5万年前の歴史が今も残る「ノーザンテリトリー」が教えてくれたこと。大切そうに見えるもののために、生きるのはやめよう。

オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。

Photo by Akari Hatakeyama

ひとつは、ウルル(エアーズロック)。現在も先住民のアボリジニが儀式を行なう神聖な場所です。平坦な土地に突如あらわれる自然の突起物は、「世界の中心」「地球のへそ」と呼ばれることも。10年ほど前に社会現象となった映画『世界の中心で、愛をさけぶ』を思い出す人もいるのでは?

もうひとつが、36もの巨大な岩石が立ち並ぶカタ・ジュタ。アボリジニの言葉で「たくさんの頭」という意味を持つ聖地。なかでも岩の間をうねりながら、約7kmも続く道のりは「風の谷」と呼ばれ、トレッキングコースとしても人気です。

いずれも、世界のどこにも似た場所はなく、まさにここでしか体験できない光景は、多くの旅人たちを魅了しています。

northan_003

さらに、ノーザンテリトリーには、数々の世界遺産を空から楽しめる遊覧飛行や、クロコダイルのそばを横切るスリル満点のクルージングなど、大自然を満喫できるアクティビティも充実。星空の下で、ウルルやを眺めながらディナーを楽しめるツアー「サウンド・オブ・サイレンス」も人気です。

そんなノーザンテリトリーの魅力について、一人旅で人生が変わったというCrazy Weddingの山川咲と、オーストラリアに約16年間も滞在していたDJ/作家のロバート・ハリス、ふたりのゲストが語りつくすイベントを開催します!

oubobtn_09

Sponsored by Tourism Northern Territory
ノーザンテリトリーが
教えてくれたこと
〜大切そうに見えるもののために
生きるのはやめよう〜

日時:2016年2月1日(月)19:00〜22:00
場所:TRAVEL CAFÉ 飯田橋店(東京都千代田区飯田橋3-5-1)
参加費:3,000円(ソフトドリンク飲み放題+ビュッフェスタイルでの食事付)
定員:70名

プログラム
19:00〜19:20|受付開始
19:20〜20:00|登壇者が語るオーストラリアの魅力
20:00〜20:10|休憩
20:10〜21:00|ノーザンテリトリーが教えてくれたこと
21:00〜21:40|懇親会
21:50      |イベント終了

※当選者の方には1週間以内にご連絡させていただきます。
※当日、写真・映像撮影が入ります。参加者の皆様の映り込む可能性がございますが、ご了承ください。
※貴重品・手荷物は参加者各自の管理になります。
※ご当選者のみご参加いただけます。
※ドレスコードは特にございません。

【ゲスト】

ms.yamakawa
山川 咲
CRAZY WEDDINGブランドマネジャー
前職では、新卒採用責任者として独自性の高いプロジェクトを次々と立ちあげ朝日新聞の人気企業ランキングにおいて第10位の実績を創りだす。2011年に退職後、オーストラリアへの一人旅を経て「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを実現するために起業。業界で不可能と言われ続けた、人生を表現するオリジナルウエディングブランド・CRAZY WEDDINGを立ち上げ、代表を務める。著書『幸せをつくる仕事(講談社)』の出版など世の中に幅広く影響を与えている。
1551732_737445186279088_328965259_n
ロバート・ハリス
DJ/作家
横浜生まれ。高校時代から国内、海外をヒッチハイクで旅する。
上智大学卒業後、東南アジアを放浪。バリ島で1年を過ごしたのちオーストラリアに渡り、1988年まで16年間滞在。
シドニーで書店兼画廊「エグザイルス」を経営する。
また、映画・TVなどの制作スタッフとしても活躍し、帰国後、1992年よりJ‐WAVEのナビゲーターに。
現在、作家としても活躍。『エグザイルス 放浪者たち』(講談社)は若者のバイブルと謳われ、ロングセラーとして読み継がれている。ほかに『ワイルドサイドを歩け』、『人生の100のリスト」(ともに講談社)、『黒くぬれ』(祥伝社)、『アフォリズム』(NORTH VILLAGE) 他多数。

【モデレーター】

TABI LABO CEO
中学卒業後、単身渡米。16歳で高校を卒業後、起業。
911テロを経験し、アメリカ大陸放浪後日本に帰国。
帰国後は外資系金融企業や米軍基地のITプロジェクトにエンジニアとして参画。
19歳でDELL株式会社に入社後、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。
21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25カ国のクリエイティブコミュニティをまわる。復職後、25歳で最年少ビジネスマネージャーに就任。同社退職後、ソーシャルアントレプレナーとして九州宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月22日にTABI LABOをロンチ。TABI LABOは月間900万以上の読者に読まれるメディアに成長。

【会場について】
TRAVEL CAFÉ 飯田橋店

banner_900_300_iidabashi

プレミアムリゾートがテーマのカフェ。
旅とクルーズの映像を大型画面でお楽しみいただけます。
開放感のある店舗はパーティにも人気です。

oubobtn_09

「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
 ヒッピーと聞くと、かなりワイルドで自由奔放なイメージがありますが、どんな存在なんですか?第二次世界大戦後のアメリカは、戦争経験者が作った保守的な社会でし...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
「愛」と聞くと、まずは恋愛のことが思い浮かぶかもしれません。でも、私たちの生活には、恋愛以外にもたくさんの「愛」があふれています。家族や友だちへの愛、仕事...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
女性ライターSilvia Mordini氏が、今すぐやめるべき「15の習慣」をまとめています。この記事によると、日々の行動を改善するには「やるべき」よりも...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...
夏休みもシルバーウィークも終わり、いよいよ年末に向けて「今年立てた目標、ちゃんと達成できているかな?」と振り返る時期かもしれません。なかには「全然できてな...
「飛び込み100件!」と命令すれば、(パワハラかよ)と部下は腹の中で毒づく。では、どうすればいいか。「キミたちなら、飛び込み営業は何件までできるだろうか...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
家族や恋人、友人など、周りの人に対する愛の形はそれぞれです。でもすべてに共通する大切なことは「相手を思いやる」ということ。ここでは、世界のさまざまな「想い...
「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
「Elite Daily」の女性ライターAmandaさんは、うまくいきそうな男性がいても、後戻りできないくらい好きになってしまうのが怖くて、逃げてしまうと...