眠っている潜在能力を引き出して、思い通りの人生を送る「4つの方法」

脳の90%は無意識、潜在意識という、自分自身で気づいていないものを司っています。感情や思考など、自分で気づける「意識」を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。

だから潜在意識の動きを理解し、上手に働きかければ、本当に望んでいるような世界を生きることができます。『無意識はいつも正しい』から、その方法を4つ紹介しましょう。

01.
思い込みでガチガチになっている
ということを知る

342572120

例えば探し物をしている時、あなたの視界に入っているはずなのに、気づかないことがあります。ないない、と思っているから、目に入っても気づかないのです。

また、旦那さんがいつになく薔薇の花を1輪買って帰ってきた時に、あなたは「何かやましいことでもあるんじゃないか」と疑ったとします。一度疑いが芽生えると、旦那さんが「結婚記念日前だから」と言ったとしても、あなたの心の疑いは消えません。それどころか、一挙手一投足が怪しく見えてくるでしょう。

意識が無意識に働きかけ、見えるはずのものが見えなくなる。他の可能性があっても見えなくなる。無意識にはこういった特徴があります。

そこから抜け出すためには、自分の中にたくさんの思い込みが存在していると意識すること。まずは、自分が思い込みで凝り固まっていることを知ってください。

02.
人やものや出来事を
裁く思考が出てきたら
ジャッジしないでみる

224822239

僕が「ノージャッジ!メソッド」と呼んでいる方法です。人やものや出来事を裁く思考が出てくるたびに「ノージャッジ!」と言葉にするのです。外出時などで声を出せない場合は、頭の中で言います。

例えば「あの部長の発言、今思い出してもムカつく!……ノージャッジ!」とか「昨日、あんなことを言わなければよかったなあ……ノージャッジ!」といった具合に、善悪で批判し、裁き、非難することをやめてみるのです。

ジャッジを少しだけやめてみると、いろいろなことに気づけます。部長の発言の別の意味に気付けるかもしれないし、自分の発言のよかった点に気付くかもしれません。

あなたがダメだと思っていることが、相手にとっても同じなわけではありません。いろいろな角度から考えたり、解釈したりすることで「思い込み」の呪縛をといてみましょう。

03.
体の緩め、眉間を意識し、
願望を叶えることを
自分に許可する

95286868

僕が「ゆるゆる(許可する)メソッド」と呼んでいる方法です。6つのステップで行います。

①鏡の前に立つ②首をすくめて肩をあげ、全身にも顔にもギューっと力を入れる。3秒ほど力を入れたら肩を一気にストンと落として全身や顔の力を抜き、手をぶらぶらさせる。これを3回繰り返す。③海の中で漂う海藻をイメージして体を左右に3往復ほどゆっくり揺らす。④体を静止させて鏡に映る自分の眉間を見つめ、左手の人差し指を眉間に置く。⑤眉間に置いた人差し指を見つめたまま、声に出して「ゆるます。ゆるます。◯◯であることを許可する」と、自分の願望達成を許可する。◯◯は短い言葉でいうのがポイント。⑦7日間続けてみる。

人が一番力を発揮できるのは、リラックスをしている時です。リラックスの状態を作り出すために、体に力を入れてから抜きます。そして、自分の体と心に願望達成を許可することで、潜在意識に働きかけます。

眉間に意識を集中するのも意味があります。眉間にはA-10神経と呼ばれる喜怒哀楽などの感情を司る精神系の神経があります。ここを意識することで、緊張が解け安心した気持ちになります。

04.
思い通りになっていないことを
疑ってみる

325901639

僕たちは思い通りにならない現実をみると「ほら、やっぱりね」と言ってしまいます。ということは、無意識のうちに「思い通りにならないのが当たり前だ」と信じていることになります。その状況を反転させましょう。

「疑う」ということは、潜在意識的には逆に何かを「信じている」ということです。このことを使って、僕が「うたがうメソッド」と呼んでいる方法で潜在意識に働きかけましょう。

方法は簡単。まず、自分の思い通りになっていない現状を思い浮かべます。次に、本来なら思い通りになっていないとおかしいはずなのに、そうなっていないことに疑問を持って、「おかしくない?」と声に出します。そして、「本当は自分の思い通りになるのが当然」と認識します。すると、自然に「じゃあ、なぜ思い通りにならないのか」と、解決へ向けての第一歩が踏み出せます。

あなたがやるべきことは、どんな思い込みを自分が持っているのかを意識し、自分の思い通りになる方向に意識を向けること。それだけで、あとは潜在意識が自分の本当の力を発揮できるようにしむけてくれますよ。

無意識はいつも正しい
コンテンツ提供元:ワニブックス

クスドフトシ/Futoshi Kusudo

20代の頃、うつ状態になり、家に引きこもって死にたいとさえ思うようになる。そんな自分を卒業するために、無意識(潜在意識)やあらゆる思考法を実践。そのなかで「心」と「体」両方からアプローチすることで、人生を好転させる独自のメソッドを開発する。2012年、ブログ『世界はキミのためにある!』を開設し、読者を巻き込んでたくさんの人を幸せにするための記事を公開中。全国にてトークショーも行っている。

人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「今日こそアレに取りかかろう」「コレは絶対終わらせよう」。そうやって意気込んでみたはいいものの、思うようにはかどらない日がある。やる気はあるからこそ、どう...
人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
イチローが前人未到の境地に達したのは、彼が生まれもってアスリートとしての能力を持ち合わせていたからではありません。彼に才能があるとすれば「自らの能力を活か...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...
お金は心の余裕、というようなことをよく聞くけれど、こと「旅」に関しては必ずしもそれは当てはまらない。旅好きの冒険心は、衝動だけも十分な動機になり得る。あな...
最近はさまざまなエクササイズがありますが、ヨガは毎日のルーティンに取り入れることで、人生のあらゆることを学ぶことできます。女性ライターのMeredith ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...