自分に自信を持つための5つの方法

何をするにおいても、自分に自信を持っている場合と、そうでない場合とでは、違う結果が生まれてくるかもしれません。プレッシャーを楽しめることができれば、良い結果につながることが多いからです。

周囲からの印象も変わってくるため、自信溢れる人ほど仕事を任せてもらえるし、他の場面でも頼りにされる機会が増えてくるでしょう。ここでは、自分に自信を持つための5つの方法をご紹介していきます。

1.毎日の努力を怠らず、自分の力を磨く

自分磨き

毎日の努力を積み重ねることが、自信を掴むための第一歩。「これだけ練習や特訓を重ねてきたのだから」という自負が、勝負事の場面では何よりの強みにつながります。

たとえば、部活動において日々のトレーニングを重ねてきた人。野球部の場合だと、冬場の時期にどれだけ走り込みができていたかによって、シーズン開始してからの投げる球質が変わってきます。試合においては、自信を持って腕をふることができれば、さらに良い球を投げることができるのです。

他にも、仕事などでプレゼンテーションをする場合は、その練習を何度もやることで、実際の発表の際も堂々とスピーチすることができるでしょう。

2.常に勝てるイメージができるようにする

想像は具現化します。強く想うことで、それが現実の結果にも現れやすいということです。よって、勝負事では、常に勝てるイメージが求められます。イメージトレーニング(通称イメトレ)ということばもあるくらい、重要な意味合いがあります。

勝てるイメージができている人は、もっというと自分が勝ったときにどういったことが待ち受けているかどうかの想像までしている人が多いです。たとえば、スポーツ競技などにおいては、表彰台に立って声援を浴びているところを思い描いています。

また、意中の人に告白するときも、2人でデートしているところや新生活を送っているところを想像しているので、ドキドキしつつも自信を持って相手に思いをぶつけられるのです。

3.負けるイメージは払拭する

負けるイメージを払拭

負けるイメージは天敵です。プレッシャーに打ち負けてしまう人は、ここがうまく処理できていない場合が多いです。

営業の仕事をしている場合でも、うまくいかないのではないかという不安があるときは、どんなにいい話をしていてもその頼りなさそうな表情が伝わってしまいます。

4.必勝パターンを習得し、再現する

どうしても窮地に追い込まれると、勝つイメージを忘れてしまいそうになります。よって、事前にあらゆる状況を想定しておき、対処方法を予習しておけるかどうかが大事になってきます。
また、全体的なことではなくて、一つひとつの事柄において実績をつかめるとよいでしょう。

小さな成功体験を積み重ねていくことが、揺るぎない自信につながってくるのです。野球の場合は、自信がある球種を一つ身につけておき、「この球さえ投げておけば大丈夫」という開き直りができるかどうかも大切。ピンチを乗り越えて、強打者を封じ込めれば、「この試合はいける!」と思えます。

また、営業などでも「ここのセールスポイントさえ押さえておけば、大丈夫」というように、必勝パターンを用意しておき、そこにいかに持ち込むかどうかの流れを考えるとより迷いのない売り込みができるはず。

5.応援者を味方につけて、エールを力に変える

応援

自分一人では自信を持つことが難しい場合でも、応援してくれる人の存在があれば力になります。大声援をどれだけ活かせるかでパフォーマンスも変わってくるのです。

スポーツ競技では、相手への声援すらも自分に送られているのだと思いこむ人だっています。そんな都合の良さも、自信を持てる人の大きな特徴です。

能力はあっても、自分に自信があるかどうかで、結果は大きく変わってきます。悪いイメージを持てばそこに引きずられて失敗する可能性が高くなるので、勝つイメージだけをして、小さな実績を積み重ねていき、声援も力に変えていきましょう。

世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
「自信」は、生まれ持った特徴だと思われがちですが、じつは練習を重ねていくことで誰もが身に付けられるものです。米メディア「I Heart Intellige...
日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
自分に自信が持てなくて人前でオドオドしてしまう、自分の意見が言えなくて嫌になる・・・いつも堂々として、ハキハキと自分の意見を言っている同僚を見ると落ち込ん...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
自分に自信がある男性って、かっこよく見えるもの。でもちょっと待って。じつはその人、単なるナルシストかも…?「Elite Daily」のライター、Alexa...
人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
いろんな人の意見に左右されてしまい、自分の意見を持てない人。なかなか自立ができていないといった、どちらかというとネガティブなイメージが先立ちそうですが、実...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
テレビに映るトップ女優は、どうしてあんなに輝いて見えるんだろう。才能?容姿?もちろんそれもあるでしょう。でも、女優のように輝くことは誰にだってできるのです...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
ビジネスリーダーや先駆者たちの情熱を代弁し、これまでにのべ250社以上の従業員育成マニュアルをゴーストライターとして書き上げ、自らも50冊以上のビジネス書...
緊張する場面って、日常的に潜んでいますよね。気にならない人もいますが、プレッシャーに弱い人にとっては毎日がストレスの連続。少しでも普段の生活を快適にするた...
誰だって、自分自身のことは見えにくいものです。ホラ、自分の魅力はとの質問に、多くの人は答えに困るなど、自分自身の魅力は何かということを知らないという人が非...
今のパートナーや、今後お付き合いをしたいと思っている相手は、あなたを成長させてくれそうな人ですか?その人とパートナーになることで、あなたがもしも怠け者にな...
AB型の末っ子は、AB型の特徴である「冷静沈着さ」と末っ子ならではの「人なつっこさ」を兼ね備えていると言えるでしょう。自分の気持ちを上手に表現することが苦...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...