「無意識」をうまく利用して、自分に自信をつける5つの秘訣

人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』から、身体に刺激を与えることで無意識に働きかけ、自信を持つ方法を4つ紹介しましょう。

01.
鏡で自分の顔を見ながら、
口角を2ミリあげる

74f4cd05e7596d8e3fb1046eebd29e49f5cb3251

笑顔は、自信を持つために大切なもの。ただ笑顔を作るだけで余計な力が抜けて、脳内のα派というリラックス状態(余裕のある状態)を作る脳波が出てくるのだそう。極端な話、口角をたった2ミリあげるだけでもいいとも言われています。それだけで、脳が「あ、今はリラックス状態なのだ」と認識してくれるのです。

人前で話す時に口角を2ミリ上げておけば、周りからは、落着きや余裕があって、すべてを包み込んでくれるような人に見えます。相手も怖がらず、自信が生まれるかもしれません。

02.
肩より上の位置で
ガッツポーズをする

ハイタッチもソーラン節も、コンサートでステージに声援を送る時も、手は肩よりも上の位置にあります。高揚感を感じてくると、人の手は自然と上がっていくのです。

それを利用して、先に肩よりも上に手を上げておけば、心の方も高揚感を感じてきます。先に紹介した口角を2ミリあげる方法といっしょにやるといいでしょう。

さらにいいのは口角を上げながら肩より上の位置でガッツポーズをしながら鏡を見ること。無意識に「自信があるから、私はこういったポーズがとれるんだ」と働きかけることができるからです。

03.
常に肩甲骨を
2〜3センチ引き寄せる

ccad77da9979e2834e9458599924374951c97256

自信のない人というのは、往々にしてそれが態度や姿勢に現れます。つまり心という内面が、外側の体に表れてきているのです。それを逆手に取ります。

意識的に肩甲骨を引き寄せることで、背中から腰にかけて自然な湾曲を作ります。姿勢がよくなり、パソコンを使ったり長い間立っていたりしても疲れにくくなります。そして、自信のあるのと同じ体型を取ることで、内面も変わってきて自信が生まれます。

04.
身体の軸がしっかりした
姿勢をとる

具体的に説明すると、胸を張らずに、みぞおち部分を斜め45度から吊り上げられるイメージをして、左手でみぞおちを軽く叩きながら「自信があることを思い出す」と唱える。

みぞおち部分は、人間が歩く時に上半身と下半身の動きのズレを吸収する部分であり、身体の中心部に位置します。この部分を意識した姿勢を取ることは、軸がぶれないようになるということでもあります。

身体の軸のしっかりした姿勢をとるということは、自信という、目には見えない心の部分もぶれなくなります。

05.
上記4つのことを
7日間繰り返す

The relief of a job well done

ぼくの経験上、1ヶ月続けるとなると面倒に感じますし、3日間しか繰り返さなければ、短すぎて効果すら実感できないまま終わります。「まずは7日間」と考えて気楽に始めると、案外続くものです。

「7」という数字は不思議です。1週間も7日だし、ドレミの音階も7音で1オクターブです。身体の全細胞が入れ替わるのも7年と言われています。身の回りに存在する「ぐるっと1周まわるもの」は7にまつわるものばかりなのです。

「自信がない」という状態には根拠がありません。「失敗する“かもしれない”」「願いは叶わない“かもしれない”」と、「かもしれない」ばかり。すべて可能性の話です。であれば、「うまくいく“かもしれない”」と、無意識から信じていけばいいのです。

身体に刺激を与えれば、心も必ず変わります。まずは7日間試してみてください。

無意識はいつも正しい
コンテンツ提供元:ワニブックス

クスドフトシ/Futoshi Kusudo

20代の頃、うつ状態になり、家に引きこもって死にたいとさえ思うようになる。そんな自分を卒業するために、無意識(潜在意識)やあらゆる思考法を実践。そのなかで「心」と「体」両方からアプローチすることで、人生を好転させる独自のメソッドを開発する。2012年、ブログ『世界はキミのためにある!』を開設し、読者を巻き込んでたくさんの人を幸せにするための記事を公開中。全国にてトークショーも行っている。

無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
脳の90%は無意識、潜在意識という、自分自身で気づいていないものを司っています。感情や思考など、自分で気づける「意識」を司る部分は、脳のたった1割の部分で...
周りのことを考えすぎて自分の気持ちを押し殺していると、いつしか心に負担がどんどんのしかかってきてしまいます。でも、無意識のうちにそうしてしまっている人もい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「今日こそアレに取りかかろう」「コレは絶対終わらせよう」。そうやって意気込んでみたはいいものの、思うようにはかどらない日がある。やる気はあるからこそ、どう...
傷つきたくないからこそ、人は自分を守ろうとするもの。けれど、そのような行動ってわりと無意識のうちにとっている事がある。客観的に読んで見ると、「あっ」と気づ...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
本当に自信のある人とはどんな人でしょうか? きっとあなたの周りにも自信に満ちた魅力的な人がいるでしょう。本当の自信というものは、素晴らしい習慣と努力によっ...
「自信」は、生まれ持った特徴だと思われがちですが、じつは練習を重ねていくことで誰もが身に付けられるものです。米メディア「I Heart Intellige...
何をするにおいても、自分に自信を持っている場合と、そうでない場合とでは、違う結果が生まれてくるかもしれません。プレッシャーを楽しめることができれば、良い結...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
自分に自信が持てなくて人前でオドオドしてしまう、自分の意見が言えなくて嫌になる・・・いつも堂々として、ハキハキと自分の意見を言っている同僚を見ると落ち込ん...
ブランドの好感度には「ラベルに人の姿が描かれていること」が重要なポイントであるわかった。研究者はまた、個人的なワインの好みを調査を行いました。その結果も、...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけ...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...