デキる人は知っている!円満な人間関係を築く「10のポイント」

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。

Vol.5では「コントリビューションの言葉」から、人脈づくりについてのトリガー・フレーズをピックアップ。

自分をコントロールし、マネジメントできるようになれば、あなたの人生の質も変わっていく。


01.

人と会うのも勉強であり
いろいろな人とのつながりが
できるであろう未来に
投資することである

triggerphrase

人と会う時間は、浪費ではなく投資。積極的に人脈を広げ、意見交換をしよう。出会いが、アイデアを思いつくきっかけになり、ビジネスチャンスにつながることは少なくない。

02.

誰を知っているかではなく
誰に知られているか

いざというときに頼れる人をキープしている状態を人脈というのではない。目指すべきは、自分が頼るより、むしろ頼られるような関係。そのためには相手のために何ができるかを常に考えておくこと。

03.

「今度」「近いうち」は
永遠にこない

triggerphrase

せっかく縁あって知り合った人とは、「そのうち」ではなく、できるだけ早く親しくなろう。「また今度連絡します」と言って別れてしまうのではなく、知り合った場で次に会う約束をし、スケジュールに入れてしまうのがコツ。人との縁は、タイミングによって大きく左右されるもの。

04.

自己紹介は時間のムダ

「初対面であれば、自己紹介は不可欠」これは果たして真実だろうか?会うことが決まっている相手なら、事前にお互いのプロフィールを知らせ合っておけば、自己紹介は必要なし。会ってすぐにコントリビューションし合うこともできる。そのためにはTwitterやFacebook、、ブログを活用しよう。プロフィールをまとめたカードなど、自分のことを知ってもらうツールを用意しておくといいだろう。

05.

「この人何かおもしろそうだな」
「会ってみたいな」と
思ってもらえるような
プロフィールが必要

triggerphrase

「人脈を作りたい、広げたい」と思うなら、会ったことのない人に関心を持ってもらえるようなプロフィールを持つこと。自分ができること、関心があること、知っていることなどを思い浮かべてみよう。うまくリストアップできない場合は、何が足りないのかを考える。そして魅力的なプロフィールのために自己投資することだ。

06.

人との会話は
「10対90」で聞き役に回れ

求めていない情報をいくらアウトプットしても、単にうっとうしがられるだけ。まずは相手の話をよく聞いて。どういう情報を欲しいと思っているのか、どんなことに関心があるのかをしっかりと把握すること。こちらから話をするのは、それからだ。

07.

人間は楽しいから笑うのではなく
笑うから楽しくなる

triggerphrase

泣くから悲しくなり、笑うから楽しくなる。それなら大いに笑おう。笑える話を意識していれば、自然と楽しいエピソードが集まる。そのエピソードを披露すれば、周りの人も楽しくなる。

08.

人と会うなら
「ホーム」に呼び込め

自分が慣れていない場所は、行くだけで緊張してしまうもの。誰かと会うときはなおさらだ。相手が場所にこだわらないなら、自分がよく知った「ホーム」で会うべきだ。初めて入る店より、味もサービスもよく分かった店を選ぼう。仕事の話をするなら、自分のオフィスに来てもらうのもいいだろう。

09.

二次会には行かない

triggerphrase

不確かな要素が多い2次会には、基本的に参加しないことにしよう。始まる時間、終わる時間、予算、場所。すべてが流動的なので、ダラダラしてしまうからだ。妥協してサービスの悪い店に入り、意義のない時間を過ごす。これはあまりにロスの多いやり方だ。

10.

「ぺらぺらで完璧な英語」は、
もはや世界の主流とはいえない

世界を見渡すと、英語のネイティブスピーカーは少数派。シンガポール風邪の英語スペインなまりの英語。インドアクセントの英語。「少数派の高レベル」を目指すより現実に目を向けて、身構えずに、いろいろな人と話してみよう。

トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉
コンテンツ提供元:本田直之

これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
人間関係において問われるのは、自分の感情をコントロールできるか。そして、相手の感情まで深く理解できるかどうか。極めて難しいことではあるが、いわゆる“デキる...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...