洗うたびに色が変わる!職人が本気で作った「魔法のTシャツ」

革靴やバッグならいざ知らず、Tシャツを長年着込んでいくものと考えている人は少ないのでは?

しかし、ここで紹介するのは、着れば着るほど、そして洗えば洗うほど色が変化し、愛着が湧いてくる「魔法のTシャツ」です。

着れば着るほど
愛おしくなる

色がだんだんに変化していく…その秘密はTシャツに使われているインディゴ染料にあります。

購入当初は濃いインディゴカラーだったTシャツ。でも、何度も着て洗ってを繰り返すうちに、少しずつ色が薄く、こなれた雰囲気に。当然、色の落ち具合や素材感の変化は、微妙に異なってくるため、着込んでいくうちに“自分だけの一着”が仕上がります。

こういった経年変化が楽しめるTシャツは、丈夫で長持ちすることを見据えたものづくりをしている証。季節によって糸の太さを変え、古い編み機でゆっくりと編み、糸自体にもあえてムラ感のあるものを使用するなど、素材からこだわることで、インディゴブルーが味わい深い色みに変化していくのです。

そんな妥協の一切ない逸品を手掛けているのが「45R」。藍・インディゴ・デニムを中心に、今の世の中では貴重となったものづくりを標榜する、老舗アパレルブランドです。

ニット、ダウン
意外なアイテムでも
経年変化が楽しめる

45Rで取り扱っているインディゴカラーのアイテムは、Tシャツだけではありません。さまざまなアイテムでインディゴの経年変化を楽しむことができ、中には「こんなものも!?」という意外なアイテムも。

■バッグや首元のアクセントに、使い勝手抜群のバンダナ

45r_06

上のバンダナにもインディゴ染料が使われています。

しかも、これらはすべて手作業でプリントされたもの。つまり、手書きで描いたモチーフを版画にし、ゆっくりと生地にプリントしていくのです。原画のかすれ具合いなども再現されていて、独特の味わいを醸し出しています。ちなみに、使用する色が多ければ多いほど手間がかかるそう。

■まさか、“色の変化”が楽しめるニットやダウンがあったなんて…

45Rでは、ニットやダウンといったアイテムでもインディゴ染料を使用しています。その色は、言葉にすれば、ブルーやネイビーと珍しくはないものですが、色の深さや醸し出す雰囲気は別格です。

インディゴ染めならではの味がある色み。どちらも羽織るだけでコーディネートの主役を張れる存在感です。

■オンスタイルぴったりなインディゴアイテムはこちら!

インディゴ染め=カジュアルウェアというイメージは、45Rには当てはまりません。シーンを問わず、インディゴの良さを! そんな想いを込めてオンスタイルのアイテムもリリースしています。

例えば、こんなフォーマルなジャケット類も。あえてインナーは、カッチリしたシャツ&タイで。パーティーシーンで映えそうです!

やはり定番は…
創業から改良を重ねてきた、
日本製の良質デニム

45r_08

数ある45Rのアイテムのなかでも、インディゴ使いの代表作といえば、やはりデニムパンツです。創業時から、生地となる糸からこだわり、細部の改良を重ね、現在に至るまでアップデートし続けています。

その進化の過程で誕生したオリジナルのインディゴカラーはなんと数十種類。色落ちの加工も、すべて手作業。製作工程のすべてを国内で行っている、正真正銘Made in Japanです。

そんなインディゴカラーの楽しさ、かっこよさ(女性向けもアリ)に触れてみたい人は、まずは「魔法のTシャツ」からどーぞ!

btn_kokuyo_150831

限定3名様に
バンダナをプレゼント

先ほど紹介したインディゴカラーのバンダナを、3名様にプレゼントします。季節を問わず使えるアイテムだから、ちょっとしたアクセントとしてコーデに取り入れてみては?どのデザインが届くかはお楽しみに!

【応募期間】
2015年12月4日(金)〜12月28日(金)

【キャンペーン詳細】
下記URLから応募してくれた方の中から3名様に、インディゴ製バンダナをプレゼントします。

こちらは応募期間が終了しています

Sponsored by フォーティファイブアールピーエムスタジオ株式会社

「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
英国人の本気度たるや。世界の人々の生活をガラっと変えてしまうかもしれない偉大な発明とも言えるこちらの商品。なんと、オナラをしてもそのニオイが気にならない「...
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
「カタチあるモノは必ず壊れる」という言葉の通り、モノには当然「寿命」があります。よくよく考えれば、まだ壊れてないから、と使いつづけている身の回りのモノたち...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...