英語でもOK!二ヶ国語を話せると、人生はこんなにも楽しくなる

二つの言語を自在に操るバイリンガル。せめて英語くらいは…と努力を重ねる人も多いはず。このバイリンガルになることで、なんと認知症を防いだり、高収入を得られたり、さらには恋愛まで充実する!?にわかに信じがたい内容が「Matador Network」に登場。ライター Matt  Hershberger氏が、そのメリットを研究発表を元に詳しく解説しています。

二ヶ国語、トライするのにいい理由付けになるかもしれませんよ!

01.
ワーキングメモリをフル活用
処理能力を高めることができる

_000042796898_Large

実験児童心理学のジャーナルに掲載された論文によれば、バイリンガルの子どもは、総体的にモノリンガル(単一言語を話す)子どもよりも優れたワーキングメモリを持っていることが照明されました。
ワーキングメモリとは、短時間で情報を保持し、処理する能力のこと。この能力は、主に幼少期に発達します。おとなになってからもワーキングメモリを磨いていくことはできますが、子どもの時期より新しい言語を学ぶことは困難に感じるもの。それでも、新しい言語を学ぶことで、ワーキングメモリを高めることは可能なようです。

02.
アルツハイマーや認知症を
遅らせるという研究結果

ケンタッキー大学医学部の神経科学者Brian Gold教授による研究で、バイリンガルの人は、年齢を重ねても高い認知機能を保っていることが証明されました。バイリンガルであることが、必ずしもアルツハイマーや認知症を防ぐ手段であるとは限りません。それでも、平均するとモノリンガルの同い年の人よりも、発症する年齢が約4年半遅いことが判明。
つまり、脳の機能を保つためクロスワードパズルや数独で脳トレするよりも、違う言語を学ぶ方が脳の働きにとってはいい結果を生む可能性が高いのです。

03.
脳の切り替えが早く
集中力がある

000040615690_Large

ニューヨーク・タイムズ」は、第二言語を学ぶことが、脳内の言語分野を発展させるだけでなく、他の認知能力も改善させることを発見した研究者らの紹介をしています。曰く、バイリンガルの脳は、より創造的に問題を解決することに長け、集中力も高く計画性に優れているんだそう。
さらに、バイリンガルは周囲の環境に注意を払うこともできるといいます。それは、自分の周りで話されている内容を聞いた時、まるで、第二言語を使う時のように、脳内で素早く言語システムを切り替えることができるから。これが研究者の見解です。

04.
他者を理解し受け入れ上手
人間関係の土台ができている

「まるで、言語ごとに2つの人格があるようだ」バイリンガルの人の印象をこう感じる人が多いという報告があります。その理由としては、第二言語を学ぶと「2つの文化価値を受け入れ、瞬時に入れ替える能力がつくから」だという見方があります。そこには大きなメリットが。彼らの能力は、2つの価値システムの間で入れ替わり、他者を理解し共感する能力を高めてくれるからです。

もっと他者に共感することができれば、周囲の人ともコミュニケーションを図ることができ、素晴らしい人間関係を築くことにも役立つはず。

05.
現地の言葉を話せれば
旅の楽しみが倍増!

Portrait of happy traveler girl with raised up hands enjoying va

旅行中は、人とのコミュニケーションを図りながら、異文化を理解していくことが最も重要。現地の言葉を話すことができれば、旅がはるかに充実したものになるのは、言うまでもありませんね。

06.
マルチタスク型で
高収入を得やすい!?

2つの言語を問題なく使いこなせる能力は、あなたの武器となる特別なスキルです。もちろん、キャリアアップにも役立ちます。「Forbes」誌の調査によると、2カ国語話せるビジネスマンほど、マルチタスクをこなすこともでき、従業員としての評価は高く、より多くの収入を得ていることが判明しました。

07.
外国語ペラペラは
やっぱり、モテる!

Forging fabulous friendships

冗談でもないようです。2013年に実施された男女5,000人を対象にした調査では、成人のじつに79%がモノリンガルよりも、バイリンガルに魅力を感じると答えたそうです。
さらに、話す言語が魅力的であればあるほど、セクシー効果が高まるのだとか。ちなみにセクシーだと思う言語の第一位は、やはりフランス語。次いでイタリア語、スペイン語の順でした。また、最近の調査では、韓国語が魅力的だということが判明しています。

Licensed material used with permission by Matt  Hershberger

実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp人生はシンプル。心に従って生きるだけ。vol.2では...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
世界には大小様々な国が存在する。ロシアのような広大な国土を持つ国家がある一方で、極めて小さな国土しか持たない「ミニ国家」も存在する。モナコ公国も、そんなミ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
一人でブツブツ言っている人を街中で見かけると、「なんだか変わった人だな」と思ってしまいますよね。でも、そう思うあなたは、まだ独り言の持つ力に気づいていない...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...