左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいかがでしょう。左官の技が活かされた、「現代版かまど」は、持ち運び自在。アウトドアでも活躍必死です!


現代の暮らしに合うよう
アレンジされた「かまど」

Medium 2ff6c32cf231606cbf1602606474870973650888

昔ながらのかまどを現代風にアレンジし、自由に持ち運べるようにしたのがポータブルかまど「コヘッツィ」です。この聞きなれないネーミング、“コ”は「公の」という意味の接頭語、“ヘッツィ“は、関西地方でかまどの別称(へっつい)として親しまれてきた言葉だそう。ふっくら炊きたてのごはんを、イチからつくる楽しみが味わえる、とじわじわ人気に火がつき始めているんです。

みんなで火を囲む
かまどの魅力

Medium 0d84de20f4f5e94670b557899f6d2d0a472a969c

昭和の前半まで、日本人の食生活の中心には「かまど」がありました。三食の煮炊きをするのは土間のかまど。割烹着姿の女性たちや、火の加減を手伝う子どもたちの姿を、当時を記録した映像のなかで、もしくは小説や写真のなかで目にしてきたことでしょう。しかし、第二次大戦後、急速に普及発展していったガスや電気にとって代わり、かまどは生活様式の変化とともに、食卓の場から姿を消していきました。

薄れゆく火の文化を後世の暮らしに残したい──。

その象徴であるかまどを、現代生活に浸透しやすいようにリメイクした左官職人がいます。古来から日本に伝わる、自然の土を生活に取り入れる文化。土を塗りコテで固めてツヤを出す左官の技で、「かまどのある食生活」、「みんなで火を囲む」ことをコンセプトに、持ち運び自在なコヘッツィが誕生しました。

「現代の名工」がつくる
一生ものの生活道具

Medium c603b7f3de2862f91e60dfe22cf31cb873cc5bb7

三重県四日市市の左官職人集団「蒼築舎」を率いる松木憲司さんは、平成24年厚生労働省発表の「現代の名工」に選出された人物。伝統的な土壁建築からデザイン性の高いプロダクトの開発まで、幅広いものづくりにチャレンジし続けています。

松木さんの手がける現代版かまど「コヘッツィシリーズ」は、左官の技術と魅力、土の文化を伝えるプロダクトとして大きな注目を集めています。現在、シリーズは全部で4種類。

Medium aabee05b0f3469bca24bc7eb2b4c61699841b481Medium ca3d6f28ad361c5ce5b220d3b7ab657bc7ce0d4c

450本ものコテの中から仕事に合わせて40〜50本を使い分け、石灰と繊維を混ぜ合わせた土を何層にも塗りつけては、コテで成形していく作業です。

土の状態は天候に大きく左右される繊細な仕事。天気や湿度の変化を敏感に感じ取りながら材料の配合を変えていくことから、「左官の仕事の6割は材料づくり」と言われていると松木さん。仕上がりの平面を滑らかにするため、調合した土から丁寧にダマを取り除くなど、一切の仕事に手を抜かない、職人の魂がコテ先からかまどへと染み込んでいくようです。

Medium f533f1141b487a6b5aab9ef9236d83bb9f4fb87a

作業は白熱電球のもとで。影が出にくく、蛍光灯では見逃してしまう小さな傷を見つけることができるからだそう。そして、磨きあげの最後は自然光のもとで、ツヤの出具合を確認しながら作業していきます。

Medium d4caa5fbc9dd57da4742290569e0df3af6feaf85

塗りと磨きを繰り返し、こうして仕上がったピカピカのかまど。これが左官職人の技と想いから生まれた「21世紀のかまど」です。素材本来の色と質感を活かした逸品は、どんなに煤(すす)が付着しても、塗りなおせば修復できる一生もの。

火の番をするのも
楽しみのうち

A68c42edaa1fefcc67edd68e2177afd5bf6e5b51

薪(まき)、炭、固形燃料どれでも使えるコヘッツィ。ですが、醍醐味はやはり薪で炊くごはんでしょう。土間の代わりに庭先で、庭がなくたって使い道はいろいろ。BBQやキャンプシーンで炊きたてのごはんをつくるのに、“自前のかまど“なんて、ちょっと洒落てると思いませんか?大丈夫、ここで紹介した「ポータブルかまどコヘッツィ三」は、高さ30cm、重さ5.4kgほど。

Medium cb0d70b1fa76e8f05da4a586c403ff64046cc3e8

自分で火を焚いて番をしながらつくるごはん。さあ、召し上がれ!

Medium 0f0e257549d03218ea28eea87cbbcaea7e93f18f

ところで、このポータブルかまどが今、日本の伝統的な食文化のひとつとして海外でも注目されつつあるようです。2016年4月イタリア・ミラノで開催されるデザインの祭典「フォーリサローネ(見本市)」に、コヘッツィシリーズが出展予定。左官による土と磨きの技術と日本の食文化「かまど」が世界へと発信される。ちょっと素敵なニュースですよね。

最後に、コヘッツィシリーズはどれも受注生産。注文を受けてから、松木さんが一点一点仕上げていきます。詳しくはこちらから。

Licensed material used with permission by 蒼築舎
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
これは、たった15分で窯の温度が500℃まで上がる「Roccbox」。小さくて持ち運べるうえ、内部の構造は本格的な石窯そのものです。木材・ガスどちらも使用...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
友達を呼ぶホームパーティでの飾り付けや、自分へのご褒美としてちょっとエレガントに過ごしたい時。Kickstarterで紹介されている、たまご型のポータブル...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
ヘルシンキ在住のAnni Kraviさんは、ビジネススクールを卒業したばかりの20代の女の子。Instagramに日々アップされる彼女のヘルシーレシピは、...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
朝ごはんは人間にとって必要かそうでないのか。これまで幾度となくなされてきたこの議論。結局のところ、それぞれの食習慣やライフスタイル次第というところに帰結す...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
ディズニープリンセスが大好きな、イラストレーターのAnooshaさん。このたび、「もし彼女たちが、21世紀に生きていたら?」という想像のもと、以下のような...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
料理スキルに自信はないけれど、気の利いたゴハンは作ってみたい。そんな願望に応えてくれるのが、今回紹介する「ビールごはん」。読んで字のごとく、水の代わりにビ...
今となってはすっかりお馴染みとなったVR。それが何を指すかは、改めて説明する必要もないだろう。ただし、ここで紹介するコンテンツは、少々補足が必要かもしれな...