真面目なのに、仕事ができない人に共通する「2つのコト」

必死で仕事をしているのに、ノルマがすぐにたまって、残業ばかり。定時出社する同僚を尻目に、自分の実力不足を嘆く…。

20代〜30代の若手ビジネスマンによくある傾向です。一体、どうしてなのか? 実際のアンケートをもとに探ってみると、具体的な問題点がくっきりと浮かび上がってきました。

残業が増える原因は、
人それぞれ…なんかじゃない!

160104_cybouse_004

上は営業職に絞ったアンケート結果。一見、仕事が停滞する原因は人それぞれのようにもみえますが、よ〜く観察してください。ここに挙げられた悩みは、2つに大別できます。

①「コミュニケーション」に起因する悩み…問い合わせ対応、クレーム対応、現場の意見が通らない、後輩の育成など

たとえば、ある案件の引き継ぎ前任者との連携が不十分だと、問い合わせやクレーム対応に発展。結果、お客様の信頼を得ることができず、どんどん細かいコミュニケーションが増えてしまうことも。

②「スケジュール管理」に起因する悩み…複数案件をこなせない、移動時間など

こちらは、いくつか同時に案件を抱えた場合、担当者としてスケジュール管理が漏れることで、複数案件をこなせなくなります。

つまり、世の多くのビジネスマンの悩みはコミュニケーション&スケジュール管理に尽きる、と言えそうです。そして、この二大問題、じつはビジネスシーンでは定番中の定番。一般的にも、解決策はある程度体系化されています。

コミュニケーションの問題は
「情報共有」で解決する

コミュニケーションをスムーズにするためには、情報共有が欠かせないというのは、どんなビジネス書にも記されているところ。

アンケートで挙がった悩みにあてはめてみましょう。

クライアントの要望やクレームに対しては、過去事例を社内で共有することで、オペレーティブに対応できます。現場からの意見を吸い上げるのは、いちいちミーティングを設定しなくても常日頃からポジションを超えて問題点を共有できていればOK。育成だって、ハウツー集のようなものがあれば、悩むことなく進められます。

コミュニケーションの問題は、営業職に限らず、どんな職場でもかたちを変えて起こるもの。ですが、紐解いていくと、そのほとんどは「情報共有」さえできていれば解決できるわけです。

スケジュール管理は
「個人の能力に頼らない」が正解

スケジュール管理の問題は、ともすれば個人の能力のせいにされがち。膨大なタスクに追われてバタバタしている姿は、傍目には能力不足と見えてしまうわけです。ただし、それを解決するには個人のスキルアップだけでは不十分です。

こちらもアンケートで挙がった悩みからみてみましょう。

どんなに優秀な人でも、忙しければ“抜け”は必ずあります。複数案件に優先順位をつけて、タスクを整理する仕組みが必要かもしれません。また、移動時間を無駄にしないなど、時間の有効活用を努力で補うのには限界あります。これも答えは簡単。そのためのツールがあれば解決するはずです。シンプルなところでいえば、タブレットの貸与とクラウドの利用だけでも、ちょっとしたスキマ時間の活用が可能になります。

「コミュニケーション」「スケジュール管理」。これら2つの悩みを努力だけで解決するのは難しいでしょう。しかし、ツールを駆使すれば、ラクに解決できます。最近は、ビジネスの効率化をサポートしてくれるツールもたくさん出ていますよね。まずはあなたの課題に何が効くのか、サイボウズの無料診断を試してみてはいかがですか?

Sponsored by サイボウズ


ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
同僚や上司、取引先など、周りにいると迷惑な「仕事ができない人」。よく注目してみてみると、仕事ができない人には精神面や考え方、行動などに共通の特徴があること...
他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気にな...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回は3...
私の経験から言えば、社内でエースと呼べる人材の割合は、50人に1人ほど。全体の約2%だ。そんな、彼らの人生の基準とはなにか?自著『2%のエース思考ーあなた...
坂東眞理子さんの著書『すべては書くことから始まる』では、日本人が日頃から使っている「あいまいな言葉・表現」について、彼女なりの解釈が書かれています。「あい...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
バリバリ仕事ができる女性っていますよね。そういう人は一体まわりの人とどう違うのでしょうか。その特徴を知り、これを備えることを目指せば自分も仕事ができる女性...
世にある大半の仕事は、一人でできるものではありません。とくに近年のビジネスでは、コミュニケーションの重要性がますます高まっています。それと比例するように、...
今の時代は「得られる果実を最大化する意思決定」こそが最良の判断。そのためには、リスクを取ってでもスピーディに決断することが必要です。実は、その判断力は日常...
「相手が年上の人だと固まってしまう」「話が聞かれていると思うと頭が真っ白に!」「しゃべっても相手が無表情だと不安になる」そんな事が重なるうちに、コミュニケ...
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回から...
1日24時間。それは誰にとっても同じことなのに、使い方が上手な人と下手な人がいるのはどうして?ここでは、書籍『なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか(著:...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
人にはそれぞれ相性というものがあることに異を唱える人はいないでしょう。誰にも、一緒にいると楽しいと思える人と、退屈に感じる人というのがいるはずです。楽しい...