美しい人の共通点。 それは外見よりも 「根っこ」の美しさ

なにも「努力で美しさを手に入れよう!」と言っているわけではありません。ここで話題にしたいのは、また違った意味の「根性」です。それを磨くことで、本質的な美が手に入る…そんなお話です。

「根性」が持つ
別の意味って?

「根性」には、私たちが普段何気なく使っている意味とは別の意味があります。

それは「根」=素質、「性」=本性。転じて、「人間が生まれ持った性質」を表します。内面の根幹が大きく変わることはありませんが、女性であれば年齢を重ねるにつれて、美への定義も少なからず変わっていくもの。10、20年後に向けて、芯の強さ、エネルギッシュな美しさを培っていくことができるはずです。

地中を見つめ
大きな花を咲かせていく

「根性」を植物の根っこに置き換えてみましょう。細長いものやどっしりとした塊など、根っこの色や形は千差万別です。それは、女性が自分を魅力的に見せようとすることで成長し、どんどん深い根を張っていくのと同じです。根っこにとっての水分や養分とは、女性にとっての経験や意思にほかなりません。自身に活力を与えることが大事なのです。
多くの人が花に注目します。しかし、実際は根の方が重要。地中の深い部分をみつめ、大きな花を咲かせていきましょう。

できないことには
執着しない

では、根性を磨いていくには、どうすればいいのでしょう?

自分の生まれ持った性質をとらえ、内面の美しさを磨いていくためには、細かいことは気にしない、できないことには執着しないのが賢明な選択と言えそうです。

例えば、蝶々は自由に空を舞うことができて、クラゲは水中を浮遊できる。でも、いくら頑張ろうが蝶々は水の中に潜れず、クラゲは地中に出たら死んでしまう。同じ生物であっても、不可能なことは不可能。なぜできないのかについて、明確な理由はなく、生まれつき備わっている性質や能力としか言えないのです。

あなたが年齢には逆らえない体型や肌の変化を感じているなら、できることに目を向けましょう。それが、一人の女性として美を構築していくために有効な手段だからです。

女性の根源にある美しさを
30年間追い続けてきた
ある製品

HD960_600肌における根っことは、表面ではなく目には見えない細胞の一つひとつのこと。そこに着目し、研究をし続けているブランド、それがポーラの「B.A」です。

女性が生まれながらにして持っている肌の力を信じ、エイジングケアの新しい価値を提案。自分の「根性」が何かを理解し、内面の美を作り上げていくように、肌も奥深い部分から磨き込んでいくことで、輝きがさらに増すことでしょう。

btn_pola_151115

Sponsored by ポーラ

無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
不老不死を望む人が果たしてどれだけいるかは分かりませんが、アンチエイジングとなれば話は別でしょう。「若返り」──その核心を求めて、世紀をまたいだ科学者たち...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
私は25年間のCA経験を生かし、後輩たちにエレガントな立ち居振る舞いの指導をしています。エレガントさは一朝一夕で身に付くものではありませんが、意識するだけ...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
気品のある女性には、表面的な美しさだけでなく、内面からにじみ出るような「大人の魅力」がありますよね。そんな女性になるためには、どんな心がけや、努力の積み重...
モスクワといえば、「赤の広場」や「聖ワシリイ大聖堂」などの観光地が有名。でも、それらの景色は知っていても、街の中心部の様子は意外と知られていないのではない...
「永遠の妖精」と言われ世界中で愛されたオードリー・ヘップバーンは、世代を超えた美しさで今もなお多くの人々を惹きつけています。しかし、意外にも当時の彼女は大...
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
「もっとキレイなりたい」というのは、女の子なら誰もが持っている欲望。でも、彼女たちが求めている美しさって、なんでしょう?そんな定義の難しさについて綴ってい...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
日常生活のなかで、なぜか他人の目を惹きつける人がいますよね。そんな人は、周囲から「オーラがある人」と称賛され、慕われます。この「大物感」ともまたちょっと違...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...