エッフェル塔が緑にライトアップ きっかけは「たった1人のアーティスト」だった・・・

COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロジェクトがありました。

「1 Heart 1 Tree」ーー。エッフェル塔を緑一色に染めあげた、プロジェクションマッピング。そこに投影されたのは、ひとりの女性アーティストの呼びかけに賛同した、多くの人々の、心音に共鳴する“光の木”。

スマホで育てた“光の木”
エッフェル塔に投影

9a7421f023cc054248f2dbbeb630146b_original

アートとリアルを融合させたこのプロジェクト。「1 Heart 1 Tree」は、フランス人アーティスト Naziha Mestaouiさんが、国際会議開催に先駆け「Kickstarter」で資金調達を開始したところから始まります。

プロジェクションマッピングを使って、エッフェル塔に植物を生やす。それだけならば、誰にでも思いつきそうなもの。でも、世界中の多くの人々がMestaouiさんに共感し、賛同した理由は、彼女の奇抜なアイデアにありました。

すでに、目標額を大きく上回る資金調達を達成した、このプロジェクト。彼女から、専用アプリを介して資金提供者たちに配られたのは、上の写真のスマホ画面内に映る“光の種”でした。

自分の心音に合わせて成長

9fee9db55ccd11fad917adf5fc7ef3ed_original

674454294fe6c12e93f33477b82962dc_original

Mestaouiさんから配られた、この“光の種”。アプリを起動すると、受け取った人たちの心音に合わせて徐々に大きく成長していく設計になっていました。そう、プロジェクト名の“1Heart”を担っているのは、自分たちの鼓動そのもの。

こうして成長させたそれぞれの“光の木”を、COP21開催期中の5日間(11月29日〜12月3日)、人々は名前入りで自分の分身をエッフェル塔に投影。鉄塔が緑に染まったのは、こうした経緯があったのです。

ですが、Mestaouiさんのプロジェクトは、ここからが本番。人々の心音に共鳴して大きく育った“光の木”が、ここから“希望の木”として、さらなる成長を見せるのです。

世界5大陸
光の種から“希望の木”へ

59425c1e4a0960ba350d53f83b8bd0e8_original

じつは、“光の種”を育てるのは、バーチャルの世界だけではありません。オーストラリア、ブラジル、セネガル、インド、ペルー、コートジボワール、そしてフランス。5大陸7カ国で“光の種”から1本の苗木が、現実に世界各地で展開されている植林活動と連動して行われる仕組み。ここにMestaouiさんの「1 Heart 1 Tree」の本当の意味があるのです。

たとえば、インド・アッサム地方の砂漠地帯で、人生の35年間を植林に捧げる自然活動家Jadav Payeng氏の元へ。また、先祖代々アマゾンの奥地で、自然とともに暮らしてきた先住民のリーダーBenki Piyako氏の植林活動へと、今後提供されていく予定だそう。

「1 Heart 1 Tree」プロジェクトに参加し、光の種をエッフェル塔に投影した人々の“希望の木”が、世界各地で実際の木として生まれ変わる。素敵なプロジェクトの第二幕が楽しみですね。

スクリーンショット 2015-12-26 18.33.41

点灯式の会場に姿を表したパン・ギムン国連事務総長は、こうコメントを残しています。

「この一人ひとりの“心の木”で緑豊かになったエッフェル塔のように、温暖化対策が根をはり、大きく育てていかなければいけません」

Reference : Kickstarter
Licensed material used with permission by 1 Heart 1 Tree Naziha Mestaoui

何とも不思議な話に聞こえるかもしれない。全ての建造物には「肖像権」がある。しかし、ほとんどの場合、50年以上経過したお城などの古い建物の権利というのは消滅...
一生の記念になりそうなこの企画は、バケーションレンタル業界最大手の「HomeAway」によるもの。フランス政府公認の、UEFA EURO 2016公式ファ...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催され...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
アメリカに暮らすアーティストGeorge  Redhawkさん。彼の画法は、絵が動き続けるgifアニメーションを駆使した「モーフィング」と呼ばれるもの。際...
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...