40年前の写真が、ボクに教えてくれたこと。

ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった父の姿と、見たことのない風景が、100枚ほど閉じ込められていた。

Medium 0a3d4cc8a77d67556730ff6d87db9d28ab2b60ca

40年前に父が見た景色

父は40年前「何を見て、何に惹かれ、何にシャッターを切ったのか?」

話だけでは伝わりきらない当時の様子が、写真を見ながら会話をすることで鮮明にイメージできた。色褪せた写真は、時間の流れを可視化しているようで、とても趣がある。

Medium be872ef6d8d05d1cbd991791f332ff65c569fc1a

父はおもしろくて、よくしゃべる典型的な大阪のおっちゃんだ。自転車で日本一周もしていたらしく、とても行動力がある。

小さい頃にもっと色々と話を聞いていたら、間違いなく同じように海外に行っていたかもしれない。

ボクの「一人でふらっと出掛けていく性格」は、きっと父に似たのだろう。

Medium daae60db7a5d437a3cb011b111b8ca2f97ad010f

ボクは、写真を撮るようになってからもうすぐ6年が経つ。大阪のストリートフォトやポートレートを中心に撮っていて、最近では海外からも連絡がくるようになり、大阪の街を案内しながら撮影をすることもある。

40年前のアルバムを見ると、父も街を歩きながら気になった風景を思い思いに撮っていたことがわかった。風景だけではなく、人が写っていたりストーリーを感じさせる写真であることも、自分と似ているような気がした。興味を持つところが自然と似ていたのだろう。

写真に写っている若い頃の父の姿がボクに似ていて、同じ道を歩んでいるような気持ちになり、なんだか嬉しくなった。

Medium ab099f398fefb18052a7006bfd46878932381ef6Medium f7d3a68f84ea7d6ed121e17c4ebd56571324ea23Medium 2dd480ccaa10c4051c5c61239256c71f3a5b85f5Medium a9d2e55e3788892ca42ad62430513f1e7564dbf0Medium 7e824233caf7a4619fb17cb31c90ec6de168c556Medium 19952b7affef8ae669ac05a63f86d16256707c28Medium 8fbad8d8c88e1e3a8283b1ba1ddcf62ba25350be

今、この街はどうなっているのだろうか。

建物はすべて高層ビルに建て替わっているのか。それとも、このままの街並みが残されているのか。この写真を見たときは、同じ場所で、同じ構図で撮ってみたい衝動に駆られた。

Medium 5afee22b176f13f0207879f96b117e344628205cMedium f05e363c9ba7966f55879016e832edcc6990c51c

サンフランシスコにて。

父:「シスコは坂が多いんやけど、ここはS字カーブに花壇があって綺麗な街やった。たまたま日本車を発見して撮ったんやけど、日本人として誇れる瞬間やったね」 

Medium 78db9d82578f95acd5dc4bc83e3e69e86ef6260aMedium 2ff670c2c48d475e95e299a0f4c354f8ddb0bc9bMedium f7949885c61507b25f75aa2ceace24c5d3471d12

グランドキャニオンにて。

父:「えっ、この女の子だれかって?そんなん知らんわ。そこにたまたま居たから一緒に撮ってもらってん。ひとりで撮っても淋しいやろ」 

Medium f63ec9863a4296f9c7df03709cc52ef5e3f5ea7f

ロスへ移動中のバスにて。

父:「この写真の右下に写ってんの靴やねん。アメリカ人が靴のままベッドに乗ったり、座席の背もたれに足乗っけてるのを見て、カッコイイと勘違いして真似してん。いま思うと、行儀悪いな(笑)」 

Medium af162d487923a6cd87faca181fc9718e5695a6ec

アルバムのページをめくり終えたときに思ったのは、父が退職したら、一緒にこの街を訪れたい、ということ。

父が撮った写真は、当時帰国したときの友だちとの話に花を添え、その40年後には息子と思い出を振り返ることができた。改めて、写真の力は、すごい。

家族みんなで写真を見れたら
とても幸せだろう

プリントやアルバムは、写真を1枚1枚じっくりと見ることができる。さらに、視覚だけでなく、写真やアルバムがこすれたときに出る音、匂いからも、情報として伝わってくる。

スマホで簡単に写真を撮ったり見たりできる時代だからこそ、プリントされた写真をじっくり見て欲しい、とも思う。きっと、今まで気づかなかった写真の魅力が発見できるのではないだろうか。

将来、子どもや孫とアルバムを回し見しながら、ボクたちが過ごした日常風景を共有できたら、とても幸せなことだと思う。もちろん、アルバムの保管はボクの実家のように押入れの奥ではなく、きちんと本棚に保管しておいて欲しいけど。

Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?木造建...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
ゼネラル・ミルズ社のマネージングディレクターや、ベストセラー著者でもあるMainak Dharさん。その彼が20年前の自分に伝えておきたいこととは?キャリ...
オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。 Photo by A...
人間、40年も生きれば子供の頃とは全く違う存在になっているもの。なかには自分でも認めたくない恥ずかしい事実だってあります。ここで紹介するのは「WorldL...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...