2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】

2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わったのかほんのちょっとだけ思い出させてくれます。

もちろん内容はフランスにフォーカスしたものになっていますが、日本に当てはまることも多く、「そういえば」といったものもチラホラ。当時の自分の生活と重ねてみても楽しいかもしれませんね。

01.
ハンバーガーが高級に!

Medium 3844c68c8b32692352af84aae7f391e4c1c75949

今となっては数万円するバーガーがでた!なんてニュースも珍しくありません。でも、2005年といえばまだまだ認知度は低め。フォアグラなどの高級食材を使用した実験的な商品でさえ千円〜数千円という価格帯でした。

手軽さが売りのファーストフードというイメージからどんどん選択肢は拡がっていき、デートスポットとして人気が集まるオシャレな店もたくさん登場しました。ちなみに、世界には1個約20万円もするメニューも…。

02.
婚活パーティ
→マッチングアプリ

Medium e6070b53423b59330d976065e4ab948b1c5b750b

数分ごとに席替えをして大勢の異性と交流する「婚活パーティ」は、集団お見合いのような気軽さで流行しました。そして、いまはマッチングアプリでさらに気軽に出会える環境に。

男女の出会いを目的にしたサービスは昔からありますが、多くのセレブが「Tinder」を利用しているとニュースでとりあげられたことで一般的になりました。日本で使っている人も案外多いかも?

03.
タクシーはアプリで!

Medium 8691163e5a6caa73941188d7b9ca82d57057373f

もちろん今でも手をあげて呼びますが、アプリをつかったサービス向上は世界中で話題になるほど大きな革新でしたよね。到着時間の確認や支払いがスマホでカンタンにできる上に、自国の言語が利用できることも大きな魅力。

04.
"ヒゲメン"の認知度アップ

Medium 8063a2f6e6b96e5fa5a2d54dc227db4b24f46031

CRADO(汚い)→HYPE(オシャレ)とあるとおり、日本でもヒゲをたくわえた男性の認知度はかなり上がったのではないでしょうか?好みはあれど、男らしさやファッション性の現れとしても"アリ"な風潮に。

05.
「ラテアート」が登場

Medium 50d6895998a4420f49446bdf84a8cdb0a973950a

ミルクの泡だちで描いたキュートな見た目のコーヒーが増えました。SNSで流れてくる立体アートにビックリすることもありますよね。

看板のところが「COFFEE SHOP」になっている点を見ると、アメリカンなコーヒーショップが増えたという意味にもとれるでしょうか。それは考えすぎ?フランスに長年住んでいるみなさん、どうでしょう。

06.
ノートPCからスマホへ

Medium cd7cc1e8776a92a1b4f01dd74bb834ed666927c4

たとえば、iPhone 3Gがソフトバンク社から発売されたのは2008年7月のこと。今、"モバイル"と聞くと当然片手サイズのデバイスが頭に浮かびますが、スマホがまだ一般的でない頃は、まだまだノートPCのほうが先に思い浮かんだ時代でした。懐かしいですよね。

Paris zigzag」にはその他にもいくつかイラストが掲載されています。気になった人は見てみてね。

Licensed material used with permission by Paris zigzag
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
知らず知らずのうちに激変している、私たちの生活スタイル。今や当たり前となったスマホも、10年前の人に見せたら仰天するかもしれません。ここでは、インド系のウ...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
タバコは1箱440円、毎日1箱吸うと仮定しましょう。365日で使う合計金額はいくらになると思いますか?さらに、それが50年続いたら…。面倒な計算はひとまず...
あなたにとって2015年はどんな年でしたか? 仕事、恋愛、家族、社会的な活動や立場において、大なり小なり変化があったと思います。来年をさらに実りのある年に...
周りの人と比較して、「自分は大した人間ではない」とネガティブになる。ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にイラスト付でまとめ...
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
「来年こそは…」年の瀬になると、この言葉とともに今年一年の自分を振り返りながら、自己採点が始まります。年始に立てた目標にどのくらい到達できたでしょう?21...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
「Higher Perspective」で、2015年を予想した星座占いが予想以上に的確だと話題を呼んでいます。記事の中では、各星座ごとに年内にしておくべ...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
犬の気持ちを理解したい。犬と話せるようになりたい!なんて、思ったことありませんか?犬は言葉ではなく、ジェスチャーによって感情を表現していると、イラストレー...
続々新作を更新しているDavid Zandman氏の作品「2 Kinds of People」を改めて紹介します。人々の行動に表れるちょっとしたクセが、2...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
どんなカップルのあいだにも悩みごとは付きものですが、年の差カップルには独自の悩みも出てくるわけで・・・芸能人同士では15歳差、20歳差なんていうカップルは...
ポルトガルのデザイナー、David Zandman氏の作品「2 Kinds of People」は、人々の行動を2種類に分けて表現したもの。それぞれのイラ...