デッドリフトによる筋トレの効果が驚くほど素晴らしい3つの理由

デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを鍛える運動に高い注目が集まっています。

おなか周りを引き締める運動も、もちろん悪くはないのですが、デッドリフトは体の後ろ側の筋肉全体を鍛えられるので驚くほどの効果を生みだします。デッドリフトによるエクササイズが素晴らしい3つの理由についてご紹介します。

デッドリフトとは全身の筋肉をバランスよく鍛える方法

000020927994_Medium

筋トレになじみのない方もいるかもしれませんので、簡単にデッドリフトについて説明します。

筋肉を鍛えるエクササイズにはたくさんの方法がありますが、そのなかで全身の筋肉をバランスよく鍛える方法に筋トレの「ビッグ3」と呼ばれる3つの方法があります。

それがデッドリフト、スクワット、ベンチプレスの3つです。

なかでもデッドリフトは、多くの筋肉を鍛えられる筋トレ方法です。

デッドリフトの効果が素晴らしい理由について説明していきます。

理由1:多くの筋肉を鍛えることができ、カロリー消費量が高い

metal barbell on dark gray background

すでに説明しましたが、デッドリフトは、多くの筋肉をバランスよく鍛えられます。

特に体の後ろ側の筋肉、太ももからお尻、背中にかけての筋肉全体を鍛えられます。

背中の筋肉は大きいので鍛えると基礎代謝が上がり、脂肪燃焼率が高まり太りにくい体質になれます。

鍛えられる筋肉の主な名称は、ハムストリングス、大殿筋、脊柱起立筋、僧帽筋、広背筋などです。

また、たくさんある筋トレ方法のなかで、デッドリフトは多くの筋肉を動かす運動なので、カロリーの消費量が多くダイエットにも効果的という特徴があります。

理由2:バランスのよい体形をつくることが可能

Rear view of strong young male boxer

女性の場合は、バーベルの重さをそれほど重くしないでデッドリフトを行います。

するとお尻のヒップアップや引き締まった太もも、さらにはスラリと引き締まった美しい背中を作れます。

男性は、負荷を重くしたデッドリフトを行うことで、服を着た上からでも簡単に分かるほどのたくましい上半身になれます。

また、下半身も女性と同様にたくましく引き締まったヒップアップお尻の下半身になれます。

体の後ろ側の筋肉をほぼ全部鍛えられるので、無駄な脂肪がつかないバランスの良い体形になれます。

理由3:アンチエイジングや美容・健康に効果大

123000021315465_Medium

アンチエイジングや美容・健康に効果があり体に良いとされる成長ホルモンは、ちょっときつめの筋トレや、大きな筋肉を動かす筋トレでたくさん分泌されます。

デッドリフトは、まさにその条件に適したきつめの筋トレで、大きな筋肉を動かすエクササイズです。

なお、成長ホルモンとは、言葉通りに体の成長を促すほか、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きがあります。

人は、生きていくために、体内でエネルギーをつくることが必要ですが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を果たす点でとても重要なホルモンです。

デッドリフトを効果的に行う方法

  1. バーベル前に肩より少し広めの足幅で立ちます。
  2. 背中を伸ばしたまま、ひざをバーベルより前に出さず、お尻を後ろに突き出して、ひざを少し曲げ、足幅より広めにしてバーベルを持ちます。
  3. 背中を伸ばしたまま上体を起こしていきます。このとき、胸を広げ肩甲骨を狭め、ひざを伸ばします。
  4. 背中は伸ばしたまま、お尻を突きだしながら、ひざを曲げてバーベルをおろします。

この動作を標準で10回×3セット行います。ただし、自分の体力に応じて回数やセット数を落としても構いません。

デッドリフトを行う上での5つのポイント

000037964074_Medium

  1. 背中を丸めないで伸ばすこと
  2. ひざをバーベルより前に出さないこと
  3. お尻を後ろへ押し出すこと
  4. 目線はまっすぐ前を見つめること
  5. バーベルの上げ下げは、体に沿わせて体から離さないこと

特に、最後のポイントを守って行わないと腰を痛める危険性があります。

軽めの重さのバーベルから始めて、正しい姿勢が身についてから重くしていくようにしましょう。

これ以外にも、スモウデッド(ワイドスタンスデッドリフト)、スティフレッグドデッドリフト、ダンベルデッドリフトなどがあります。

デッドリフトが単なる筋トレだけのエクササイズではなく、驚きの効果が得られる理由についてご紹介しました。バーベルを利用したデッドリフトは、家庭では行うことが困難ですが、その場合はダンベルを使ったデッドリフトから始めると良いでしょう。

筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポ...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
ダイエットの第一歩は毎日体重計に乗ることですが、体重だけでは効果が出ているのかどうか、いまひとつピンときません。そんなときにこの「SHAPESCALE」が...
上腕二頭筋とは、腕の肘を曲げたらできる「力こぶ」と呼ばれる筋肉のことです。男性であれば力強さを端的に象徴できるのが、この盛り上がった「力こぶ」を作る筋肉で...
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
巷には、ダイエットに関する様々な情報があふれています。どれを信じていいのかわからない…なんて人も、少なくないはず。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『...
アメリカ人男性が考案した「腕立てふせ動画」の効果に驚く人が続出!どうやら、トレーニングをやめたくなくなる秘訣があるのだとか。やり方はカンタン。「Viral...
走ろうとしたら雨が降ってきて、「今日くらいいいか」とサボってしまった、ひざが痛くて走るのが怖い…。ジョギングを日課にしたいけど、ちょっとしたことを言い訳に...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
「ひとつ前のバス停で降りて、歩くようにしています」。→確かに効果的かもしれません。「バス停でもベンチには座らず、立って体幹を意識しています」。→確かに効果...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
現役パーソナルトレーナーが、筋力アップやシェイプアップ、健康維持に役立つトレーニング方法を解説する動画サイト「筋トレTV」。今回は、同サイトに掲載されてい...