自信をなくした時に思い出すべき「5つのこと」

人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思い出すべき」リストをご紹介。重要なのは、やっぱり自分を信じることのようですね。

小さな出来事に
目を向けることから

Woman thinking in golden afternoon light

いい日もあれば悪い日もある、と感じるのが人間。ですが、人生や自分自身についての感じ方こそ、日々の生活に最も大きな影響を与える要素です。あなたに「幸せ」と「自信」があれば、どんなに悪い日でも、過ぎてみれば自分の予想を超えるいい結果を生み出してもくれるもの。

ですが、「自分はまだ不十分」と感じ、気分が落ち込んでいる時はどうしょうか?人生はすぐに悪い方向へと向かってしまいます。知らずのうちに、深く暗い穴の底にいるような心境になることだって。ネガティブな状態が長く続けば続くほど、あなたの幸せにも、健康にも、人間関係や仕事にも悪影響を及ぼしかねません。そこで、自尊心を高く保つことが大切になってくるのです。落ち込んでいるほど、些細なきっかけがインスピレーションを与えてくれるるもの。

ここに、まとめたリストを心に留めておいてください。いつか必要になる時がくるかもしれません。満足できないというネガティブな気持ちを、今こそなくす時です。

01.
「完璧!」なんて
そもそも幻

11notenough01_000068126441_Medium

完璧を目指すことは、必ずしも悪いことではありません。でも、完璧な人生なんて誰が証明できるのでしょう?高い目標に向かって努力することはOK。しかし、達成することがはたしてできるでしょうか?そんなことを目標にしてしまえば、常に「完璧」を追求し努力しなければなりません。
あなたが「まだ十分ではない」と感じ、完璧主義を目指す競争に参加したなら…。名誉や肩書きを気にするあまり、「自分が誰なのか」、「どうなりたいのか」を見失う恐れが出てきます。

そこで、完璧を目指す代わりに優秀になるための努力を。こちらの方が完璧さより断然役立つものです。自分のペースで必要なことを身に付けていきましょう。そうすれば、すべてのことを完璧にこなせなくても幸せを実感することが可能になります。さらに、やりがいを感じることができるでしょう。

02.
落ち込んだ時は
未来よりも“今”

Walking on the sand

人生に予定調和なんてありません。物事に対する自身の受け取り方でさえ、変わってしまうでしょ?誰も未来を正確に予測することは不可能。なぜなら、未来は現在の行動によって決定されるものですから。
前向きな気持ちで今を生きることこそ、将来へと進むための最善の方法。気分がいい時は、物事がうまく進み、今あるものに感謝する。そうすることで、人生が素晴らしい方向へと舵をきっていくのです。

じつはネガティブな気持ちを抱いている時も、同じことが言えます。どうしても、ポジティブ思考の方が強力なものだから、見落としてしまいがちですが。とにかく、何が起こったとしても、あなたがそこにいる限り、まだやり直せることはたくさんあり、前に進むことができるということに感謝してください。少しでも時間をつくって、まずは深呼吸。前向きな考えに集中し、よい結果を生み出すことができるよう努めましょう。

03.
ポジティブさは
決して失われない

Silhouette of a woman standing in the sunlight with the arms up

どのような状況にいても、ポジティブな思考は常にあなたを助けてくれます。前向きさや積極性は、私たちが生まれながらにして持つ“贈り物”。その力は神聖なエネルギーです。
状況を打開したい場合、自分の信念を貫き、恐れを克服し、問題の解決に集中する必要があります。前を向くことはあなたの特権です。どんな状況でもポジティブな思考を使えば、乗り切ることができるのです。

04.
短所ではなく
長所に目を向ける

11notenough000021078001_Medium

もがき苦しんでいる時でも、自分の長所に目を向けることを忘れないで。社会では「短所」ばかりに目を向けてしまう傾向があります。だから、その短所を改善しようとするのです。心と体のバランスをとることは重要だけど、短所があるからこそ、長所とのバランスが上手く取れるのです。
自分の長所に目を向けることができれば、きっとたくさん自分のいいところが見えてくるはずです。長所をリストに書き出してみるのもおすすめです。長所に焦点をあてる。何かを改善しようと思っている時は、本当にそれが合理的なのか考えましょう。どちらにせよ、人間には短所よりも長所の方が多いのですから。

05.
たとえ失敗しても
目線はつねに上に!

11notenough_225012145

たとえ失敗してもへこたれないこと。失敗から学び、成長することができますよね。ミスを犯すことで自分の弱点を理解し、改善する。私たちは人生において、常に過ちから学び続けるものなのです。
失敗を糧により自分を成長させることができれば、そのミスが無駄でなかったことになるでしょ?より充実した人生を味わえ、幸せを実感できるはずです。そう、成功に失敗はつきもの。


どれも丁寧な説明で伝わりやすいのも、このサイトの特徴。じつは、ここに挙げた記事は、もともと11の解決策がありました。前半部分のみのご紹介でしたが、自信回復に即効性のあるものが見つかったのでは?まだ、自信が持てない人、続きはこちらから。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』...
何をするにおいても、自分に自信を持っている場合と、そうでない場合とでは、違う結果が生まれてくるかもしれません。プレッシャーを楽しめることができれば、良い結...
自分に自信が持てなくて人前でオドオドしてしまう、自分の意見が言えなくて嫌になる・・・いつも堂々として、ハキハキと自分の意見を言っている同僚を見ると落ち込ん...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
「自信」は、生まれ持った特徴だと思われがちですが、じつは練習を重ねていくことで誰もが身に付けられるものです。米メディア「I Heart Intellige...
日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
ビジネスリーダーや先駆者たちの情熱を代弁し、これまでにのべ250社以上の従業員育成マニュアルをゴーストライターとして書き上げ、自らも50冊以上のビジネス書...
自分に自信がある男性って、かっこよく見えるもの。でもちょっと待って。じつはその人、単なるナルシストかも…?「Elite Daily」のライター、Alexa...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
「物事がうまくいかない、ということはあり得ないんだ」と言われたらどう思いますか?いやいや、うまくいかないことだってあるよ、と言い返したくなりますよね。「E...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
数年前に世界的ヒットとなったダニエル・パウダーの『Bad Day』。落ち込んだ人に向けて「頑張る必要なんてないよ」というメッセージに癒された人も多いのでは...
何か大きな失敗をしてしまったとき、目の前が真っ暗になり、夢が粉々に砕け散ってしまったように思うかもしれません。自信を失い、自分はもう何もできない、と。そん...
すべてが上手くいくときもあれば、その逆もしかり。だからこそ人生は面白い。そんな達観したようなマインドは、常人ではなかなか持てないもの。辛い状況のときに気持...
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
人生は楽しいことばかりではありません。生きてることに感謝したくなるくらい幸せな時もあれば、幻滅するくらい落ち込むことも。けれど、正解などないこの世の中を、...