村に生える「へんなみかん」から始まったサクセスストーリー

“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は和歌山県にあります。

3672b9f03b04342f04ec1c517b717dc0c8ad0f53

村面積の97%が山林という北山村では、人々の生活の場はわずかに残された平地。見渡す限り山、山、山の厳しい気候で育つ、ある一本の「へんなみかんの木」から、村の未来は変わりました。

ある村人の庭に
一本だけ生えていた「へんな木」

60dedf679a4f5bc4b29d58742aa6c4a71e2322da

その「へんな木」の持ち主は、村人の福田国三さん。子供の頃から「へんなみかんだけど、他のものより美味しい」と思っていたと言います。邪気を払うことから村では「じゃばら」と呼ばれ、縁起物として慣れ親しまれた味。その味をもっと広めようと福田さんが立ち上がったのが、物語のスタートでした。

しかし、村の人々はその活動に見向きもしません。福田さんが活動を始めてから数年間、なかなか注目を集められず苦心する日々が続きました。それでも情熱を持ち続けた福田さんに、ある“ビッグニュース”が訪れます。

「へんなみかん」は
世界のどこにもないみかんだった!

41d1038b83f3f3d430b3287afd2dc8f571f30843

福田さんの熱意に少しずつ動き始めた村が、みかんの分類で有名な権威者・田中論一郎博士に調査を依頼。すると、じゃばらは日本は元より、世界でも類のないまったく新しい品種であることが分かったのです。 

さらに、さまざまな専門家に依頼し、特性や味について解明。じゃばらは江戸時代から分布していたゆずと九年母(くねんぼ)、紀州みかんなどの自然交配種で、その独特な味は専門家からも高い評価を得ます。そしてついに村は、農園の規模を拡大してじゃばら栽培へと踏み切ることにしました。

革命のきっかけはWeb事業への進出

De99a8715a01fc83ce827c2479b346054d9f4497
しかし、特産品として販売を始めてから10年もの間、売れ行きが伸びずに苦難の時代を過ごします。
その窮地を脱するきっかけとなったのが、Web事業への進出です。たった1人の農家から始まったじゃばら産業も直販サイトや大手ネット通販を駆使することで噂はぐんぐん広がり、収穫前に予約受付が終了するほど人気に。今や9haのじゃばら農園を約40人の従事者で管理する一大産業にまで発展しました。
C88bc92b2597dc41386212a990ab2798311211ab

最近では、じゃばらに多く含まれるナリルチンという成分がアトピーなどのアレルギー性皮膚炎や花粉症などの症状緩和に期待できるとテレビの人気番組などでも紹介されています。

果実だけでなく、さまざまな加工品も

E6c1d814798f999b6d9c1b95af59814b559687ae

キュッと広がる酸っぱい匂いは、確かに邪気も逃げていくような爽やかさ。そんなじゃばらの味を生かし、果実にとどまらずさまざまなじゃばら商品を展開しています。
ジュースはもちろん、ポン酢やジャム、パウンドケーキetc。新しいアイディアを次々に形にし、村の未来を担うじゃばらの可能性は広がる一方。

まさに「邪気を払う」不思議な果実。今後もじゃばら成分配合の商品に期待です!

Licensed material used with permission by 北山村じゃばら村センター
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
お皿の上に置かれた、2個のみかん。左は、普通に皮をむき、白いスジが残ったままの状態。コレ、気になる人も多いですよね。でも、“あること”をすれば見事にスジが...
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。さらに内陸に位置するオイミャコン...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
遠目から見ると、全体のビビットなカラフルさが、子どもの頃よく遊んだ「レゴブロック」を連想させます。おもちゃの世界のようなこの場所は、インドネシアのカンプン...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
スコットランドの美しい自然に囲まれて、爽やかな風を感じながら過ごす休日…なんて、考えるだけでうっとりしてしまいそうです。そんなロケーションを、自分のモノに...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
まるでファンタジーの世界に迷い込んだような世界観!でもこの雰囲気、日本で楽しめちゃうんです。ここは"世界一美しい村"と呼ばれているイギリスのコッツウォルズ...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
目の前に広がるのは、白いドーム状の建物が密集した、なんともノスタルジックな空間。一見するとヨーロッパのどこかに思えますが、実はコレ、日本の風景って信じられ...
赤ずきんちゃん、ピノキオ、三匹の子豚、シンデレラ、ピーターパン…。イタリアの建築家兼デザイナーであるFederico Babinaさんの手がけたイラストは...