2016年8月に「無料の小学校」を開校!ザッカーバーグが教育に本気すぎる・・・

2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかりに、つい目が行きがちですが、彼の“Big Gift”は、学校教育の現場を変えようとしています。

教育現場のネット環境改善
ザッカーバーグ24億円を寄付!

 

Today Priscilla and I are giving $20 million to continue our support of Education Super Highway to help them connect all...

Posted by Mark Zuckerberg on 2015年11月19日

 

まずは、2015年11月のFacebookコメントに遡って、父となったザッカーバーグがいま目指そうとしているプロジェクトに注目していきましょう。

「私と妻プリシラは、『Education Super Highway』への継続支援のため、2,000万ドルの寄付をしました。これは、アメリカ公立学校の教育現場において、高速で信頼できるインターネット環境を整備するための資金です。私をフォローしていくれている皆さんはすでにお分かりの通り、学校教育でのインターネット環境は、個々のスキルアップや、パーソナライズド・ラーニングに大きな可能性を秘めています。今日、ほとんどの公立学校においてインターネット環境は整っているんです。でも、その半数近くが高速ブロードバンド接続がなされていない…。そこに問題があるんです現状、ほとんどの学生たちには、興味ある分野を好きな場所で、好きなようにカスタマイズされた、学習プログラムを用いて勉強できる訳ではありません。それは同時に、教師たちも多くのリソースにアクセスできていないことを示唆しているのです全米中のすべての教室が、高速インターネットにアクセスできなきゃ。オバマ大統領も推奨し、多くの企業が協力してくれるおかげでEducation Super Highwayは、素晴らしい進歩を見せ始めています。近い将来、私たちはすべての世界とつながり、パーソナライズドされた学習プログラムをすべての学生たちに提供することができるはず。私は、そこに焦点をあて続けていきます」

すべての子どもたちに
高速で信頼性の高い
インターネット環境を

Female Elementary Pupil In Computer Class

米国立教育統計センターが実施した調査によると、公立学校の約93%で、教室にインターネット接続する環境が設置されていることが判明。しかし、生徒が個々の学習のためにそれらを使っていると回答したのは約72%に留まっています。

ザッカーバーグは、その原因が「インターネット環境の速度にある」と説き、ネットアクセスをアップグレードする手段として、今回の大規模寄付を決断したようです。
2013年より、継続的に支援を行ってきたのが、非営利団体「Education Super Highway」。幼稚園の年長から始まり、高校を卒業するまでの12年間を一貫教育(K12)で実施する、公立学校へのインターネット環境改善と、デジタル学習の推進に向けて取り組んでいる団体です。

2016年8月開校予定
授業料タダの小学校

068065573_Medium

ザッカーバーグ夫妻は2010年ごろより、教育機関への慈善活動に取り組んできました。彼らが長年、注力を寄せてきたのはデジタル教育ツール開発による、パーソナライズド・ラーニングの普及でした。
教育の多様性を広げ、子どもたちの可能性を広げる…。それには、学校教育の現場で容易にインターネット接続が必要となる。そのための施策のひとつが、Education Super Highwayへの寄付にも表れているのではないでしょうか?

また、「Mashable」の情報によれば、夫妻は地域、医療、学校が連携した低所得者層向けの小学校「The Primaly School」を設立。2016年8月開校に向けて調整中のようです。
世界中をSNSでつなげたザッカーバーグ。彼の関心事はいま、学校教育の現場から、子どもたちを世界へとつなげていくことなのかもしれませんね。

Top Photo by Justin Sullivan/Getty Images News/Getty Images 

Reference:Social Times , Education Super Highway , Mashable

2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
第一子誕生以降、育児休暇中のマーク・ザッカーバーグ。2016年1月25日、彼がFacebookに投稿した一枚の写真が話題を呼び、瞬く間に120万いいね!が...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
なにかと話題が尽きないFacebook社のザッカーバーグCEOですが、今度はお父さんの発言に人々の関心が集まっているようです。通称ドクター・ザッカーバーグ...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
最近知り合った人とSNSで繋がったら、共通の知人がいてビックリ!そんなふうに思ったことはありませんか?とてつもない偶然のようですが、じつは結構な確率で起こ...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
この方法を試しているのは、小学校3年生に算数を教えているAlycia Zimmerman先生。計算を教えるための道具としてレゴを使っているそうです。とても...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...