「ダメダメエピソード」があなたの好感度を上げる理由

「好感度が高い人」になるためには、まわりから信頼されるように努めなければなりません。しかし、いきなり信頼を獲得するのは難しいもの。

ビジネスパーソンに向けてコーチングスクールを運営している馬場啓介さんの著書『なぜか好かれる人の「わからせる」技術』では、より効果的に自分のセールスポイントをアピールする方法が書かれています。

あなたがもしピンチになっても、密な関係を築いていれば、誰かが助けてくれるはず。

それは良い背伸び?
残念な背伸び?

Medium 0b3e4a3195ce942885b66f96dfcc27bc809aedf6

本当にすごい人というのは、決してそのすごさを誇張したりはしません。わざわざ自分を大きく見せたりもしないのです。

コンプレックスを隠そうとしたり、やたら高級品で身を固めて、自分をワンランク上に見せたり、尊大な態度を取ったりするのは、残念な背伸びです。これは不安から生まれる行動で、食品偽装のようなもの。まわりの人の目には自信がないように映り、信頼や好感を得ることはないでしょう。行動も空回りして、アピールも自己満足になってしまいます。

ただし、こうなりたいと思った目標に向かい、自分に対して背伸びをするのは、間違ったことではありません。まわりの人に良く見せたいからと背伸びをするのとはワケが違うのです。

心の中では思いっきり背伸びをして自分を成長させ、人前では等身大で勝負をする。これを心がけてください。

サッカー海外組に学ぶ
信頼残高の積み立て方

自分の頑張りは、実力だけでなく、それをわかってもらおうとする日々の積み重ねがあってこそ伝わるもの。

ここで、海外のプロサッカーチームで活躍する日本代表キャプテン長谷部誠選手を例に挙げます。彼は自分でも言うように、スター選手のように目立つわけでも、その中で特別に技術が優れているわけでもありません。しかし試合中はチーム全体を俯瞰し、弱いと思ったところにすっと入ってサポートするなど、チームとしてとても助かる役割を果たしています。さらにはチームのために一貫して嫌われ役を担っているのだそうです。

日々、こうした姿勢を監督に見せたことで、彼は人間として信頼されるようになりました。チーム全体を眺めたとき、この選手がチームには必要だと判断されたからこそ、活躍することができているそうです。

このように、私たちも上司や同僚から信頼を得ることで、良好な人間関係を築くことができるのです。

視点の数を増やせば
誰とでも楽しく話せる!

コミュニケーション能力が高い人は、興味がない人とも楽しく話せる才能を持っています。「この人苦手だな」とすぐに判断せず、「どんな経験からこういう性格になったのだろう?」と、相手への嫌悪感を好奇心に切り替え、尽きることなく会話ができるからです。

こういう人たちに共通するのは、人より多くの「視点の数」を持っていること。もちろん私たちも訓練すれば、増やすことができます。

まずは「なぜ?」と、疑問を持つようにしてください。当たり前の現象をそのまま受け取る人と「なぜこうなったのだろう?」と興味を持つ人では、視点の数が違うのです。「なぜ?」を日々に取り入れられれば、物事をいろいろな角度から伝えられるようになるでしょう。

次に、何かを判断する際には、いろいろな情報源から知識を吸収するようにしてください。AとBしか知らずにAを選ぶ人と、A~Dを知ってAを選んでいる人とでは、同じものをチョイスしていても大きな差があります。

情報の量は、視点を増やす上でとても重要なことです。偏った発言をしにくくなりますし、いろいろな人たちと質の高いコミュニケーションがとりやすくなります。

「ダメダメエピソード」は
人との距離を近づける

Medium aaf59f23d66adf8ae2bd0fb105c9061acaa97d8c

私たちは完璧ぶっている人に嫌悪感を持ち、時には失敗すれば良いのに…と意地悪な目で見てしまうことがあります。ところが反対に、ダメなところを見せられると、不思議と「相手をよく見てあげよう」という心理が働くものです。

職場でも、笑いになる失敗をしてしまう人は、なぜか助けてもらえたり、周りからあたたかい目で見られていないでしょうか?まさにそういうことです。

ダメなエピソードや天然な部分を持っている人は、相手に突っ込ませどころを与えることができます。相手に話題や会話のきっかけを与えるのは、コミュニケーションにおいてとても重要なこと。場を和ませ、そこから会話を広げる武器になります。

コミュニケーションは自分のためではありません。相手のためのものです。相手のためを思ったリアクションが必要ですし、歩幅を合わせることも大切。会話に困らないように、突っ込ませどころを提供することも思いやりのひとつです。それを意識できる人は話しかけられやすく、会話も弾み、その結果、好感度を高めることができるでしょう。

著者・馬場啓介さんのスクールはコチラから:マザーズコーチングスクール,, トラストコーチングスクール
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
「自分はきちんと評価されていない気がする」と思っていても、なかなか自分から「頑張りました!」とアピールするのは苦手という人も多いでしょう。そもそも日本人は...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
新年度が始まって一ヶ月が経ち、新しい環境にも少しずつ慣れてきた頃じゃないでしょうか。緊張が抜けてくる時期だからこそ紹介したいのが「Inc.」の人気ライター...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
心の成熟度を測る指標「EQ(心の知能指数)」に詳しいトラビス・ブラッドベリー博士が、人に好かれるための13の秘訣を紹介しています。「好かれる」って、実は生...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
今の仕事が嫌いだからといって適当にこなしていると、次につながるチャンスすら転がってきません。せっかく手に入れた仕事なのだから、できる範囲のことを全力でやっ...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回もコ...
「何」を言うかではなく、「どう」言うかだ。「Inc.」のMarcel Schwantes氏が書いた記事によれば、職場で物事を「どう」言うかで信頼度が決まる...
実務をこなすスキルはもちろん重要ですが、ミーティングやプレゼンなど、対面している相手に「仕事ができそう」「わかる奴だ」と思わせるほうが、重要なこともありま...
猫に好かれる人でいたいのに嫌われる人というのは、意外と多いものです。猫に嫌われる人の性格や言動にはある特徴も見受けられます。しかしそれにこだわらないことも...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...