アイスホッケーのリンクに「ぬいぐるみ」が大量に投げ込まれた理由

カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降り注ぎ、試合が中断された。

5c97d1a2498a92ccbe9569910d87c774b1c2d9d5

が、どうやらこれ、毎年の恒例行事なのだとか。

恵まれない子ども達への
"寄付"だった!

その数合計28,815個!この日の来場者数が19,289人だったことを考えると、投げ込んだファンの熱意に驚く。でも一体なぜ?

TODAY News」によれば、この"テディベアトス"は毎年12月に行われている。集まったぬいぐるみは、祝祭日シーズンを迎える恵まれない子ども達のために地元の慈善団体へと寄付される。

2015年12月6日に投げ込まれた数は過去最多を記録、イベントが始まった1995年から合計すれば、すでに30万個を超えているそうだ。

ハッピーな試合中断に
選手もマスコットも大喜び!

F70e1d4ea1dd9cecc6efefa8feee46a533aa3161873b03ba48d18e37907f3716ce256d0ef4e33a73

「カルガリー・ヒットマン」のwebサイトには、ジェイク・ビーン選手のこんなコメントが。

「ホッケーでできることは試合だけじゃない、と改めて感じられるいい機会でした。雰囲気も最高!世界にはまだまだ大きな問題がたくさんありますが、できることはどんどんやっていきたいですね」

回収が終わるまでには37分かかったそうだが、試合は続行。2-1でカルガリー・ヒットマンズが勝利を手にした。

栄誉ある最初のゴールを決めたジョーディ・スタラード選手は「勝つより嬉しい1点だった」とコメント。チームメイトからは"テディ"と呼ばれるようになったそうだ。

Licensed material used with permission by Calgary Hitmen/WHL
Reference:TODAY News
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手...
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
ピリオドや試合終了の直前に放たれたシュートが、残り0秒となった後でネットを揺らす「ブザービーター」。拮抗した試合では、このラストショットが決まるか否かで結...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
牧場にトロンボーンをもって、一人佇む男性。しかしこの4分後、あなたは衝撃の光景を目の当たりにします!衝撃の光景!トロンボーンを吹いて大量の牛を集める男性「...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...