住所を送信してしまう。

Medium 2846bc8dbb192bb9531190e20c215b38121d6e34Medium 30817dde0278ee0eb87edbb5de9e0c4ff5548937

そして自宅へ

結果は、案の定言わずもがなだ。

Medium 5af50040dc95436f9a5f8eb1211a7984d25e7df2

「何やってんだ!お前はまだ12歳なんだぞ!」

Medium 14b41f2ce2a8d6b15e16b6cc7fc0bcb0f76ff049

父親はそう叫んだ後、彼女にこう伝える。言葉に込めた感情が動画からも伝わってくる。

「レイプされるかもしれない!殺されることだってある!何かあったら俺はどうすればいいんだ!?愛してるんだ!だからもう2度とこんなことするな!」

Medium 72b63bf070b8037b901016816eda0b3ce4ac8c1f

【実験3】
少女は真夜中に
見知らぬ車に乗り込むか?

3人目の実験では、少女を真夜中のドライブに誘う。大きなバンの車内には両親がスタンバイ。例の如く、メッセージのやり取りのみで待ち合わせをするが、結果はこれまでと同じ。

Medium fd5c7b479eff0f91e534b65ef51b94d2f0b34ccbMedium c826e407cbd0f792674d8fdbd85dc5b6eaed3489Medium 0b7efa162e536af6aeaecc787d38698f9fed1e6e

少女「ドアを開けてもらえる?」

そして車内へ入ると…!

Medium cf7d0c8abcc7bdd93d72edb08115391949d1b5ed

少女「キャー!!!!!!」

Medium b83127babe49c0f8a6cf80157b5c483552c2593b

相手は3人もいる。ドアも満足に開かない。さらに真夜中だ、通りには人もいない。これが本当に悪意のある犯行だったとしたら…。

車内の正確な様子は外から見ただけではわからない。怪しい車でさえ、少女たちは簡単に車内へと乗り込んでしまうのだ。

動画は「Coby Persin」氏によるもの。世界中の人々へ向けて注意・警戒を呼びかけている。

Licensed material used with permission by Coby Persin

SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。ここで紹介す...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
骨の成長を阻む病(モルキオ症候群)を抱え、四肢が細く低身長のBellaちゃん11歳。松葉杖を使って歩くこともままならなかった少女が、あるキッカケで再び自分...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
これは、イリノイ州に暮らす3歳の女の子ブルックリンちゃんと、ゴミ収集作業員(ドプソンさん)とのハートウォーミングなストーリー。この小さな恋のものがたりは、...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...